Rchr
J-GLOBAL ID:201601013666396772   Update date: Oct. 14, 2020

Yamada Izumi

ヤマダ イズミ | Yamada Izumi
Affiliation and department:
Job title: Principal Scientist
Research field  (2): Agricultural and food economics ,  Agricultural sociology
Research keywords  (6): 人材育成 ,  農業教育 ,  農業経営 ,  農業経済学 ,  人的資源管理 ,  食育
Papers (16):
  • 山田 伊澄, 澤田 守, 納口 るり子. 生産品目の違いからみた農業法人における正社員の人材育成方策の効果の特徴と課題 -施設野菜に着目して-. 農林業問題研究. 2020. 56. 3. 109-116
  • Development of local revitalization activities using agricultural products: Focusing on the mediator's roles for improving “attractiveness”. 2015. 22. 3. 341-346
  • 山田 伊澄. オランダの施設園芸における農業者育成の現状と特徴. 農林業問題研究. 2014. 50. 1. 83-87
  • 片岡美喜, 高津英俊, 山田伊澄. 農業者による教育ファームの展開と活動の継続性に関する一考察. 農業経営研究. 2012. 50. 3. 72-77
  • 山田 伊澄. 農業小学校の継続性を規定する要因-運営協力者の選択型コンジョイント分析からの接近-. 関東東海農業経営研究. 2010. 100. 111-114
more...
MISC (14):
  • 山田 伊澄. 協働することで何が変わるのか-都市農村交流の再評価-. 農業と経済. 2010. 76. 9. 30-38
  • 山田 伊澄. 農業体験で子どもはどう変わるか. 児童心理. 2009. 8. 109-113
  • 山田 伊澄. 農業体験学習の教育的効果に関する実証分析. 農業および園芸別冊 農業・農村のエンタテインメントデザイン. 2009. 3-8
  • 山田 伊澄. 農業・農村の教育的機能を発揮するための農業体験学習の取り組み方法. ARIC情報. 2008. 89. 36-41
  • 山田 伊澄. 農業体験学習の教育的効果に関する実証分析. 農業および園芸. 2008. 83. 1. 73-78
more...
Books (4):
  • 農業体験学習の実証分析-教育的効果の向上と農村活性化をめざして-
    農林統計協会 2016
  • 担い手育成に向けた経営管理と支援手法
    農林統計協会 2011
  • 学校給食における地産地消と食育効果
    筑波書房 2010
  • 地域住民と農的空間
    農林統計協会 2002
Education (1):
  • 1993 - 1997 Kyoto University
Professional career (1):
  • 博士(農学) (京都大学)
Work history (7):
  • 2019/11 - 現在 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2016/04 - 2019/10 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2013/04 - 2016/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2009/04 - 2013/03 National Agriculture and Food Research Organization
  • 2006/04 - 2009/03 National Agriculture and Food Research Organization
Show all
Committee career (8):
  • 2020/06 - 現在 日本農業経営学会常任理事
  • 2020/06 - 現在 日本農業経済学会 理事
  • 2010/10 - 2020/10 地域農林経済学会理事
  • 2014/04 - 2016/09 日本農業経営学会常任理事
  • 2010/04 - 2012/06 日本農業経営学会常任理事
Show all
Awards (1):
  • 2017/09 - 日本農業経営学会 学術賞
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page