Rchr
J-GLOBAL ID:201601005925641230   Update date: Apr. 05, 2021

HIRAOKA Hiroshi

ヒラオカ ヒロシ | HIRAOKA Hiroshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (5): フランス現象学 ,  レヴィナス ,  フランス哲学 ,  現象学 ,  哲学史
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 20世紀フランス哲学を背景とする後期レヴィナスの自己論に関する分析的研究
  • 2019 - 2022 レヴィナス哲学の総合的再検討と国際的研究基盤の構築
  • 2018 - 2022 Studies on the Formation and Development of Modern Japanese Philosophy based on Archiving Project of the "Tetsugaku-zasshi"
  • 2018 - 2020 フランス現象学を背景とした後期レヴィナスの人間観の歴史的・体系的研究
  • 2016 - 2019 フランス哲学を背景とした後期レヴィナスの「私」をめぐる思索の研究
Show all
Papers (12):
  • Hiroshi HIRAOKA. « « Le langage conditionne la pensée » : Le son et le signe chez Levinas ». Tetsugaku: International Journal of the Philosophical Association of Japan. 2020. 4. 208-223
  • 平岡紘. 〈自己への現前〉から〈自己のもとでの現前〉へ--レヴィナスにおける自己性の問いをめぐって--. レヴィナス研究. 2019. 1. 54-64
  • 平岡紘. 引き裂かれた現在--レヴィナスのフッサール『内的時間意識』の解釈をめぐって--. 現象学年報. 2018. 34. 161-168
  • Hiroshi HIRAOKA. [Thèse] Phénoménologie et métaphysique. Lecture de "Totalité et infini" d’Emmanuel Levinas. Université Paris-Sorbonne. 2017
  • 平岡紘. 意識と直観--レヴィナス『直観理論』のフッサール解釈をめぐって. フランス哲学・思想研究. 2016. 21. 206-217
more...
MISC (2):
  • 平岡紘. (書評)小手川正二郎著『甦るレヴィナス--『全体性と無限』読解』. フランス哲学・思想研究. 2016. 21. 269-273
  • グレゴリー・ジャン著, 平岡紘訳. (翻訳)グレゴリー・ジャン「ミシェル・アンリにおける情感性と過去性の形而上学」. 哲学雑誌. 2012. 127. 799. 162-189
Books (3):
  • 池田喬・合田真人・志野好伸共編『異境の現象学 〈現象学の異境的展開〉の軌跡2015-2017』
    明治大学〈現象学の異境的展開〉プロジェクト 2018
  • 松永澄夫編著『言葉の歓び・哀しみ』
    東信堂 2011
  • 熊野純彦編著『日本哲学小史』
    中公新書 2009
Lectures and oral presentations  (12):
  • Le son et le signe : une réflexion sur la pensée raisonnable chez Levinas
    (2019)
  • 「具体的なもの」とは何か? --レヴィナスのフッサール解釈をめぐって--
    (レヴィナス研究会(関東)例会 2018)
  • 引き裂かれた現在--レヴィナスのフッサール『内的時間意識』の解釈をめぐって--
    (日本現象学会第39回研究大会 2017)
  • レヴィナスの「現象学的倫理学」--価値と倫理の根源的経験--
    (哲学会第五十六回研究発表大会 ワークショップ「現象学的倫理学の射程と可能性」 2017)
  • コメンテーターとして登壇
    (方法論からみた『全体性と無限』 2017)
more...
Education (5):
  • 2013 - 2017 Université Paris-Sorbonne
  • 2008 - 2014 東京大学大学院 基礎文化研究専攻(哲学) 博士課程 (単位取得満期退学)
  • 2012 - 2013 Université Paris-Sorbonne
  • 2006 - 2008 東京大学大学院 基礎文化研究専攻(哲学) 修士課程
  • 2001 - 2006 The University of Tokyo
Professional career (3):
  • 博士(哲学) (パリ第四大学(ソルボンヌ))
  • 修士(哲学・社会学) (パリ第四大学(ソルボンヌ))
  • 修士(文学) (東京大学)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 Rikkyo University
  • 2021/04 - 現在 Tokyo University of the Arts Faculty of Fine Arts
  • 2016/04 - 現在 Seijo University
  • 2018/04 - 2021/03 The University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology Reserach Associate
  • 2016/04 - 2018/03 Meiji University Organization for the Strategic Coordination of Research and Intellectual Properties
Show all
Committee career (2):
  • 2018/09 - 現在 レヴィナス協会 運営委員
  • 2018/04 - 2021/03 哲学会 委員
Association Membership(s) (5):
THE PHILOSOPHICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  THE PHENOMENOLOGICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  Societe Franco-Japonaise de Philosophie ,  THE SOCIETY OF PHILOSOPHY ,  レヴィナス協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page