Rchr
J-GLOBAL ID:201601014320006176   Update date: Aug. 21, 2020

Katsuhiko Sakata

サカタ カツヒコ | Katsuhiko Sakata
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (5): 炭鉱 ,  ハンセン病 ,  地域社会学 ,  生活史 ,  福祉社会学
Papers (7):
  • Sakata Katsuhiko. Interplay of the realities on the occasion of coal mine closure: Considering the life-histories of people engaged in "clean up". Japan Sociologist. 2018. 3号. 145-165
  • 坂田 勝彦. Life Histories of Former Coalminers Those Who Left Coal Field Area : Focus on Their Practice to Rebuild Everyday Lives and Self-identities. 日本オーラル・ヒストリー研究 = Japan oral history review. 2017. 13. 111-127
  • 坂田 勝彦. 炭鉱閉山を巡る地域社会のポリティクス : 佐賀県杵島郡大町町の事例から. 参加と批評. 2016. 10. 129-144
  • 溝尻 真也, 坂田 勝彦, 伊藤 昌亮. 「被災」を見つめなおすストーリーテリング実践 : メディア・コンテいわき実践報告. 愛知淑徳大学アクティブラーニング. 2011. 5. 25-39
  • Sakata Katsuhiko. How have Hansen's Disease Sufferers Constructed the Reality of Their Everyday Lives Amidst Social Change in Postwar Japan ? : From the Furusato No Mori Movement at the Urban Sanatorium. Japanese sociological review. 2009. 59. 4. 769-786
more...
MISC (8):
  • 坂田 勝彦. 書評 有薗真代著『ハンセン病療養所を生きる-隔離壁を砦に』世界思想社,2017. 『図書新聞』. 2017. 3329号
  • 坂田 勝彦. 書評 矢野亮著『しかし,誰が,どのように,分配してきたのか : 同和政策・地域有力者・都市大阪』. 福祉社会学研究 = Journal of welfare sociology. 2017. 14. 198-202
  • 坂田 勝彦. 書評 青山陽子著『病いの共同体 -ハンセン病療養所における患者文化の生成と変容』(新曜社 、2014年). 図書新聞. 2016
  • 時岡 新, 藤崎 宏子, 坂田 勝彦. 書評セッション 副田義也著『福祉社会学の挑戦 : 貧困・介護・癒しから考える』. 参加と批評. 2014. 8. 129-204
  • 佐藤 健太, 谷岡 美穂, 小鹿 美佐雄, 西村 峰龍, 坂田 勝彦. ハンセン病文学と読書会の可能性 (いのちの証を見極める) -- (分科会(群馬 草津)). ハンセン病市民学会年報. 2014. 134-174
more...
Books (7):
  • 『排除と差別の社会学[新版]』
    有斐閣 2016 ISBN:9784641281400
  • 『苦悩とケアの人類学ー-サファリングは創造性の源泉になりうるか』
    世界思想社 2015
  • 『人の移動事典』
    丸善出版 2013
  • 『グローカル時代の社会学-社会学で読み解く現代社会の様相』
    みらい 2013
  • ハンセン病者の生活史 : 隔離経験を生きるということ
    青弓社 2012 ISBN:9784787233394
more...
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 Higashinippon International University
  • 2016/04 - 現在 Higashinippon International University
  • 2010/04 - 2016/03 Higashinippon International University School of Social and Environmental Service
Association Membership(s) (6):
JAPAN ORAL HISTORY ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF HEALTH AND MEDICAL SOCIOLOGY ,  JAPAN WELFARE SOCIOLOGY ASSOCIATION ,  障害学会 ,  THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page