Rchr
J-GLOBAL ID:201601012368882102   Update date: Jan. 23, 2024

KAWAI Mina

カワイ ミナ | KAWAI Mina
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (2): Lifelong developmental nursing ,  Early childhood education and childcare
Research keywords  (6): キャリアアップ ,  職務継続支援 ,  保育士 ,  NICU ,  子育て支援 ,  小児看護学
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2023 - 2027 GCUのコットで過ごす子どものための”安静を助けるおくるみ” の開発と有効性の検証
  • 2019 - 2022 医療型重症心身障害児施設における保育士の職務継続支援や教育プログラムの検討
Papers (10):
  • 川合美奈, 内田千春. 医療型重症心身障害児入所施設の保育士が認識する業務内容と関連する感情 -楽しさ・やりがい、大変さ・困難さに着目して-. 保育学研究. 2023. 61. 2. 55-66
  • 佐鹿孝子, 久保恭子, 川合美奈, 箱石文恵, 藤沼小智子, 坂口由紀子, 宍戸路佳. 医療的ケア児と家族の社会生活とウェルビーイングを支える多職種連携の過程. 小児保健研究. 2020. 79. 5. 466-476
  • Learning Support for Active Learning in Pediatric Nursing. 2019. 29. 2. 27-36
  • 木浪智佳子, 明野伸次, 西村歌織, 畑江郁子, 川﨑ゆかり, 川合美奈. 看護学科における模擬患者参加型授業とOSCEの実施・評価(その2)-演習の運営-. 北海道医療大学学部学会誌. 2016. 12. 1. 79-85
  • 川合美奈, 三国久美, 佐鹿孝子. 父親の育児休業取得に関する文献検討. 北海道医療大学学部学会誌. 2015. 11. 1. 69-76
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • コットで過ごすNICU・GCUの子どもへのおくるみ使用に関する実態調査(第一報)- おくるみの使用場面と状況 -
    (第32回日本新生児看護学会学術集会 2023)
  • コットで過ごすNICU・GCUの子どもへのおくるみに使用に関する実態調査(第二報) -おくるみの使用の際に困ったこと、注意していること-
    (第32回日本新生児看護学会学術集会 2023)
  • コットで過ごすNICU・GCUの子どもへのおくるみ使用に関する実態調査(第一報)- おくるみの使用場面と状況 -
    (第32回日本新生児看護学会学術集会 2023)
  • 医療型重症心身障害児入所施設で勤務する保育士が認識する業務内容、遣り甲斐、困難感の特徴
    (日本保育学会 第75回大会 2022)
  • COVID-19流行による制限前後での児の入院生活の変化 -A病院小児腫瘍科に入院歴のある児と家族を対象として-
    (第23回日本子ども健康科学学会学術集会 2021)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page