Rchr
J-GLOBAL ID:201601001830394397   Update date: Oct. 07, 2019

SETOGUCHI Yuki

セトグチ ユウキ | SETOGUCHI Yuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Civil law
Papers (6):
  • SETOGUCHI YUKI. 共同担保概念の民法上の意義--フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論を通じた考察(六・完). 法学協会雑誌. 2018. 135. 11. 2551-2615
  • SETOGUCHI YUKI. 共同担保概念の民法上の意義--フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論を通じた考察(五). 法学協会雑誌. 2018. 135. 9. 2097-2165
  • SETOGUCHI YUKI. 共同担保概念の民法上の意義--フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論を通じた考察(四). 法学協会雑誌. 2018. 135. 7. 1599-1684
  • SETOGUCHI YUKI. 共同担保概念の民法上の意義--フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論を通じた考察(三). 法学協会雑誌. 2018. 135. 5. 1030-1106
  • SETOGUCHI Yuki. 共同担保概念の民法上の意義--フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論を通じた考察(二). 法学協会雑誌. 2018. 135. 3. 403-478
more...
MISC (5):
  • SETOGUCHI YUKI. 債権者代位権制度のフランスにおける位置づけ. 神戸法学雑誌. 2019. 68. 4. 273-292
  • SETOGUCHI Yuki. 預金口座の取引経過についての金融機関の開示義務. 民法判例百選II債権[第8版]. 2018. 150-151
  • SETOGUCHI Yuki. 商法典上の在庫商品質に関する法改正--在庫商品質に関する2016年1月29日のオルドナンス第56号. 日仏法学. 2017. 29. 222-226
  • SETOGUCHI YUKI. 債務整理に係る法律事務を受任した弁護士が、特定の債権者の債権につき消滅時効の完成を待つ方針を採る場合において、右方針に伴う不利益等や他の選択肢を説明すべき委任契約上の義務を負うとされた事例. 法学協会雑誌. 2015. 132. 3. 523-542
  • SETOGUCHI YUKI. 一 受働債権に弁済期の定めがある場合における相殺適状の成立につき、受働債権の弁済期が現実に到来していることの要否 二 民法五〇八条の適用につき、消滅時効が援用された自働債権がその消滅時効期間経過以前に受働債権と相殺適状にあったことの要否. 法学協会雑誌. 2014. 131. 10. 2153-2172
Lectures and oral presentations  (2):
  • 共同担保概念に見られる人的信用の仕組み -フランスにおける資産(patrimoine)概念をめぐる議論からの考察-
    (民法懇話会 2016)
  • La notion de consommateur, de professionnel et de non-professionnel
    (Droit commun des contrats et droit économique : influences réciproques en droit français et en droit japonais 2019)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page