Rchr
J-GLOBAL ID:201601011306116180   Update date: Oct. 17, 2020

Akinobu Tawada

タワダ アキノブ | Akinobu Tawada
Affiliation and department:
Job title: 助教
Other affiliations (2):
Research field  (1): Gastroenterology
Research keywords  (6): がん化学療法学 ,  遺伝医学 ,  ゲノム医学 ,  臨床腫瘍学 ,  肝臓病学 ,  消化器内科学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2024 Development of molecular targeted therapy for pulmonary squamous cell carcinoma
  • 2019 - 2022 肝癌感受性遺伝子MICAのシェダーゼ阻害を基盤とした新規治療薬の探索
  • 2014 - 2016 効率的な肝炎ウイルス検査陽性者フォローアップシステムの構築のための研究
Papers (76):
  • Keisuke Koroki, Sadahisa Ogasawara, Yoshihiko Ooka, Hiroaki Kanzaki, Kengo Kanayama, Susumu Maruta, Takahiro Maeda, Masayuki Yokoyama, Toru Wakamatsu, Masanori Inoue, et al. Analyses of Intermediate-Stage Hepatocellular Carcinoma Patients Receiving Transarterial Chemoembolization prior to Designing Clinical Trials. LIVER CANCER. 2020. 9. 5. 596-612
  • Yushi Imai, Tetsuhiro Chiba, Takayuki Kondo, Hiroaki Kanzaki, Kengo Kanayama, Junjie Ao, Ryuta Kojima, Yuko Kusakabe, Masato Nakamura, Tomoko Saito, et al. Interferon-gamma induced PD-L1 expression and soluble PD-L1 production in gastric cancer. ONCOLOGY LETTERS. 2020. 20. 3. 2161-2168
  • Susumu Maruta, Sadahisa Ogasawara, Yoshihiko Ooka, Masamichi Obu, Masanori Inoue, Norio Itokawa, Yuki Haga, Atsuyoshi Seki, Shinichiro Okabe, Ryosaku Azemoto, et al. Potential of Lenvatinib for an Expanded Indication from the REFLECT Trial in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma. LIVER CANCER. 2020. 9. 4. 382-396
  • Sadahisa Ogasawara, Yoshihiko Ooka, Keisuke Koroki, Susumu Maruta, Hiroaki Kanzaki, Kengo Kanayama, Kazufumi Kobayashi, Soichiro Kiyono, Masato Nakamura, Naoya Kanogawa, et al. Switching to systemic therapy after locoregional treatment failure: Definition and best timing. CLINICAL AND MOLECULAR HEPATOLOGY. 2020. 26. 2. 155-162
  • Sadahisa Ogasawara, Hiroaki Kanzaki, Keisuke Koroki, Kengo Kanayama, Susumu Maruta, Kazufumi Kobayashi, Souichiro Kiyono, Masato Nakamura, Naoya Kanogawa, Takayuki Kondo, et al. Phase I study of a new concept cancer vaccine composed artificial intelligence (AI)-designed shared-antigen peptides plus combined synergistically activating antigen-specific CTL reaction (CYT001) in patients with advanced hepatocellular carcinoma (CRESCENT 1). JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY. 2020. 38. 4
more...
MISC (195):
  • 松下 一之, 石毛 崇之, 太和田 暁之, 宮内 英聡, 瀧口 裕一, 松原 久裕. 外科診療におけるがん遺伝子パネル検査とマイクロサテライト不安定性(MSI)検査の有用性について. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-4
  • 西村 基, 楯 真一, 錦見 恭子, 松岡 歩, 生水 真紀夫, 太和田 暁之, 新井 誠人, 滝口 裕一, 藤木 亮次, 金田 篤志, et al. 腫瘍部組織のみを調べるがん遺伝子パネル検査で二次的所見が疑われた3症例の当院における取り扱い. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2020. 41. 2. 85-85
  • 藤田 尚人, 近藤 孝行, 金山 健剛, 神崎 洋彰, 興梠 慧輔, 丸田 享, 小林 和史, 中村 昌人, 清野 宗一郎, 叶川 直哉, et al. 門脈大循環短絡路を有する難治性肝性脳症に対しバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術が著効した1例. 日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集. 2020. 359回. 33-33
  • 中村 昌人, 大岡 美彦, 神崎 洋彰, 金山 健剛, 丸田 享, 興梠 慧輔, 小林 和史, 叶川 直哉, 清野 宗一郎, 近藤 孝行, et al. C型肝炎ウイルス持続感染ALT正常例に対する抗ウイルス治療の意義. 肝臓. 2020. 61. Suppl.1. A342-A342
  • 清野 宗一郎, 千葉 哲博, 金山 健剛, 神崎 洋彰, 興梠 慧輔, 丸田 享, 小林 和史, 中村 昌人, 叶川 直哉, 齊藤 朋子, et al. トルバプタンの非代償性肝硬変患者に対する長期投与の有効性の検討. 肝臓. 2020. 61. Suppl.1. A348-A348
more...
Lectures and oral presentations  (197):
  • 外科診療におけるがん遺伝子パネル検査とマイクロサテライト不安定性(MSI)検査の有用性について
    (日本外科学会定期学術集会抄録集 2020)
  • 腫瘍部組織のみを調べるがん遺伝子パネル検査で二次的所見が疑われた3症例の当院における取り扱い
    (日本遺伝カウンセリング学会誌 2020)
  • 門脈大循環短絡路を有する難治性肝性脳症に対しバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術が著効した1例
    (日本消化器病学会関東支部例会プログラム・抄録集 2020)
  • 肝細胞癌患者における筋肉量のsurrogate markerとしてのクレアチニン・シスタチンC比の有用性の検討並びに簡便かつ非侵襲的な予測モデルの提唱
    (肝臓 2020)
  • 進行肝細胞癌における全身化学療法の適応となる時点でのマイクロサテライト不安定性,ミスマッチ修復機構,PD-L1発現の解析
    (肝臓 2020)
more...
Education (2):
  • 2000 - 2005 Chiba University
  • 1992 - 1998 千葉大学 医学科
Professional career (1):
  • 博士(医学) (千葉大学)
Work history (9):
  • 2017/10 - 現在 千葉大学附属病院 腫瘍内科 助教
  • 2017/10 - 現在 千葉大学附属病院 がんゲノムセンター 助教
  • 2015/04 - 2017/09 千葉大学総合安全衛生管理機構 労働衛生部・学生保健部 助教
  • 2010/10 - 2015/03 千葉大学附属病院 消化器内科 特任助教
  • 2010/04 - 2010/09 千葉大学附属病院 消化器内科 医員
Show all
Committee career (1):
  • 2015/04 - 2017/09 千葉大学 研究倫理審査委員会 委員
Association Membership(s) (8):
日本人類遺伝学会 ,  American Society of Clinical Oncology ,  日本臨床腫瘍学会 ,  The Asian Pacific Association for the Study of the Liver ,  JAPAN GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY SOCIETY ,  THE JAPAN SOCIETY OF HEPATOLOGY ,  JAPANESE SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page