Rchr
J-GLOBAL ID:201601013775912454   Update date: Jul. 12, 2024

Tarasawa Kunio

タラサワ クニオ | Tarasawa Kunio
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.med.tohoku.ac.jp/laboratory/view/58
Research field  (1): Healthcare management, medical sociology
Research keywords  (6): 臨床疫学 ,  終末期医療 ,  在宅医療 ,  医療管理学 ,  診療情報管理 ,  医療政策
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2024 - 2028 他者から世話になる負担感(SPB)の経時的変化の解明と教育的介入の検証
  • 2024 - 2025 急性期入院医療における認知症の併存がもたらす臨床プロセス・アウトカムと病院管理への影響
  • 2022 - 2025 社会調査とレセプトを用いた中年独身者の幸福、孤独、健康、医療費に関する探索的研究
  • 2020 - 降下性縦隔炎の治療法構築と地域包括医療計画への提言:医療ビッグデータを用いた解析
  • 2019 - 在宅看取りに影響する同一地域病院の機能の解明:NDBレセプトと公開データ併用分析
Show all
Papers (69):
  • Mori Y, Tarasawa K, Tanaka H, Mori N, Fushimi K, Fujimori K, Aizawa T. Surgery on admission and following day reduces hip fracture complications: a Japanese DPC study. Journal of Bone and Mineral Metabolism. 2024
  • Mori Y, Tarasawa K, Tanaka H, Mori N, Fushimi K, Fujimori K, Aizawa T. Does total hip arthroplasty in elderly patients with femoral neck fractures reduce complications?: A Japanese DPC study. J Orthop Sci. 2024
  • たら澤邦男, 藤森研司, 千葉宏毅, 尾形倫明. 性別・年代別の違いに着目したがん患者の都道府県別在宅看取りと医療資源・医療活動との関連:National Databaseを用いた全国調査. 日本在宅医療連合学会誌. 2024. 5. 2. 10-18
  • 宮崎大輔, たら澤邦男, 伏見清秀, 藤森研司. 入院心不全患者を対象とした軽症例における救急車利用状況及び#7119導入効果の検討:DPCデータベースを利用した全国調査. 厚生の指標. 2024
  • Akaishi M, Tarasawa K, Akaishi T, Fushimi K, Fujimori K, et al. Risk Assessment of Critical Obstetric Bleeding With Low-Molecular-Weight Heparin. Cureus. 2024
more...
MISC (18):
  • 八田和久, たら澤邦男, 阿部寛子, 小池智幸, 藤森研司, 正宗淳. DPCデータベース研究の特徴と実際. 消化器内視鏡. 2023. 35. 12. 1779-1783
  • 井汲沙織, 志賀卓弥, 岩崎夢大, 海法悠, 高屋英知, たら澤邦男, 伊藤由希子, 藤森研司, 山内正憲. Cost-effectiveness analysis for intensive care unit management fees 1 and 2. 日本集中治療医学会学術集会(Web). 2023. 50th
  • 阿部 寛子, 八田 和久, たら澤 邦男, 尾形 洋平, 宇野 要, 浅野 直喜, 小池 智幸, 今谷 晃, 藤森 研司, 伏見 清秀, et al. 食道腫瘍に対する内視鏡診療の最前線 食道ESDにおけるP-CABの後出血抑制効果 propensity scoreを用いたデータベース解析. 日本食道学会学術集会プログラム・抄録集. 2021. 75回. 10-10
  • 阿部 寛子, 八田 和久, たら澤 邦男, 尾形 洋平, 齊藤 真弘, 菅野 武, 金 笑奕, 中川 健一郎, 宇野 要, 小池 智幸, et al. 胃十二指腸ESDにおけるP-CABの後出血予防効果 propensity scoreを用いたデータベース解析. 日本消化器病学会東北支部例会プログラム・抄録集. 2021. 210回. 45-45
  • 藤森研司, たら澤邦男. 電子レセプトによる速報システムの有用性と課題. 社会保険旬報. 2021. 2809. 30-34
more...
