Rchr
J-GLOBAL ID:201601004097268966   Update date: Jul. 11, 2021

UDAGAWA Aya

UDAGAWA Aya
Affiliation and department:
Research field  (2): Religious studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (4): Memory ,  Text ,  Jewish Studies ,  Anthropology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2021 - 2025 総合的な聖書の「語り直し」学-古代から現代のユダヤ文学における発展とその学際性
  • 2018 - 2022 ディアスポラの記憶と想起の媒体に関する文化人類学的研究
  • 2018 - 2021 アーカイブと共同体の文化人類学的研究-イスラエル・ホロコースト博物館を中心に
  • 2017 - 2020 アルゼンチンとイスラエルを中心とした「ユダヤ人類学」の展開
  • 2016 - 2020 <ジェンダーに基づく暴力>の文化人類学的研究
Show all
Papers (6):
  • Raanan Rein, Aya Udagawa. “ Los muchachos peronistas japoneses: el movimiento justicialista y los nikkei”. La Carrera de Sociología. 2019. 9. 9. 96-123
  • Udagawa Aya. "Order" and Story:Passover Seder of Secular Jews in Argentina. Japanese Journal of Cultural Anthropology. 2019. 84. 3. 262-280
  • Aya UDAGAWA. Sites and Transmission of Memories: The Recollection of Argentine Secular Jews through Family Homes and Stories. Contact zone. 2018. 10. 2018. 276-304
  • Aya UDAGAWA. Life and Quest among Secular Jews in Argentina. University of Tokyo. 2018
  • Aya Udagawa. “Spiritual Search Without Belonging: A Case Study of a Jewish Group in Buenos Aires, Argentina.”. 2014. 14. 79-89
more...
MISC (15):
  • 宇田川彩. モロッコ--香辛料の香り漂うユダヤ人地区(世界ユダヤ紀行第3回). せかいしそう. 2021
  • 東京タワーのハヌカ(世界ユダヤ紀行第2回). せかいしそう. 2021
  • 「ユダヤ巡り」からフィールドワークへ(世界ユダヤ紀行第1回). せかいしそう. 2020
  • 宇田川彩. 地球の裏側で生きるユダヤ人の現在 宇田川彩『それでもなおユダヤ人であること』. じんぶん堂. 2020
  • 宇田川彩. フロンティア「イスラエル・嘆きの壁で祈る女性たち」. FIELDPLUS. 2020. 24. 24-26
more...
Books (4):
  • 世界の食文化百科事典
    丸善出版 2021 ISBN:9784621305935
  • それでもなおユダヤ人であること : ブエノスアイレスに生きる「記憶の民」
    世界思想社 2020 ISBN:9784790717447
  • Migrants, Refugees, and Asylum Seekers: Re-Thinking Migration to Latin America
    Brill 2020
  • アルゼンチンのユダヤ人--食から見た暮らしと文化 (ブックレット《アジアを学ぼう》別巻)
    風響社 2015 ISBN:4894897849
Lectures and oral presentations  (21):
  • 「アレッポ人」と「ダマスカス人」のアルゼンチン: 中東からラテンアメリカへ渡ったユダヤ人の遺産
    (東京大学中東地域研究センター中東セミナー第3回 2021)
  • ユダヤ・ディアスポラ論再考
    (日本文化人類学会第55回研究大会 2021)
  • 「ナショナルな記憶を解きほぐす--『ホロコーストと再生』のモニュメントを中心に
    (ディアスポラの記憶と想起の媒体」(科研費基盤研究B)研究会、東洋大学 2019)
  • Los muchachos peronistas japoneses: The Peronist Movement and the Nikkeis
    (International Workshop Migrants, Refugees and Asylum Seekers: Re -thinking Migration to Latin America and the New Ethnic Studies 2019)
  • Archiving Holocaust Materials: An Anthropological Perspective on Memory and Archive
    ('European Association for Jewish Studies 2018)
more...
Education (6):
  • 2018 - 2020 イスラエル国立テルアビブ大学
  • 2010 - 2016 東京大学大学院 超域文化科学専攻文化人類学コース
  • 2011 - 2013 アルゼンチン国立ブエノスアイレス大学
  • 2008 - 2010 東京大学大学院 超域文化科学専攻文化人類学コース
  • 2006 - 2008 教養学部
Show all
Work history (5):
  • 2021/04 - 現在 Graduate School of Arts and Sciences The University of Tokyo Centre for Middle Eastern Studies (UTCMES) Project Assistant Professor
  • 2020/04 - 2021/03 東京大学総合文化研究科 学術研究員
  • 2020/04 - 2021/03 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2017/04 - 2020/03 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2013/04 - 2015/03 Japan Society for the Promotion of Science
Awards (2):
  • 2020/02 - 松下幸之助記念志財団 松下正治記念学術賞 『それでもなおユダヤ人であること--ブエノスアイレスに生きる〈記憶の民〉』
  • 2009/03 - 東京大学教養学部 一高記念賞 『聖者廟という〈場所〉--ユダヤ・モロッコ・イスラエル』
Association Membership(s) (5):
Latin American Jewish Studies Association ,  European Jewish Studies Association ,  JAPAN ASSOCIATION FOR LATIN AMERICAN STUDIES ,  The Japan Society for Jewish Studies ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page