Rchr
J-GLOBAL ID:201601009820906773   Update date: Apr. 21, 2021

nagata natsuki

ナガタ ナツキ | nagata natsuki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): http://www.n-nagata.com
Research field  (2): Gender studies ,  Sociology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2024 パートナーの親密関係の変容に関する実証研究
  • 2018 - 2022 The sociological study of Trans-Locality
  • 2020 - 2021 zoomを活用した遠隔保育の効果とニーズの把握
  • 2016 - 2020 多重的社会問題の分析と解決を日本から国際発信する総合研究
  • 2015 - 2019 Sociological clarification of the actual situation of sex of adolescents and sex education problems in the informational society
Show all
Papers (9):
  • 永田夏来. 新型コロナウイルスパンデミックと家族-家庭内コミュニケーションにおける困難と可能性をめぐって. マス・コミュニケーション研究. 2021. 98. 41-50
  • 家族社会学における量的研究と質的研究--質的調査の標準化に向けて. 現代思想2020年9月号特集=統計学/データサイエンス. 2020. 48. 12. 194-202
  • 永田夏来, 大杉直也. 若者における恋愛と結婚研究の動向ー2010年以降の議論を中心に. 家族研究年報. 2019. 44. 77-88
  • 村田晋太朗・山本亜美・永田夏来. 実践論文に見る中学校家庭分野「家族」教育の現状と課題 -全日本中学校技術・家庭科研究会機関紙「理論と実践」を対象としてー. 日本家庭科教育学会誌. 2017. 60. 1. 24-30
  • 妊娠先行型結婚と通常結婚の背景と出生意欲. ESRI Discussion Paper Series(内閣府系税社会総合研究所). 2013. 301. 85-91
more...
MISC (8):
  • 永田夏来, 加納史章. 中学校キャリア総合選択授業における乳幼児との触れ合い体験の効果と課題. 兵庫教育大学研究紀要. 2020. 56. 45-50
  • 永田夏来・妹尾麻美 他. 公共空間におけるハラスメントに関する実態調査報告書. 2019
  • 永田夏来, 村田晋太朗, 山本亜美. 中学校家庭分野住生活領域における実践研究の現状と課題:全日本中学校技術・家庭科研究会機関紙の分析を通して. 兵庫教育大学研究紀要. 2017. 51. 85-90
  • 妊娠先行型結婚にみる生活状況と出生意欲. 兵庫教育大学研究紀要. 2016. 49. 77-85
  • Current Status and Issues of Family Education at Home Economics in junior high school:In the case of description of assessment. 2016
more...
Books (18):
  • 音楽が聴けなくなる日
    集英社 2020 ISBN:9784087211238
  • 生涯未婚時代
    イースト新書 2017 ISBN:9784781650906
  • 入門 家族社会学
    新泉社 2017 ISBN:9784787717047
  • ポスト「カワイイ」の文化社会学 : 女子たちの「新たな楽しみ」を探る
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:9784623078301
  • 『季刊 SEXUALITY』No.77
    エイデル研究所 2016
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • パンデミックをめぐるメディアと社会:その可能性と困難
    (マスコミ学会秋季大会シンポジウム 2020)
  • 中学生の生活状況と保護者との人間関係にみる現状と課題
    (第41回 日本家政学会関西支部 研究発表会 口頭発表 2019)
  • 非親族による子育てのサポートの獲得と維持--90 年代におけるシェア居住の事例から
    (第92回 日本社会学会大会 2019)
  • 共同での子育てを実践するシングルマザーにみる育児サポートの獲得-90年代におけるシェア居住の事例から-
    (第29回 日本家族社会学会大会 2019)
  • これからを生きるヒント講座 変わる結婚観・家族観
    (奈良女性センター 2019)
more...
Education (3):
  • 2000 - 2004 Waseda University
  • 1998 - 2000 Waseda University
  • 1994 - 1998 Tokyo Gakugei University
Professional career (2):
  • 博士(人間科学) (早稲田大学大学院)
  • 修士(人間科学) (早稲田大学大学院)
Work history (10):
  • 2020/04 - 現在 国立大学法人兵庫教育大学大学院教育内容・方法開発専攻行動開発系教育コース 准教授
  • 2019/04 - 現在 Kobe University Faculty of Global Human Sciences
  • 2003/04 - 現在 Musashino University
  • 2018/04 - 2020/03 国立大学法人 兵庫教育大学 大学院教育内容・方法開発専攻行動開発系教育コース 講師
  • 2016/04 - 2018/03 神戸学院大学現代社会学部非常勤講師
Show all
Committee career (3):
  • 2021/04 - 2022/03 兵庫県新全県ビジョン検討委員会 委員
  • 2019/04 - 2021/03 兵庫県長期ビジョン審議会将来構想研究会 委員
  • 2014/10 - 2015/11 兵庫県企画県民部ビジョン課 兵庫のゆたかさ研究会研究委員 委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page