Rchr
J-GLOBAL ID:201601004976964453   Update date: Sep. 17, 2021

Otsuka-Ideta Maky

オオツカ マキ | Otsuka-Ideta Maky
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Molecular biology
Research keywords  (4): 毒性 ,  エピジェネ毒性 ,  分子生物 ,  エピジェネティクス
Papers (17):
more...
MISC (5):
  • 酒井 和哉, 大塚 まき, 斉藤 洋克, 平舘 裕希, 原 健士朗, 五十嵐 勝秀, 種村 健太郎. 精子エピゲノムを用いた早期精巣毒性バイオマーカーの探索. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j59-j59
  • 種村健太郎, 五十嵐勝秀, 古川佑介, 大塚まき, 白形芳樹, 相崎健一, 北嶋聡, 佐藤英明, 菅野純. 発生~発達期マウスへの低用量ビスフェノールA暴露による遅発中枢影響解析. J Toxicol Sci. 2013. 38. Supplement. S259
  • 五十嵐 勝秀, 種村 健太郎, 古川 佑介, 大塚 まき, 森山 紀子, 相崎 健一, 北嶋 聡, 菅野 純. 脳発達期におけるGABAシグナルの一過性活性化による遅発中枢神経系影響の解析. The Journal of Toxicological Sciences. 2013. 38. Suppl. S331-S331
  • TANEMURA Kentaro, IGARASHI Katsuhide, FURUKAWA Yusuke, OTSUKA Maki, SHIRAKATA Yoshiki, AISAKI Ken-ichi, KITAJIMA Satoshi, SATO Eimei, KANNO Jun. Late effects on central nerve system of male mice induced by low dose bisphenol A exposure at developmental phase. Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology. 2013. 40. 0. S259-S259
  • 種村 健太郎, 古川 佑介, 大塚 まき, 五十嵐 勝秀, 相崎 健一, 北嶋 聡, 佐藤 英明, 菅野 純. 子どもの毒性学 発生-発達期の神経シグナルかく乱による遅発中枢影響解析 幼若期マウスへのイボテン酸投与による成熟期の脳高次機能障害について. The Journal of Toxicological Sciences. 2012. 37. Suppl.1. S47-S47
Education (2):
  • 2021 - 東北大学大学院 農学研究科 博士課程後期 博士(農学)取得
  • 2002 - 東京農業大学大学院 農学研究科 国際農業開発学専攻 修士課程 修了
Professional career (1):
  • Ph.D. (Tohoku University)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page