Rchr
J-GLOBAL ID:201601000715345688   Update date: Jun. 27, 2024

Yano Ryo

ヤノ リョウ | Yano Ryo
Affiliation and department:
Research field  (1): Social welfare
Research keywords  (13): 生存保障システムの国際比較 ,  福祉社会学 ,  公共政策 ,  限界集落 ,  社会的なもの ,  歴史社会学 ,  臨床社会学 ,  社会福祉政策 ,  行旅死亡人 ,  Social Work ,  地域社会学 ,  貧困 ,  福祉政治
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2021 - 2024 限界集落の福祉政策に関する基盤的研究
  • 2018 - 2022 Bio-politics in inclusion/exclusion of minorities : Historical sociology on Buraku improvement and reconciliation policy
  • 2021 - 限界集落における福祉政策の実効性に関する研究--長野県A村を中心に
  • 2017 - 2018 福祉国家形成とマイノリティ間関係における社会的排除と包摂のメカニズムに関する研究
  • 2009 - 2011 被差別部落における政策的展開と当事者運動をめぐる錯綜に関する歴史社会学的研究
Papers (13):
  • 過疎地域における福祉政策の実効性に関する予備的考察--ローカルな生存保障システムとしての集落. 世界人権問題研究センター研究紀要. 2023. (28). 1-17
  • 矢野亮. 長野県における〈社会的なもの〉としての社会課設置をめぐって. 『中央大学社会科学年報』. 2022. 60-81
  • Livelihood Security System in Japan ; Focusing on Policies and History on Buraku. The Bulletin of Kyoto Human Right Research Institute. 2020. No.25. 111-145
  • 矢野 亮. 部落の不可視化と政策過程--デニズン化とシティズンシップ. 『福祉社会学研究』. 2019. (16). 33-53
  • A Welfare Sociological Study of the Formation Process of the Post-War Japanese Model of Life Security: A Case Study of the Sumiyoshi Area of Osaka. 2018. 23. 17-45
more...
MISC (5):
  • 調査結果のポイント. 社会福祉法人長野県社会福祉協議会『福祉に関する県民意識調査報告書 令和5(2023)年調査』. 2024. 5-13
  • 鈴木忠義, 矢野亮. 最低生計費試算調査結果 報告書. 2024
  • 公立大学法人長野大学矢野亮研究室. 2023 聞き取り調査報告書. 2023
  • 2022 南信州における世代別生活充足度調査報告書. 2023
  • 矢野亮. 貧困は相対的であり,なおかつ絶対的なものでもある. 『最低生計費試算プロジェクト -長野大学大学院コースプロジェクト 2021 年度報告書-』 長野大学大学院 総合福祉学研究科 社会福祉学専攻. 2022
Books (1):
  • しかし、誰が、どのように、分配してきたのか-同和政策・地域有力者・都市大阪
    洛北出版 2016
Lectures and oral presentations  (18):
  • 過疎地域の生存保障システムとその変容 --長野県における「世代別生活充足度調査」結果を中心に
    (第21回 福祉社会学会大会 同志社大学今出川キャンパス至誠館 2023)
  • 「福祉政策入門」
    (長野大学 模擬授業 2023)
  • 「社会福祉学の世界」
    (伊那弥生ケ丘高等学校訪問講義)
  • 生活を科学する視点
    (長野県野沢南高等学校訪問講義)
  • 限界集落の社会福祉政策
    (日本社会学会大会 2019)
more...
Works (20):
  • 一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟(編)『社会福祉士国家試験過去問解説集 2025』中央法規
    2024 -
  • 一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟(編)『社会福祉士国家試験過去問解説集 2024』中央法規
    2023 -
  • 矢野亮研究室編『専門ゼミナール報告集 2022 Theme 過疎地域・中山間地域・高齢者・移動支援・ひとり親家庭の貧困・若者支援』長野大学
    2023 -
  • 一般社団法人日本ソーシャルワーク教育学校連盟(編)『社会福祉士国家試験過去問解説集 2023』中央法規
    2022 -
  • 矢野亮研究室編『専門ゼミナール報告集 2021 Theme 貧困・所得政策 小規模・高齢化集落 降雪問題 社会参加・孤立・孤独死 障害者の地域生活 社会福祉調査』長野大学
    2022 -
more...
Education (1):
  • 2008 - 2015 Ritsumeikan University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (立命館大学)
  • 修士(総合政策) (関西学院大学)
Work history (14):
  • 2022/04 - 現在 長野大学 社会福祉学部 教授
  • 2020/04 - 現在 Chuo University The Institute of Social Sciences
  • 2017/04 - 現在 (公財)世界人権問題研究センター 嘱託・登録研究員(無所属)
  • 2019/04 - 2023/03 Nihon Fukushi University Faculty of Healthcare Management
  • 2019/04 - 2021/10 長野大学 附属地域共生福祉研究所 研究所員/運営委員
Show all
Committee career (9):
  • 2024/06 - 現在 長野県東御市 地域福祉計画策定委員会
  • 2023/04 - 現在 長野大学附属地域共生福祉研究所 研究員
  • 2022/08 - 現在 長野県苦情解決合議体 委員
  • 2022/08 - 現在 長野県運営監視合議体 委員長
  • 2022/08 - 現在 長野県福祉サービス運営適正化委員会 委員長
Show all
Awards (5):
  • 2023/11 - 日本公共政策学会 公共政策フォーラム 2023 in 信州上田実行委員会賞
  • 2016/12 - 立命館大学生存学研究センター 生存学奨励賞 『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか--同和政策・地域有力者・都市大阪』
  • 2016/01 - 立命館大学大学院 2015年度後期研究推進施策・先端総合学術研究科出版助成採択
  • 2009/04 - 立命館大学 立命館大学院博士課程後期課程研究奨励奨学金S
  • 2009/04 - 日本学術振興会 2009-2010年度 日本学術振興会特別研究員研究奨励費
Association Membership(s) (9):
日本保健医療社会学会 ,  福祉社会学会 ,  SOCIETY FOR THE STUDY OF POVERTY ,  日本地域福祉学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本社会学会 ,  社会政策学会 ,  地域社会学会 ,  対人援助学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page