Rchr
J-GLOBAL ID:201601016243254717   Update date: Jun. 14, 2021

Matsunami Tomoko

マツナミ トモコ | Matsunami Tomoko
Affiliation and department:
Job title: 嘱託研究員
Research field  (3): Educational psychology ,  Social psychology ,  Gender studies
Research keywords  (4): carrer ,  narsiccism ,  DV ,  gender psychology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 児童養護施設入所児童を対象とした子ども間の性暴力予防プログラムの開発と効果検証
  • 2016 - 2020 アクティブラーニングを導入したデートDV予防・介入教育プログラムの開発と効果検証
  • 2017 - 2018 養護教諭が行う健康相談や保健指導に活かせるデートDV予防教育プログラムの開発~依存的恋愛観の観点から~
Papers (28):
more...
MISC (3):
  • 池本良子, 長谷部徳子, 都野展子, 小藤塁美子, 柿川真紀子, 石丸総子, 中木原江利, 阿部眞由美, 松並知子, 糸野妙子. 女子生徒の理工系選択に関する意識調査及び選択支援の効果. 平成21年度財)いしかわ女性基金調査研究委託事業報告書. 2009
  • 松並知子. ワークライフバランスと地域社会〜男女共同参画社会の視点から〜. 地域経済ニュースレター. 2009. 84. 9-11
  • 松並知子. 「カウンセリングと問い」に参加して. 「臨床哲学のメチエ」(大阪大学臨床哲学研究室). 2001. 10. 9-11
Books (9):
  • 今日からできるデートDV予防授業~青少年のための暴力防止プログラム(VPA)
    2020
  • 中学・高校教師になるための教育心理学
    有斐閣選書 2020
  • 学びを人生へつなげる家族心理学
    保育出版社 2017
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー〜現代を生きるための12の実践〜
    ミネルヴァ書房 2016
  • アジアのなかのジェンダー(改訂版)
    ミネルヴァ書房 2015
more...
Lectures and oral presentations  (66):
  • 大学における公正(equity)の追求と大学評価・IR(institutional research)活動のあり方
    (心理科学研究春集会 2021)
  • 高校生を対象としたデートDV予防・防止教育プログラムの効果検証と効果の維持
    (日本トラウマティック・ストレス学会第19回大会 2020)
  • 高校生対象の2年間にわたる暴力防止プログラムの効果
    (日本教育心理学会第62回総会 2020)
  • デートDVにおける被害観と加害観の差異
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 稼ぎたい・稼げるという意識をもつためには?~稼得意識と自立、人生への満足度との関連~
    (日本教育心理学会第62回総会 2020)
more...
Works (2):
  • 平成22年度金沢大学キャリアデザインラボラトリー報告書
    2010 -
  • 平成21年度金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー報告書
    2009 -
Education (2):
  • 2002 - 2006 大阪大学大学院博士後期課程 言語文化研究科
  • 1998 - 2000 大阪大学大学院博士前期課程 人間科学研究科
Professional career (2):
  • 博士(言語文化学) (大阪大学)
  • 修士(人間科学) (大阪大学)
Work history (11):
  • 2020/09 - 現在 同志社大学大学院 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 Kobe Shoin Women's University
  • 2019/09 - 現在 Ritsumeikan University
  • 2012/04 - 現在 Otemae University
  • 2012/04 - 現在 Mukogawa Women's University
Show all
Committee career (5):
  • 2021/04 - 現在 川西市 男女共同参画審議会委員
  • 2009/09 - 現在 日本ジェンダー学会 理事
  • 2008/01 - 現在 日本心理学会ジェンダー研究会 事務局
  • 2015/11 - 2016/12 伊丹市 男女共同参画審議会委員
  • 2011/07 - 2013/06 吹田市 男女共同参画審議会委員
Association Membership(s) (5):
JAPANESE ASSOCIATION OF HEALTH CONSULTATION ACTIVITY ,  JAPAN SOCIETY FOR GENDER STUDIES ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page