Rchr
J-GLOBAL ID:201601005949997850   Update date: Sep. 22, 2021

Katoh Takashi

カトウ タカシ | Katoh Takashi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/10631723.ja.html
Research field  (1): Early childhood education and childcare
Research keywords  (7): 震災後の保育 ,  発達心理学 ,  親育ち支援 ,  アタッチメント ,  愛着 ,  子育て支援 ,  幸福感
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2024 東日本大震災は保育に何をもたらしたのか:社会変動による保育の変化
  • 2019 - 2023 乳幼児養育者の疲弊を緩和するWebツールについての基礎・応用的研究とその社会実装
  • 2019 - 2023 養育者の幸福感を高めるための支援とは:内的作業モデル、保育者との関係性に注目して
  • 2019 - 2022 野外保育が幼児の移動運動と姿勢制御の発達に与える効果の客観的検証
  • 2018 - 2020 ライフスキルの成長を促す大学の教育力評価
Show all
Papers (31):
  • How do caregivers perceive "happiness"? : Paying attention to the difference in "view of happiness" between adult men and women. 2020. 11. 67-82
  • Impact of the Great East Japan Earthquake on childcare. 2020. 10
  • Prospects and challenges of research on the effects of outdoor childcare on infants' development- Focusing on the impact on locomotion and posture control development -. 2020. 2. 39-50
  • What is an effective reflection for each individual characteristic of the caregiver ?- The impact of internal working model style reflection on subjective well-beingand childcare anxiety -. 2020. 2. 17-38
  • 加藤孝士, 永井知子. 親になることによる生活意識の変化ー因子得点・構造、自由記述から見る量的・質的な変化に注目してー. こども学研究. 2019. 1. 85-98
more...
MISC (3):
  • 【Research Note】Visualize Education and Student Growth at the University of Nagano (a): Advantages and Disadvantages of the Dormitory System from the Perspective of Students. 2021. 4. 73-85
  • 山本直樹, 友永良子, 花輪充, 麓洋介, 桜井剛, 安氏洋子, 川合沙弥香, 高崎みさと, 加藤孝士. 演劇創作を通した他大学との表現ゼミ交流活動の実践的探究. こども学研究. 2019. 1. 109-117
  • 加藤 孝士, 富田 喜代子. 保育学生の保育者としての「夢」,「心配」,「喜び」の変化 : 保育実習前・後の自由記述に注目して. 四国大学人間生活科学研究所年報. 2016. 9. 11-20
Books (15):
  • やさしく学ぶ保育の心理学(第2版)
    ナカニシヤ出版 2020
  • 保育を深めるための心理学
    花伝社 2018 ISBN:4763408461
  • 放射能災害下の保育問題研究 平成27度調査を中心に 第5章 広域調査まとめ(2014年、2015年)
    2017
  • 放射能災害下の保育問題研究 平成27年度調査を中心に 第4章 保護者対象調査(2012年、2014年、2015年広域調査)
    2017
  • 放射能災害下の保育問題研究 平成27年調査を中心に 第3章 保育者対象調査(2012年、2014年、2015年広域調査)
    日本保育学会 2017
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • 放射能災害下の保育を経験した保育者の意識の変化
    (日本保育学会 2020)
  • 養育者特有の幸福感に関する予備的研究
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 放射能災害を経た福島の保育者の意識:東日本大震災8年を振り返って
    (日本保育文化学会第6回大会 2019)
  • 寮生活が大学生のライフスキルに与える影響ー寮生活の満足度を要因としてー
    (発達心理学会第30回大会(早稲田大学) 2019)
  • 福島県中通り地区の保育者の保育観について
    (日本保育学会第79回大会(於:宮城学院大学) 2018)
more...
Education (1):
  • 2004 - 2006 Naruto University of Education
Work history (4):
  • 2018/04 - 現在 The Uniersity of Nagano
  • 2012/04 - 2018/03 Shikoku University Faculty of Human Life Science
  • 2008/04 - 2012/03 Tokyo University of Social Welfare
  • 2008/04 - 2012/03 東京福祉保育専門学校 専任教員
Committee career (4):
  • 2013/05 - 2017/03 日本保育学会 放射能災害に係る保育問題研究委員会 委員
  • 2013/12 - 2017/01 日本発達心理学会 国内研究交流委員会 委員(2015年2月-2016年1月:委員長)
  • 2016/04 - 2016/12 初年次教育学会 第9回大会実行委員(副実行委員長)
  • 2011/09 - 2013/05 日本保育学会 災害時における保育問題検討委員会 ワーキンググループメンバー
Association Membership(s) (8):
THE JAPANESE SOCIETY OF NUTRITION AND DIETETICS ,  JAPANESE ASSOCIATION OF CLINICAL EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  日本保育文化学会 ,  JAPAN SOCIETY DEVELOPMENTAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CHILD HEALTH ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  JAPAN SOCIETY OF RESEARCH ON EARLY CHILDHOOD CARE AND EDUCATION ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page