Rchr
J-GLOBAL ID:201601013597578278   Update date: May. 16, 2021

Ishizuka Chisa

Ishizuka Chisa
Affiliation and department:
Research field  (1): International law
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2021 ICJにおける管轄権基礎と請求内容の関係
  • 2012 - 2015 Re-examining the proper division of roles between the science of constitutional law and other legal sciences
  • 2008 - 2010 ICJ管轄権の限界に関する研究-先決的抗弁手続と裁判所の司法政策の分析-
Papers (13):
  • 石塚 智佐. Compliance with Judgments of the International Court of Justice in Light of Recent Cases. 一橋法学. 2018. 17. 3. 625-640
  • 石塚 智佐. 国際司法裁判所と国際刑事裁判所 : 手続的観点からみた協働と補完 (特集 国際刑事法の現在). 法律時報. 2018. 90. 10. 41-46
  • 石塚智佐. 国際司法裁判所における近年の付託事件の多様化と管轄権審理-マーシャル諸島事件を中心に-. 国際法研究. 2018. 6. 76-97
  • 石塚智佐. 二国間条約に基づく国際司法裁判所の管轄権. 東洋法学. 2017. 60. 3. 87-110
  • 石塚智佐. 国際司法裁判所における原告適格拡大の論理構造-管轄権基礎からみた民衆訴訟の可能性. 2016. 35. 64-87
more...
MISC (3):
  • 石塚智佐. 国際司法裁判所におけるロヒンギャ問題. 『国際法学会エキスパート・コメント』. 2020. No.2020. 12
  • 石塚智佐. 国際司法裁判所 ジャダヴ事件(インド対パキスタン)(判決・2019年7月17日). 東洋法学. 2020. 63. 3. 209-236
  • 石塚智佐. 書評「東壽太郎・松田幹夫編著『国際社会における法と裁判』」. 日本国際連合学会編、『国連: 戦後70年の歩み、課題、展望(国連研究17)』. 2016. 277-281
Books (2):
  • 国際法の現在 : 変転する現代世界で法の可能性を問い直す
    日本評論社 2020 ISBN:9784535524811
  • 「法の支配」と国際機構-その過去・現在・未来
    国際書院 2013
Professional career (1):
  • 博士(法学) (一橋大学)
Committee career (1):
  • 2017/10 - 現在 アジア国際法学会日本協会 広報委員
Association Membership(s) (6):
Japan Association for United Nations Studies ,  American Society of Internatioinal Law ,  JAPANESE ASSOCIATION OF WORLD LAW ,  JAPANESE SOCIETY OF INTERNATIONAL LAW ,  アジア国際法学会日本協会 ,  国際人権法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page