Rchr
J-GLOBAL ID:201601007008673053   Update date: Jun. 14, 2024

Kudo Aya

クドウ アヤ | Kudo Aya
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • Waseda University  Institute for Research in Contemporary Political and Economic Affairs 
Research field  (2): Politics ,  Politics
Research keywords  (5): 政治コミュニケーション ,  メディア ,  中国 ,  政治学 ,  マス・コミュニケーション
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2024 中国におけるソーシャル・メディアと権力-批判的アプローチから
  • 2023 - 2024 「中国の新聞管理制度-商業紙はいかに共産党の権力を受け入れたのか- 」
  • 2019 - 2024 計量テキスト分析を用いた中国共産党の政治宣伝に対する研究
  • 2018 - 2019 中国の新聞を対象にした計量テキスト分析の応用可能性に関する研究
  • 2017 - 2019 集合論によるメディア支配条件の探索的研究
Show all
Papers (7):
  • 工藤文. 私営新聞はいかに党の新聞となったか-1950年代『新民報』上海版の公私合営化過程を対象に-. メディア研究. 2023. 103. 193-214
  • China’s monopolization of newspaper ownership in the context of changing policies. WINPEC Working Paper Series No.E2220. 2023. 1-17
  • 工藤文, 中山敬介. 『人民日報』における報道内容の変容-1950年から2020年を対象とした計量テキスト分析-. メディア研究. 2022. 101. 233-253
  • 工藤 文, 于 海春. An Analysis of the Attention Given to the NPC and CPPCC : Using the Chinese Media in a Text-mining Approach. 早稲田政治公法研究 = The Waseda study of politics and public law. 2016. 112. 1-17
  • 工藤 文. Newspaper Regulation of Capital Policy in China : An analysis of changes in capital policy regarding the entry of private and foreign capital. 早稲田政治公法研究 = The Waseda study of politics and public law. 2015. 108. 19-34
more...
MISC (6):
  • 工藤文. 「東京外国語大学「メディア文化論」授業実践報告」. 『オンライン授業の地平 -2020年度の実践報告-』. 2021. 46
  • 工藤 文. 日本マス・コミュニケーション学会. よろん. 2017. 119. 0. 62-63
  • 工藤 文. 日本マス・コミュニケーション学会. よろん. 2016. 117. 0. 50-51
  • 永井 健太郎, 工藤 文. 日本マス・コミュニケーション学会. よろん : 日本世論調査協会報. 2015. 116. 0. 44-46
  • 于 海春, 工藤 文. 日本マス・コミュニケーション学会(学会報告). よろん. 2014. 113. 0. 57-58
more...
Books (1):
  • 中国の新聞管理制度: 商業紙はいかに共産党の権力を受け入れたのか
    勁草書房 2024 ISBN:4326303433
Lectures and oral presentations  (15):
  • 何が党報Weiboの投稿内容を決定づけるのか -量的テキスト分析と質的比較分析(QCA)によるアプローチ-
    (日本選挙学会 2024)
  • 党報Weiboはいかに中国の「両会」を報じたのか-量的テキスト分析によるアプローチ
    (日本政治学会 2023)
  • ソーシャル・メディアを通じた中国共産党のイメージ形成 -人民日報Weiboを対象に-
    (日本比較政治学会(第26回大会)山梨大学 2023)
  • 私営新聞はいかに党の新聞となったか-1950年代『新民報』上海版の公私合営化と公営化過程を対象に
    (日本メディア学会秋季大会(オンライン) 2022)
  • 『人民日報』における宣伝報道の変化--計量テキスト分析による試み
    (日本マス・コミュニケーション学会秋季大会(オンライン) 2021)
more...
Education (6):
  • 2017 - 2020 Waseda University
  • 2011 - 2017 Waseda University
  • 2008 - 2011 Waseda University
  • 2009 - 2010 復旦大学 新聞学院 修士課程 ジャーナリズム専攻(ダブルディグリープログラムによる留学)
  • 2003 - 2008 Waseda University School of Political Science and Economics
Show all
Professional career (3):
  • 修士(政治学) (早稲田大学)
  • 修士(文学(新聞学)) (復旦大学)
  • 博士(政治学) (早稲田大学)
Work history (10):
  • 2023/10 - 現在 Kanazawa University Institute of Human and Social Sciences Faculty of Law
  • 2019/04 - 現在 Waseda University Institute for Research in Contemporary Political and Economic Affairs
  • 2021/04 - 2023/09 日本学術振興会 特別研究員RPD
  • 2021/09 - 2023/02 日本大学 法学部 新聞学科 非常勤講師「政治コミュニケーション」
  • 2021/09 - 2022/09 Otsuma Women's University
Show all
Awards (1):
  • 2007 - 早稲田大学 政治経済学会論文コンクール 佳作 『新民晩報』における自立化の検証-1982年~2004年のニュース・ソースの変遷から-
Association Membership(s) (7):
日本メディア学会, 企画委員 ,  日本メディア学会, 理論研究部会 幹事 ,  日本マス・コミュニケーション学会, 事務局幹事 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR ASIAN STUDIES ,  THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION ,  JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION ,  日本比較政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page