Rchr
J-GLOBAL ID:201601006332349106   Update date: Mar. 01, 2021

Noda Mari

Noda Mari
Affiliation and department:
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 地域における自殺対策の実態
  • 2016 - 2017 平成28年度 日高市地域健康づくり調査業務「日高市民の健康習慣に関する調査」
Papers (5):
  • Kikuchi Chitose, Chida Miyuki, Yamaji Masak, Nishioka Hitomi, Noda Mari, Uchida Hisako. Current status of A-city citizens' health habits and lively feeling - From the survey in 2016(3rd Report) -. 2020. 13. 1. 31-40
  • 野田万里, 千田みゆき. NPO法人育児グループにおけるコミュニティ・エンパワメントの影響要因. 埼玉医科大学看護学科紀要. 2020. 13. 1. 1-8
  • 千田みゆき, 菊池チトセ, 西岡ひとみ, 町田貴絵, 野田万里, 内田久子. A市市民の健康習慣と主観的健康感の実態 -2016年の調査から-. 平成30年度埼玉医科大学看護学科紀要. 2019. 12. 1. 17-24
  • 山路真佐子, 千田みゆき, 菊池チトセ, 西岡ひとみ, 町田貴絵, 野田万里, 内田久子. A市住民のこころの健康に関する実態 -2016年の調査から-. 平成30年度埼玉医科大学看護学科紀要. 2019. 12. 1. 61-67
  • 野田万里, 千田みゆき. コミュニティ・エンパワメントの概念分析. 2017
Books (1):
  • 「平成28年度 日高市地域健康づくり調査業務 日高市民の健康習慣に関する調査報告書」
    埼玉医科大学 保健医療学部 看護学科 代表 千田みゆき 2017
Lectures and oral presentations  (6):
  • Status of Health Habits of Residents of City A
    (Aging & Society Eighth Interdisciplinary Conference 2018)
  • A市住民のこころの健康に関する実態
    (日本地域看護学会第21回学術集会 2018)
  • 埼玉医科大学健康づくりプロジェクト(2015-2016)第1報:取り組みの概要
    (2016)
  • 埼玉医科大学健康づくりプロジェクト(2015-2016)第2報:ロコトレ介入の効果
    (2016)
  • 埼玉医科大学健康づくりプロジェクト(2015-2016)第3報:食事指導の効果
    (2016)
more...
Association Membership(s) (3):
日本公衆衛生看護学会 ,  日本地域看護学会 ,  日本公衆衛生学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page