Rchr
J-GLOBAL ID:201601009026862869   Update date: Sep. 09, 2021

Mineo Konosuke

ミネオ コウノスケ | Mineo Konosuke
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
Research field  (2): Philosophy and ethics ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (4): The Munich and Göttingen Circles ,  Axiology ,  Moritz Geiger ,  Phenomenological Aesthetics
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2021 初期現象学的美学の体系的研究
  • 2019 - 2020 ミュンヘン現象学派における本質学の研究:M・ガイガーを中心に
Papers (8):
  • MINEO Konosuke. On the Emotional Character of Aesthetic Objects: Based on the Phenomenology of the Munich Circle. BIGAKU: Aesthetics. 2021. 72. 1. 1-12
  • 峯尾 幸之介. M・ガイガーの内在的心理的実在論について. フッサール研究. 2019. 16. 36-59
  • 峯尾 幸之介. 自我と世界の対立:M・ガイガーの実在論的現象学. 早稲田大学大学院文学研究科紀要. 2019. 64. 37-52
  • 峯尾 幸之介. M・ガイガーによる価値美学の基礎づけ. フッサール研究. 2018. 15
  • 峯尾 幸之介. カントとガイガー:享受の美学的地位と美の成立根拠をめぐって. 哲学世界. 2017. 39. 31-44
more...
MISC (2):
  • 峯尾 幸之介. 美的体験における「自己」の問題 : ガイガーの美的享受論と「無関心性」の現象学的解釈. 哲学世界. 別冊. 2014. 6. 31-42
  • 峯尾 幸之介. 現象学的方法による美的体験の分析 : M.ガイガーとN.ハルトマンの現象学的美学. 哲学世界. 別冊. 2013. 5. 99-113
Lectures and oral presentations  (9):
  • 初期現象学派の美学について
    (第10回メルロ=ポンティ哲学研究会 現象学的美学ワークショップ 2021)
  • ミュンヘン学派の美学を再考する
    (2020年度第1回美学会東部会例会 2020)
  • M・ガイガーの内在的心理的実在論について
    (第16回フッサール研究会 2018)
  • 効果・価値・意義
    (第39回日本現象学会研究大会 2017)
  • M・ガイガーの美学史観と現象学的美学
    (第68回美学会全国大会 2017)
more...
Education (1):
  • 2016 - 2021 Waseda University
Work history (6):
  • 2021/09 - 現在 Meisei University Department of Education, School of Education Department of Education, School of Education
  • 2021/04 - 現在 Tokyo Kasei University
  • 2021/04 - 現在 Takasaki City University of Economics Faculty of Regional Policy
  • 2021/04 - 現在 Waseda University Faculty of Letters,Arts and Sciences
  • 2015/11 - 現在 Osaka University of Economics and Law
Show all
Committee career (1):
  • 2018/04 - 現在 フッサール研究会 企画実行委員
Association Membership(s) (3):
早稲田大学哲学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR AESTHETICS ,  THE PHENOMENOLOICAL ASSOCIATION OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page