Rchr
J-GLOBAL ID:201601006216454890   Update date: Mar. 31, 2021

YOKOI HIROYUKI

YOKOI HIROYUKI
Affiliation and department:
Research field  (1): Nanomaterials
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2017 - 2020 高次ナノ構造を持つ新規容器型物質カーボンナノポットの特異構造と複合協働的機能
  • 2017 - 2018 新型ナノカーボンの合成法開発による機能開拓の加速
Papers (97):
more...
MISC (10):
  • 横井 裕之. Development of a Novel Pot-Shaped Carbon Nanomaterial 'Carbon Nanopot'. 化學工業. 2015. 66. 10. 743-748
  • 横井 裕之. 壺型構造を持つ新規ナノカーボン材料の創製 (特集 機能性マテリアルズとコンバーティング). コンバーテック. 2014. 42. 12. 54-57
  • YAMASAKI Michiaki, Otsu Masaaki, KOZUKA Toshiyuki, YOKOI Hiroyuki. 5-332 An Attempt of Experimental Practice in Department of Materials Science at Kumamoto University : Interuniversity Cooperative Practice in the Laboratory Work. Proceedings of Annual Conference of Japanese Society for Engineering Education. 2013. 2013. 0. 592-593
  • 中川 雄一, 林 洋孝, 白石 祐介, 百田 寛, 横井 裕之, 小塚 敏之, 黒田 規敬. 磁場配向単層カーボンナノチューブ・ゼラチン複合膜の作製とその光学異方性. 平成18年度合同学術講演大会講演概要集 (日本金属学会九州支部・日本鉄鋼協会九州支部). 2006. 63-63
  • 林 洋孝, 中川 雄一, 白石 祐介, 横井 裕之, 小塚 敏之, 黒田 規敬, 金 柄祉, Kazaoui Said, 南 信次. 単層カーボンナノチューブの配向薄膜の作製とその光学特性. 熊本県産学官技術交流会(第20回)講演論文集 (熊本県工業技術振興協会). 2006. 70-71
more...
Patents (1):
  • ポット型ナノカーボン材料及びその製造方法
Lectures and oral presentations  (49):
  • First-principle calculation of the electronic state of a 2D covalent network of 1,3,5-triamino benzene and benzene-1,3,5-tricarboxaldehyde
    (The 59th Fullerenes-Nanotubes-Graphene General Symposium 2020)
  • 一地方大学での(超)強磁場とのかかわり
    (第七回西日本強磁場科学研究会 2020)
  • 光還元法による 酸化グラフェンへの 銅系微粒子その場担持
    (第13回酸化グラフェンシンポジウム 2019)
  • カーボンナノポットの合成法開発
    (2019年度応用物理学会九州支部学術講演会 2019)
  • 酸化グラフェンへの銅担持法開発
    (2019年度応用物理学会九州支部学術講演会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 工学博士 (東京大学)
Committee career (1):
  • 2016/06 - 現在 酸化グラフェン研究会 運営委員
Awards (1):
  • 2016/07 - Advances in Engineering Key Scientific Article
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page