Rchr
J-GLOBAL ID:201601011777275360   Update date: Mar. 24, 2021

Fujikawa Naoki

フジカワ ナオキ | Fujikawa Naoki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Legal theory and history ,  Legal theory and history
Research keywords  (7): 皇位継承 ,  皇室典範 ,  皇室法 ,  公法学 ,  比較法 ,  法制史 ,  ドイツ法
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2022 近代日本の皇位継承・皇室制度とドイツ法学--制度と学知の継受史--
Papers (9):
  • 藤川直樹. ヘルマン・レースラー後任問題と第二帝政期ドイツの教授人事--レーム発信アルトホフ宛書翰を手掛かりに--. 国家学会雑誌. 2020. 133. 1・2. 141-161
  • 藤川 直樹. ドイツ第二帝政期における「領邦君主の家族」の身分と法学--ザクセン、コーブルク=ゴータ、オルデンブルク--. 額定其労・佐々木健・髙田久美・丸本由美子編『身分と経済(法制史学会70周年記念若手論文集)』(慈学社、2019年). 2019. 303-345
  • 藤川 直樹. 一九世紀ドイツ公法学における『君侯法』(五・完)--王位継承法理論の展開を中心として--. 国家学会雑誌. 2019. 132. 7・8. 587-668
  • 藤川 直樹. 一九世紀ドイツ公法学における『君侯法』(四)--王位継承法理論の展開を中心として--. 国家学会雑誌. 2019. 132. 5・6. 387-455
  • 藤川 直樹. 一九世紀ドイツ公法学における『君侯法』(三)--王位継承法理論の展開を中心として--. 国家学会雑誌. 2019. 132. 3・4. 248-308
more...
MISC (6):
  • 藤川直樹. (学界展望)Thorsten Keiser, Vertragszwang und Vertragsfreiheit im Recht der Arbeit von der Frühen Neuzeit bis in die Moderne, 2013. 国家学会雑誌. 2019. 132. 9・10. 931-934
  • 藤川直樹. (書評)西村清貴著「一九世紀ドイツ国法学における実定性の概念について」、同「G・W・F・ヘーゲルのサヴィニー批判」. 法制史研究. 2018. 67. 504-507
  • ヴァルター・パウリ, 海老原明夫, 守矢健一, 藤川直樹. (翻訳)ヴァルター・パウリ「行政法学(ドイツ)」. 日独法学. 2017. 33・34. 48-101
  • 藤川直樹. 「(学界展望)Susan Richter/Dirk Dirbach (Hg.), Thronverzicht. Die Abdankung in Monarchien vom Mittelalter bis in die Neuzeit」. 国家学会雑誌. 2014. 127. 11・12. 1054-1056
  • 藤川直樹. 「(学界展望)Dirk H. Müller, Adliges Eigentumsrecht und Landesverfassung. Die Auseinandersetzungen um die eigentumsrechtlichen Privilegien des Adels im 18. und 19. Jahrhundert am Beispiel Brandenburgs und Pommerns, 2011」. 国家学会雑誌. 2014. 127. 11・12. 1051-1054
more...
Books (1):
  • 国家・公共の福祉・基本権
    弘文堂 2019 ISBN:9784335357855
Lectures and oral presentations  (9):
  • 「君侯法」とドイツ第二帝政期公法学の展開
    (法制史学会第70回総会 2018)
  • ドイツ第二帝政期公法学史に関する一考察--上山安敏『憲法社会史』の批判的検討--
    (法制史学会東京部会第271回例会 2018)
  • 西村清貴『近代ドイツの法と国制』(成文堂、2017年)合評会・コメント
    (東京法哲学研究会 2018)
  • 「君侯法」研究序説--19世紀ドイツ公法学に於ける王位継承法理論の展開--(助教論文報告会)
    (基礎法学研究会 2017)
  • Das Fürstenrecht als Forschungsprojekt einer Wissenschaftsgeschichte des öffentlichen Rechts
    (Junge Forschung Geschichte und Recht II 2016)
more...
Education (4):
  • 2014 - 2016 イェーナ大学
  • 2010 - 2012 The University of Tokyo
  • 2008 - 2010 The University of Tokyo
  • 2006 - 2008 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 修士(法学) (東京大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Kobe Gakuin University The Faculty of Law Department of Law
  • 2018/04 - 2020/03 Kobe-Ga The Faculty of Law Department of Law Lecturer
  • 2017/04 - 2018/03 東京大学大学院 法学政治学研究科附属ビジネスロー・比較法政研究センター 特任講師
  • 2016/10 - 2017/03 東京大学大学院 法学政治学研究科 助教
  • 2014/10 - 2016/09 ドイツ学術交流会 奨学生
Show all
Association Membership(s) (3):
法文化学会 ,  JAPAN LEGAL HISTORY ASSOCIATION ,  日独法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page