Rchr
J-GLOBAL ID:201601010845137365   Update date: Aug. 25, 2020

Kato Nanako

カトウ ナナコ | Kato Nanako
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (1): イメージを介した心理療法、箱庭療法、閉鎖環境における心理
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 高ストレス状況下における心の可視化情報の有用性探索と予防教育への応用
  • 2015 - 2018 An empirical research on reducing stress by examining how subjective assessments are correlated with physical assessments in enclosed environments
Papers (2):
  • 大石真吾, 高橋優佳, 森崎志麻, 浅田恵美子, 井芹聖文, 千秋佳世, 加藤奈奈子. 特別養護老人ホームに箱庭を持ち込む試み 「鮮やかさ」という視点の生成. 箱庭療法学研究. 2011. 29. 3. 317-328
  • 加藤奈奈子. familialityと心理的距離に関する一考察~デジャヴュ体験という視点から. 京都大学教育学研究科紀要. 2009. 55. 189-200
MISC (9):
  • 加藤奈奈子. デジャヴュ体験における語りの主要素に関する一考察. 奈良女子大学心理臨床研究. 2020. 7. 31-38
  • KATOH Nanako. 箱庭における「地」と箱庭表現を「見る」ことに関する一考察. 2019. 6. 31-36
  • KATOH Nanako. 内田クレぺリン精神検査における「意志緊張」についての一考察. 2018. 5. 15-20
  • KATOH Nanako. 自伝・手記を用いた自閉スペクトラム症の研究-自閉スペクトラム症者による公刊された自伝・手記のリストの作成-. 2018. 5. 5-8
  • KATOH Nanako. 「私」を書くことに関する一試論~『箱男』と『何者』から. 2017. 4. 23-28
more...
Books (2):
  • 心が活きる教育に向かって : 幸福感を紡ぐ心理学・教育学
    ナカニシヤ出版 2009 ISBN:9784779503658
  • 京大心理臨床シリーズ4 箱庭療法の事例と展開
    2007
Lectures and oral presentations  (5):
  • 南極におけるストレスに関する心理教育の可能性
    (南極医学医療ワークショップ 2019)
  • Stress Assessment of performance by Japanese Antarctic Research Expeditions
    (SCAR Open Science Conference 2018)
  • Expressions of stress in Antarctica ? Focusing on physical symptoms
    (The 6th Conference of the Korean Society of Polar Medicine 2017)
  • 環境要因が作業効率に与える影響
    (2017)
  • Experiences in Antarctic Station as "Extraordinary".
    (31st International Congress of Psychology. 2016)
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (京都大学)
Work history (2):
  • 2012 - 2015 :京都文教大学臨床心理学部 特任講師
  • 2010 - 2012 :京都大学大学院教育学研究科 心理臨床関連助教
Association Membership(s) (3):
日本ユング心理学会 ,  日本箱庭療法学会 ,  日本心理臨床学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page