Rchr
J-GLOBAL ID:201601014407079820   Update date: Dec. 16, 2020

KAKUMOTO Kazumasa

カクモト カズマサ | KAKUMOTO Kazumasa
Affiliation and department:
Research field  (2): New fields in law ,  Civil law
Research keywords  (10): ブロックチェーン ,  スーパーシティ ,  スマートシティ ,  人工知能 ,  プライバシー ,  仮想財産 ,  インターネット ,  アメリカ法 ,  中国法 ,  アジア法
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2024 不法行為法における「違法性」要件の意義再考:AI時代の到来を契機として
Papers (11):
  • Kakumoto Kazumasa. Theory of Privacy in a Cyber Age (7). The Hokkaido Law Review. 2020. 71. 4. 326-242
  • Kazumasa Kakumoto. Theory of Privacy in a Cyber Age (6). The Hokkaido Law Review. 2018. 69. 4. 1-56
  • Kakumoto Kazumasa. Theory of Privacy in a Cyber Age (5). The Hokkaido Law Review. 2018. 69. 2. 75-146
  • Kazumasa Kakumoto. Theory of Privacy in a Cyber Age(4). The Hokkaido Law Review. 2018. 68. 5. 1087-1154
  • 角本 和理. The Significance and Limitations of Multicultural Interpretation and Operation of the Seal Requirement for Valid Will. 政策科学 = Policy science. 2017. 25. 1. 33-42
more...
MISC (5):
  • 角本和理. ロボット型検索エンジンと私法上のプライバシー : 違法性判断における「被侵害利益優越の明白性」に着目して(最三小決平成29年1月31日民集71巻1号63頁). 末川民事法研究. 2020. 6. 91-107
  • 角本和理. サイバー社会における私法上のプライバシー・自己決定の保護に関する一考察. 私法. 2019. 81. 136-143
  • 角本 和理. The Review of the Japanese Civil Law Scholarship and its Sudden Change with Some Future Hope : In Pursuit of "Civil Law Theory". 北大法学論集. 2019. 70. 2. 204-173
  • John Torpey, Kunihiko Yoshida, Kazumasa Kakumoto. The Political Field of Reparations. The Hokkaido Law Review. 2016. 66. 5. 1361-1381
  • Kazumasa Kakumoto. Note on Civil Law Case. The Hokkaido Law Review. 2015. 66. 1. 126-97
Lectures and oral presentations  (8):
  • データ資本主義社会における「人」「物」概念の「交錯」と「転生」
    (民法学研究会(生と死の法) 2020)
  • ロボット型検索エンジンと私法上のプライバシー -- 違法性判断における「被侵害権益優越の明白性」に着目して(最三小決平成29年1月31日民集71巻1号63頁)
    (末川民事法研究会 2019)
  • 合評会コメント:飯國芳明ほか編『土地所有権の空洞化』(ナカニシヤ出版、2018)第15章〔呉宋謀 執筆部分〕
    (森林所有権制度研究会 2019)
  • AI, Torts, and Social Security----"Comprehensive Compensation Scheme" in the Age of AI
    (Welfare and social governance in East Asia China-Japan Symposium 2018)
  • サイバー社会における私法上のプライバシー・自己決定の保護に関する一考察--アメリカの議論を参考に
    (日本私法学会第82回大会 個別報告 2018)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 北海道大学大学院 博士後期課程
  • 2011 - 2013 北海道大学大学院 修士課程
  • 2007 - 2011 Ritsumeikan University Department of Law
Professional career (1):
  • 博士(法学) (北海道大学)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Ritsumeikan University College of Policy Science
  • 2016/04 - 2017/03 Hokkaido University Graduate School of Law
Association Membership(s) (1):
JAPAN ASSOCIATION OF PRIVATE LAW
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page