Rchr
J-GLOBAL ID:201601016724731543   Update date: Sep. 08, 2021

Nishie Hitonaru

ニシエ ヒトナル | Nishie Hitonaru
Affiliation and department:
Job title: 日本学術振興会特別研究員(RPD)
Research field  (7): Sociology/history of science and technology ,  Cultural anthropology and folklore ,  Sociology ,  Sociology ,  Ecology and environmental science ,  Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Physical anthropology
Research keywords  (13): エスノグラフィ ,  Africa ,  Tanzania ,  Society ,  Communication ,  Culture ,  Primates ,  Chimpanzee ,  Anthropology ,  Interaction studies ,  Biology ,  Sociology ,  Primatology
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2023 チンパンジーのエスノグラフィの理論と実践
  • 2017 - 2020 対面相互行為分析による野生チンパンジー社会のエスノメソッドの解明
  • 2014 - 2017 野生チンパンジーの社会的相互行為の諸形式とその発達過程
  • 2012 - 2013 野生チンパンジーの文化的行動の発達過程
  • 2011 - 2012 野生チンパンジーの文化的行動の発達過程と集団間比較
Papers (21):
more...
MISC (4):
Books (11):
  • 隣のボノボ : 集団どうしが出会うとき
    京都大学学術出版会 2021 ISBN:9784814003365
  • 武器を持たないチョウの戦い方 : ライバルの見えない世界で
    京都大学学術出版会 2021 ISBN:9784814003372
  • キリンの保育園 : タンザニアでみつめた彼らの仔育て
    京都大学学術出版会 2021 ISBN:9784814003334
  • 研究者の子育て
    日本の研究者出版 2020
  • 極限 : 人類社会の進化
    京都大学学術出版会 2020 ISBN:9784814002542
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • チンパンジーの/と共に環境を探索する
    (京都人類学研究会8月季節例会 2021)
  • 【対談】サカマキコミ#3
    (2021年マキコミヤの祭り 2021)
  • チンパンジーが食べるアリを食べてみる:野生チンパンジー研究者のオートエスノグラフィ
    (日本文化人類学会第55回研究大会 2021)
  • 異種間インタラクションとしての<参与=観察>:チンパンジーの観察現場における異種混淆的な知の創出過程を記述する
    (コミュニケーションの自然誌研究会 2021)
  • Chimpanzees never die, they just fade away: Chimpanzee thanatology revisited.
    (2019)
more...
Education (4):
  • 2003 - 2009 Kyoto University Division of Biological Sciences
  • 2001 - 2003 Kyoto University Division of Biological Sciences
  • 1995 - 2001 Kyoto University Faculty of Science
  • 1992 - 1995 国立広島大学附属福山高等学校
Professional career (1):
  • 博士(理学) (京都大学)
Work history (13):
  • 2021/04 - 現在 Ryukoku University Faculty of International Studies
  • 2020/10 - 現在 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2020/04 - 現在 Kyoto University Graduate School of Asian and African Area Studies
  • 2009/04 - 現在 Tokyo University of Foreign Studies Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa
  • 2017/07 - 2020/09 Japan Society for the Promotion of Science
Show all
Awards (1):
  • 2007/09 - 日本質的心理学会 優秀表現奨励賞 チンパンジーはどのようにして「学ぶ」のか-道具使用場面における相互行為分析からみたチンパンジーの「こころ」と社会性
Association Membership(s) (6):
THE ANTHROPOLOGICAL SOCIETY OF NIPPON ,  International Primatological Society ,  The Society for Ecological Anthropology ,  JAPANESE ASSOCIATION OF QUALITATIVE PSYCHOLOGY ,  PRIMATE SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page