Books (2):
  • 臨床推論 チーム医療・チームケアのための実学
    朝倉書店 2016
  • メディカルフロントコンシェルジュ講座テキスト 医療保険制度
    ニチイ学館 2013
Lectures and oral presentations  (40):
  • DPC全国データを用いた 様式1の不明登録と施設単位の 緊急入院割合に関する実証研究
    (第50回日本診療情報管理学会 学術大会 2024)
  • 入退院を契機とした自宅または施設等 における高齢者の医療介護導入時の特徴 ~大規模DPCデータを用いた全国調査~
    (第6回日本在宅医療連合学会大会 2024)
  • 大規模医療介護データ分析による後期高齢者の患者像、療養場所、療養期間に関する研究
    (第26回日本医療マネジメント学会学術総会 2024)
  • 性・年代別の違いに着目したがん患者の都道府県別在宅看取りと医療資源・医療活動との関連:NDB集計データを用いた全国調査
    (日本医療・病院管理学会 2023)
  • DPC全国データを用いた様式1におけるデータの欠損または不明登録等の発生要因に関する研究
    (日本診療情報管理学会学術大会 2023)
more...
Education (1):
  • 2006 - 2011 東北大学大学院 医学系研究科 医科学専攻 社会医学講座 医療管理学分野修了(医学博士)
Professional career (1):
  • 博士(医学) (東北大学)
Work history (6):
  • 2024/04 - 現在 東北大学大学院, 医学系研究科・医学部 公共健康医学講座 医療管理学分野 准教授
  • 2020/11 - 2024/03 東北大学大学院 医学系研究科・医学部 公共健康医学講座 医療管理学分野 講師
  • 2016/10 - 2020/10 東北大学大学院 医学系研究科・医学部 公共健康医学講座 医療管理学分野 助教
  • 2013/04 - 2016/09 International University of Health and Welfare School of Health and Welfare, Department of Social Services and Healthcare Management
  • 2012/04 - 2016/09 International University of Health and Welfare Graduate School of Health and Welfare Sciences
Show all
Committee career (9):
  • 2023/05 - 現在 宮城県診療情報管理研究会 副会長(教育担当)
  • 2022/07 - 現在 日本診療情報管理士会 理事(東北ブロック担当)
  • 2022/01 - 現在 日本医療・病院管理学会 学術情報委員会 委員
  • 2022/01 - 現在 日本医療・病院管理学会 評議員
  • 2020/10 - 現在 日本診療情報管理士会 教育委員会 副委員長
Show all
Awards (7):
  • 2023/10 - 第36回日本サイコオンコロジー学会総会 【優秀賞】 進行がん患者が抱く「他者から世話になることの負担感(SPB)」の経時的変化に関する研究
  • 2022/09 - 日本診療情報管理学会 【論文奨励賞】 頚椎疾患における在院日数と診療点数への 影響要因に関する研究 -JOACMEQ 評価スコアと DPC 調査データとの関連性-
  • 2021/10 - 日本ヘルスコミュニケーション学会 【最優秀賞】 エンド・オブ・ライフケアに関わる専門職を対象としたコミュニケーション研修前後の会話変化と患者評価に関する研究
  • 2021/09 - 日本診療情報管理学会 【優秀論文賞】 SOFAスコアの不明登録および活用に関する評価 大規模DPCデータを用いたICUへの緊急入院患者の分析
  • 2020/08 - 第50回日本心臓血管外科学会学術総会 【優秀演題】 DPCデータベースに基づく急性A型大動脈解離を発症した高齢患者の早期成績と退院時ADL
Show all
Association Membership(s) (6):
日本在宅医療連合学会 ,  日本遠隔医療学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  JAPAN SOCIETY FOR HEALTH CARE MANAGEMENT ,  JAPAN SOCIETY OF HEALTH INFORMATION MANAGEMENT ,  JAPAN SOCIETY FOR HEALTHCARE ADMINISTRATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page