Rchr
J-GLOBAL ID:201601017799623343   Update date: Sep. 11, 2020

Iwanaga Ko

イワナガ コウ | Iwanaga Ko
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Other affiliations (1):
  • キャリア支援センター  センター長
Research field  (1): Social welfare
Research keywords  (3): いきいき・ふれあいサロン ,  ソーシャルサポート ,  独居高齢者
Papers (10):
  • Ko Iwanaga, Nobuhiko Nakano, Mustumi Ogawa. A Study of Change in the Fureai-ikiiki Salons Usage State - Based on Results of the Mail Survey to Representatives -. Kyushu Journal of Social Welfare. 2018. 14. 81-90
  • Ko Iwanaga, Yoshinobu SATO, Nobuhiko NAKANO, Hidenori IWANAGA, Norio MURAOKA, Mutsumi OGAWA, Mayumi HAYASHIDA, Akira HARA. Regional Characteristics of Effect of Fureai-ikiiki Salons : Findings of the Survey of among Supporters. Bulletin of the Research Institute of Reginal Area Study Nagasaki Wesleyan Universty. 2018. 14. 1. 9-16
  • 岩永耕. 独居高齢者のごみ出しに関する質的考察 ~ソーシャルサポートに着目して~. 長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要. 2017. (15巻). 15-22
  • 岩永耕. 独居高齢女性の買い物行動の実態とその要因 -買い物への親族サポートに着目して-. 臨床福祉ジャーナル. 2016. (13号)
  • 岩永耕, 横山奈緒枝. 独居高齢女性のサポートの変容に関する質的考察 ~コンボイに着目して~. 長崎ウエスレヤン大学現代社会学部紀要. 2016. (14号). 21-32
more...
Books (1):
  • 第2版 21世紀の現代社会福祉用語辞典
    学文社 2019
Lectures and oral presentations  (6):
  • ふれあい・いきいきサロン利用後の近隣との交流の変化
    (日本社会福祉学会九州部会大会第59回研究大会 自由研究発表 2018)
  • 担い手が考えるふれあい・いきいきサロンの効果や課題
    (日本社会福祉学会第65回秋季大会 口頭発表 2017)
  • 住民が主体のまちづくり ~防減災まち歩き事業の紹介から
    (国際学術交流セミナー(慶北大学・長崎ウエスレヤン大学共催) 2017)
  • いきいきサロン参加による高齢者の変化とその要因
    (日本地域福祉学会 第31回大会 自由研究発表 2017)
  • いきいきサロンの利用状況の変化とその要因
    (日本社会福祉学会九州部会大会第58回研究大会 自由研究発表 2017)
more...
Professional career (1):
  • 博士(社会福祉学) (九州保健福祉大学大学院博士課程)
Committee career (1):
  • 2019/11 - 2020/02 波佐見町社会福祉協議会 波佐見町災害ボランティアセンター運営マニュアルに関する有識者会議 オブザーバー
Association Membership(s) (4):
日本社会福祉士会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WORK ,  JAPANESE RESEARCH ASSOCIATION FOR COMMUNITY DEVELOPMENT ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page