Rchr
J-GLOBAL ID:201601004645201174   Update date: Dec. 23, 2019

Keisuke ISHIKAWA

イシカワ ケイスケ | Keisuke ISHIKAWA
Affiliation and department:
Job title: Researcher
Research field  (1): Animal physiology/Animal behavior
Papers (13):
more...
MISC (10):
  • 石川 圭介. The relationship between wild boar damage to paddy and inappropriate crop protection. JATAFFジャーナル = JATAFF journal : 農林水産技術. 2019. 7. 10. 35-39
  • 江口祐輔, 上田弘則, 堂山宗一郎, 石川圭介. 侵入防止柵の接地部を直管パイプで補強することで,イノシシのくぐり抜けを防止できる. 農村工学研究部門成果情報. 2017. 2016. 35-36
  • 堂山宗一郎, 江口祐輔, 上田弘則, 石川圭介. ニホンジカ(ホンシュウジカ)は超音波を聞くことができるが,忌避することはない. 農村工学研究部門成果情報. 2017. 2016. 43-44
  • 竹内正彦, 塚田英晴, 石川圭介, 喜田環樹, 清水矩宏, 福江佑子, 南正人, 中村義男, 花房泰子, 深澤充, 須山哲夫. 高張力鋼線電気柵はシカの牧草食害を長期に防ぎ,経済性も良い. 農村工学研究部門成果情報. 2017. 2016. 39-40
  • 大場孝裕, 大橋正孝, 片井祐介, 石川圭介. 森林整備地におけるシカの行動追跡. 静岡県経済産業部農林水産関係試験研究成果情報. 2017. 2016. 72-73
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • イヌはイノシシへの嫌悪刺激となり得るか 対面時のイヌの行動
    (日本家畜管理学会誌 2001)
  • ヒトの顔画像を用いたイヌの弁別学習
    (日本畜産学会大会講演要旨 2003)
  • 害獣追い払い犬の訓練コストと適性個体選抜テストの可能性
    (日本動物行動学会大会発表要旨集 2006)
  • サルの集落出没に対する害獣対策犬の導入による影響(速報)
    (日本動物行動学会大会発表要旨集 2007)
  • イヌの訓練における講習会方式と預託方式の効率-害獣対策犬育成における2つの訓練方式の有用性
    (日本動物行動学会大会発表要旨集 2008)
more...
Professional career (1):
  • Ph.D. (Azabu Univ.)
Association Membership(s) (4):
JAPAN ETHOLOGICAL SOCIETY ,  ASSOCIATION OF WILDLIFE AND HUMAN SOCIETY ,  THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN ,  JAPANESE SOCIETY FOR APPLIED ANIMAL BEHAVIOUR
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page