Rchr
J-GLOBAL ID:201601008524065244   Update date: Oct. 11, 2020

Kaneko Hiromi

カネコ ヒロミ | Kaneko Hiromi
Affiliation and department:
Research field  (1): Lifelong developmental nursing
Research keywords  (4): マタニティ・ヨガ ,  教育 ,  家族 ,  母性看護
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 妊娠・分娩改善の為のスマートフォンアプリを用いた自己管理システムの開発と臨床使用
  • 2014 - 2018 マタニティ・ヨガの妊娠・分娩改善効果に関する科学的検証
  • 2017 - 科学的な安産体操支援ツールの開発
Papers (20):
  • 高齢初産婦のヨガ運動前後の開脚度と呼気の長さの比較. 岐阜県母性衛生学会誌. 2020. 43. 12-16
  • 新川治子,井關敦子,金子洋美,三尾亜喜代,長谷川文子. 生後1日目以降の新生児の清潔ケアに関する文献学的検討. 岐阜県母性衛生学会誌. 2020. 43. 17-26
  • Hiromi Ito-Kaneko ,Masayuki Uehara. Improving the degree of pubic arch post-yoga exercise during pregnancy. International Journal of Yoga Therapy. 2020
  • 金子 洋美, 上原 雅行. 里帰り妊婦の運動継続. 成育支援研究. 2019. 10号. 16-19
  • 金子洋美, 森田俊一, 松宮良子, 松本香奈, 土岐良元, 中西裕一郎, 石田尚也, 竹中健太郎, 島津伊佐央, 齋藤太雅, et al. 妊婦のための柔軟性測定法の開発 第2報 ユーザーニーズを汲んだ機器改良の試みと有用性検討. 医療機器学. 2018. 88. 3
more...
Patents (2):
  • 商標
  • ストレッチ評価用器具
Books (2):
  • ウィメンズヘルスケア・サポートブック ヨーガによるヘルスケアアプローチ
    日本看護協会出版会 2020
  • 臨床助産ケア
    日総研 2019
Lectures and oral presentations  (14):
  • The application system for the easy evaluation of the effect of pregnant women's yoga
    (イノベーション・ジャパン2020~大学見本市Online 2020)
  • 開脚度測定器ー柔軟性の可視化・定量化とデータ管理ー
    (2019年度 中部地区 医療・バイオ系シーズ発表会 2019)
  • マタニティ・ヨーガ指導者がとらえるヨーガ運動の効果と伝達方法
    (第21回日本母性看護学術集会 2019)
  • ものづくり岐阜テクノフェア2018
    (2018)
  • マタニティ・ヨガ運動継続による妊婦の3群別開脚度の拡大効果
    (第32回日本助産学会学術集会 2018)
more...
Professional career (1):
  • 看護学修士
Work history (1):
  • 2011 - Gifu University School of Medicine
Association Membership(s) (4):
JAPAN ACADEMY OF MIDWIFERY ,  日本看護科学学会 ,  日本看護教育学会 ,  日本医療機器学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page