Rchr
J-GLOBAL ID:201601008588525877   Update date: Oct. 24, 2021

Nakamichi Masaki

ナカミチ マサキ | Nakamichi Masaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://nakamichi.opar.ehime-u.ac.jp/index.html
Research field  (1): Educational technology
Research keywords  (9): 教育評価 ,  学習支援 ,  授業設計 ,  リーダーシップ ,  普及理論 ,  eラーニング ,  初年次教育 ,  学習経験の質モデル ,  インストラクショナル・デザイン
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2020 - 2024 糖尿病女性患者の糖尿病スキーマの変容を目指した自己管理促進プログラムの作成と検証
  • 2018 - 2023 Parrishの学習経験要因モデルによる主体的学習者育成プログラムの開発と評価
  • 2017 - 2022 日本語文章作成支援ツールとしての話ことばチェッカーの開発と運用
  • 2017 - 2020 リフレクションを用いた大学生のリーダーシップ養成に関する効果検証及び教材の開発
  • 2016 - 2019 課題発見解決型フィールドワーク教育の多面的評価方法の構築
Show all
Papers (28):
  • Preparation of "A Collection of Class Improvement Tips: Learner Factors Edition” Focusing on the Quality of the Learning Experience of First-year Students. 2021. 16. 1-11
  • 仲道 雅輝, 井口 梓, 桐野 律子, 富永 真奈美, 徳田 明仁, 若林 良和. 大学広報における学生による情報発信の成果と課題-「コロナ禍」の中で学生向けプレスリリース研修会を実施して-. 大学教育実践ジャーナル= Journal of faculty and staff development in higher education. 2021. 20. 91-98
  • The Impact of Test Time and Question Order on Answer Rate and Correct Answer Rate in Japanese Language Placement Tests. 2021. 15. 1-13
  • Efforts to Supporting Remote Classes in First-year Courses : By Providing Online Contents for "Freshman Seminar A". 2021. 19. 141-146
  • Design and practice of online lessons for first-year education subjects in COVID-19 : Efforts at Freshman Seminar A (Faculty of Education). 2021. 19. 147-155
more...
MISC (58):
  • 村田晋也, 仲道雅輝, 淺田隼平. 遠隔による準正課教育プログラム実施の試みについて. SPODフォーラム2021オンデマンド・セッション. 2021
  • 村田晋也, 仲道雅輝, 岸岡洋介, 山内一祥, Reo Arriola, 淺田隼平, 秦敬治. コロナ禍における国際交流型リーダーシップ・プログラムのオンライン実施とその成果. 大学教育学会課題研究集会. 2021
  • 仲道雅輝. 愛媛大学におけるオンライン授業対応等の取り組み事例の紹介. UeLAフォーラム及びJADE&UeLA合同フォーラム2020. 2021. 63-81
  • 仲道雅輝. オンライン授業の設計について. 日本リメディアル教育学会第8回中国四国支部大会予稿集. 2020. 24-26
  • 竹中喜一, 仲道雅輝, 村田晋也, 中井俊樹, 小林直人. 愛媛大学における新任教員研修のオンライン実施に向けた再設計. 日本教育工学会2020秋季全国大会論文集. 2020. 55-56
more...
Books (7):
  • 大学初年次における日本語教育の実践: 大学における学習支援への挑戦3
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:4779512506
  • 大学生のための日本語問題集
    ナカニシヤ出版 2017 ISBN:4779512093
  • 教育評価との付き合い方 --これからの教師のために
    さくら社 2016 ISBN:4904785932
  • Building a System of Developmental Education at Universities and Colleges in Japan 2
    2016 ISBN:4779508851
  • 愛媛大学「研究室からこんにちは!」-愛媛大学最前線からのリポート〈9〉
    アトラス出版 2015 ISBN:4906885225
more...
Lectures and oral presentations  (75):
  • 学生の学習意欲を高める授業とは
    (FD研修会,環太平洋大学短期大学部 2018)
  • ティーチング・ポートフォリオ(TP)/アカデミックポートフォリオ(AP)作成ワークショップ~高専対象~
    (FD研修会,愛媛大学 2018)
  • 学習者の学習意欲を高める授業設計のためのインストラクショナル・デザイン(ID)入門-ARCS動機づけモデルの活用-
    (FD研修会,愛媛大学 2018)
  • 第31回授業デザインワークショップ(通い形式)
    (FD研修会,愛媛大学 2018)
  • アクティブラーニング推進のための授業設計ワークショップ(教育学部,文学部,理工学部.看護学部.国際教養学部)
    (文部科学省AP事業_FD研修会,創価大学 2018)
more...
Education (3):
  • 2009 - 2018 Kumamoto University
  • 2007 - 2009 Kumamoto University
  • 1991 - 1995 Nihon Fukushi University Department of Social Welfare
Professional career (3):
  • 博士(学術) (熊本大学)
  • 修士(教授システム学) (熊本大学)
  • 学士(社会福祉学) (日本福祉大学)
Work history (6):
  • 2021/04 - 現在 Ehime University Office for Education Planning and Research, Institute for Education and Student Support
  • 2018/04 - 2021/03 Ehime University Office for Education Planning and Research, Institute for Education and Student Support
  • 2013/04 - 2018/03 Ehime University Center for Information Technology
  • 2012/04 - 2013/03 Ehime University Office for Education Planning and Research, Institute for Education and Student Support
  • 2011/10 - 2012/03 Ehime University Office for Education Planning and Research, Institute for Education and Student Support
Show all
Committee career (25):
  • 2020/04 - 現在 日本高等教育開発協会 委員
  • 2019/04 - 現在 愛媛県 愛媛・台湾サイクリング交流大使(愛媛県)
  • 2018/04 - 現在 愛媛大学広報室 室員
  • 2018/04 - 現在 熊本大学大学院教授システム学専攻 IDマガジン編集委員会(熊本大学大学院社会文化科学研究科教授システム学専攻)
  • 2018/04 - 現在 熊本大学教授システム学研究センター 熊本大学教授システム学研究センター 研究員
Show all
Awards (2):
  • 2021/08 - 日本リメディアル教育学会 第3回日本リメディアル教育学会論文賞 高校生が取り組むeラーニングを活用した早期・情報教育プログラムの試み
  • 2017/08 - 日本リメディアル教育学会 大会発表優秀賞 情報教育における高大接続の試み
Association Membership(s) (8):
JUAM ,  JAFYE ,  JADE ,  JAEMS ,  大学教育学会 ,  JSISE ,  JSET ,  Japan Association for the Study of Cooperation in Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page