Rchr
J-GLOBAL ID:201601014407079820   Update date: Aug. 30, 2022

KAKUMOTO Kazumasa

カクモト カズマサ | KAKUMOTO Kazumasa
Affiliation and department:
Research field  (2): New fields in law ,  Civil law
Research keywords  (9): ブロックチェーン ,  スマートシティ ,  人工知能 ,  プライバシー ,  仮想財産 ,  インターネット ,  アメリカ法 ,  中国法 ,  アジア法
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 不法行為法における「違法性」要件の意義再考:AI時代の到来を契機として
  • 2020 - 2023 新型コロナウィルス問題対応の法制度論的(法政策論的)考察
Papers (12):
  • 角本 和理. Society 5.0における民事上の監督義務者の責任に関する基礎的考察ーーICTサービス事業者の(準)監督義務者該当性の検討を中心に. 藤原正則・池田清治・曽野裕夫・遠山純弘・林誠司(編)『時効・民事法制度の新展開 松久三四彦先生古稀記念』(信山社). 2022. 273-297
  • Kakumoto Kazumasa. Theory of Privacy in a Cyber Age (7). The Hokkaido Law Review. 2020. 71. 4. 326-242
  • Kazumasa Kakumoto. Theory of Privacy in a Cyber Age (6). The Hokkaido Law Review. 2018. 69. 4. 1-56
  • Kakumoto Kazumasa. Theory of Privacy in a Cyber Age (5). The Hokkaido Law Review. 2018. 69. 2. 75-146
  • Kazumasa Kakumoto. Theory of Privacy in a Cyber Age(4). The Hokkaido Law Review. 2018. 68. 5. 1087-1154
more...
MISC (7):
  • 角本 和理. 論文紹介「データセキュリティの不当利得理論 Lior Jacob Strahilevitz, Data Security’s Unjust Enrichment Theory, 87 U. CHI. L. REV. 2477-2491(2020)」. アメリカ法. 2022. 2021. 2. 297-301
  • 梅田 昌彦, 角本 和理, 塩見 康博, 瀬戸 寿一, 鐘ヶ江 秀彦. シンポジウム「大阪府・市が提案する大阪市のスーパーシティ構想と近未来におけるスーパーシティの都市社会の課題」. 日本不動産学会誌. 2022. 36. 1. 4-20
  • 角本 和理. ロボット型検索エンジンと私法上のプライバシー : 違法性判断における「被侵害利益優越の明白性」に着目して(最三小決平成29年1月31日民集71巻1号63頁). 末川民事法研究. 2020. 6. 91-107
  • 角本 和理. サイバー社会における私法上のプライバシー・自己決定の保護に関する一考察. 私法. 2019. 81. 136-143
  • 角本 和理. The Review of the Japanese Civil Law Scholarship and its Sudden Change with Some Future Hope : In Pursuit of "Civil Law Theory". 北大法学論集. 2019. 70. 2. 204-173
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • XR・オープンメタバース上のオブジェクトの物権的保護の可能性と課題 --法主体のモノに対する愛着と、人役権の機能に着目して--
    (日本知財学会 20 周年記念 コンテンツ・マネジメント分科会連続研究会 第三回「XRオブジェクトの知的財産法上の保護」 2022)
  • 不法行為法の目的を「尊厳の保障」に求めるということーー私法上の人間像の変遷を踏まえて
    (北海道大学法学部民事法研究会 2022)
  • 社会的共通資本としてのスーパーシティと私法上の自律・プライバシー
    (日本不動産学会秋季全国大会シンポジウム「大阪府・市が提案する大阪市のスーパーシティ構想と近未来におけるスーパーシティの都市社会の課題」 2021)
  • データ資本主義社会における「人」「物」概念の「交錯」と「転生」
    (民法学研究会(生と死の法) 2020)
  • ロボット型検索エンジンと私法上のプライバシー -- 違法性判断における「被侵害権益優越の明白性」に着目して(最三小決平成29年1月31日民集71巻1号63頁)
    (末川民事法研究会 2019)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 北海道大学 大学院 博士後期課程
  • 2011 - 2013 北海道大学 大学院 修士課程
  • 2007 - 2011 Ritsumeikan University Department of Law
Professional career (1):
  • 博士(法学) (北海道大学)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Ritsumeikan University College of Policy Science
  • 2016/04 - 2017/03 Hokkaido University Graduate School of Law
Association Membership(s) (1):
JAPAN ASSOCIATION OF PRIVATE LAW
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page