Rchr
J-GLOBAL ID:201601005795726336   Update date: May. 20, 2021

Takagi Soichiro

Takagi Soichiro
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): https://soichirotakagi.wordpress.com/
Research field  (6): Library/information science, humanistic/social informatics ,  Business administration ,  Economic policy ,  Economic policy ,  Economic policy ,  Economic policy
Research keywords  (18): Deframing ,  Digital Transformation ,  Platform ,  Smart City ,  ビジネスモデル ,  技術経営 ,  組織論 ,  IT and Organizations ,  情報サービスの国際分業 ,  イノベーション・エコシステム ,  ビットコイン ,  ブロックチェーン ,  イノベーション ,  社会情報学 ,  情報経済論 ,  Macroeconomics ,  International Economics ,  Information Economics
Papers (12):
  • Watanabe Ichiro, Takagi Soichiro. Technological Trajectory Analysis of Patent Citation Networks: Examining the Technological Evolution of Computer Graphic Processing Systems. The Review of Socionetwork Strategies. 2021. 15. 1. 1-25
  • Soichiro Takagi. Literature survey on the economic impact of digital platforms. The International Journal of Economic Policy Studies. 2020
  • Soichiro Takagi. Does Blockchain “Decentralize” Everything?. Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledgers. 2019
  • Soichiro Takagi. Organizational Impact of Blockchain through Decentralized Autonomous Organizations. The International Journal of Economic Policy Studies. 2017. 12. 22-41
  • Takagi\, Soichiro, Tanaka\, Hideyuki. Globalization of Information Services and the Industrial Structure of the Japanese Economy. The Review of Socionetwork Strategies. 2014. 8. 1. 19-33
more...
MISC (75):
  • 高木 聡一郎. コロナで加速する個人化をどうとらえるか デフレーミングの新展開. 日経COMEMO. 2021
  • 高木 聡一郎. 中国のC2Mで加速するデフレーミング プラットフォームが仲介する個別最適化. 日経COMEMO. 2021
  • 高木 聡一郎. これからのビジネス戦略に必須な『分解と組み替え』が加速している〜デフレーミングの最新展開〜. 日経COMEMO. 2021
  • 高木 聡一郎. アフターコロナの都市のあり方を示す『インターネット・オブ・プレイス』とは何か. 日経COMEMO. 2021
  • 高木 聡一郎. ブロックチェーンを利用する際に検討すべき3つの論点. 日経COMEMO. 2020
more...
Books (15):
  • Blockchain Economics: Implications of Distributed Ledgers
    World Scientific 2019
  • デフレーミング戦略 : アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則
    翔泳社 2019 ISBN:9784798162782
  • イノベーションの研究 生産性向上の本質とは何か
    金融財政事情研究会 2018
  • 智場#121 ブロックチェーンのフロンティア
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 2017 ISBN:4904305159
  • ブロックチェーン・エコノミクス 分散と自動化による新しい経済のかたち
    翔泳社 2017 ISBN:4798153036
more...
Lectures and oral presentations  (129):
  • デフレーミング概念からの示唆
    (基調講演『不確実性の高い時代のビジネス共創とDX』KDDI SOLUTION DAY 2021 2021)
  • デフレーミングで読み解くDXの本質と産業構造への影響
    (ふくしまICT利活用推進協議会 DX研修会 2021)
  • デフレーミング概念から見るDXの本質と今後の展望
    (SHINAGAWAイノベーションフォーラム2021 in 五反田バレー ニューノーマル時代におけるDX戦略の新潮流 2021)
  • デフレーミング化する組織
    (BlockchainMeetupinOSAKAvol.4, 「個人の時代」の都市と組織 2020)
  • コーディネーター&講演「概説・イントロダクション」
    (情報処理学会連続セミナー2020「ブロックチェーンの社会実装とそのインパクト」 2020)
more...
Professional career (1):
  • Ph.D. (The University of Tokyo)
Committee career (17):
  • 2019 - 現在 一般社団法人 科学技術と経済の会 技術経営会議「デジタル変革による新サービス創造委員会」アドバイザー
  • 2019 - 現在 一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会 「DX推進リーダー育成検討プログラム」検討委員会委員
  • 2017 - 現在 公益財団法人 日本国際問題研究所 「反グローバリズム再考:国際経済秩序を揺るがす危機要因の研究」サブ・プロジェクトI:世界経済研究会 委員
  • 2016 - 現在 ISO TC307(Blockchain and electronic distributed ledger technology)国内審議委員会委員
  • 2019 - 2019 総務省(三菱総合研究所) 行政手続等の効率化に係る検討会委員 2019
Show all
Awards (7):
  • 2019/03 - KDDI Foundatio KDDI Foundation Award
  • 2015/09 - 社会情報学会 2015年度 大学院学位論文賞(博士論文・論文賞)
  • 2015/09 - 社会情報学会 2015年度 新進研究賞
  • 2012/09 - 社会情報学会 平成24年度 大学院学位論文賞(修士論文・論文奨励賞)
  • 2012/03 - 東京大学大学院学際情報学府 2011年度 東京大学大学院学際情報学府 専攻長賞(修士論文)
Show all
Association Membership(s) (4):
情報通信学会 ,  THE JAPAN ASSOCIATION FOR SOCIAL AND ECONOMIC SYSTEMS STUDIES ,  THE SOCIETY OF SOCIO-INFORMATICS ,  日本経済政策学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page