Rchr
J-GLOBAL ID:201601019074292042   Update date: Apr. 11, 2021

Ryoichi Onoda

オノダ リョウイチ | Ryoichi Onoda
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://onoda-ryoichi.jimdo.com/
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (16): 信頼 ,  社会的交換 ,  集団心理 ,  社会心理学 ,  適応 ,  社会系心理学 ,  ゲーム理論 ,  社会的相互作用 ,  進化ゲーム理論 ,  集団 ,  間接互恵性 ,  社会的ジレンマ ,  内集団ひいき ,  一般交換 ,  協力行動 ,  利他行動
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 punishment to solve social dilemmas causes chain of intergroup retaliation
  • 2010 - 2013 内集団ひいき行動の適応的基盤 -理論的研究と実証的研究を用いた検討-
Papers (5):
  • How do the estimated motives of punishers affect their reputation? An examination using multiple punishment types. The Japanese Society of Social Psychology. 2021. 36. 3. 96-103
  • Ryoichi Onoda, Nobuyuki Takahashi. The characteristics of altruistic behavior that can sustain generalized exchange in a society composed of two groups. Shinrigaku Kenkyu. 2016. 87. 3. 240-250
  • Takahashi, N, Hatano, A, Inaba, M, Onoda, R, Simunovic, D. Social learning, trial-and-error, and creativity. Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans. Vol.2. Cognition and Physical Perspectives. Replacement of Neanderthals by Modern Humans series No.2. 2014
  • Ryoichi Onoda, Nobuyuki Takahashi. 内集団ひいき行動の適応的基盤:進化シミュレーションを用いた検討. The Japanese Society of Social Psychology. 2013. 29. 2. 64-74
  • Ryoichi Onoda, Yoshie Matsumoto, Nobuyuki Takahashi. -. CENTER FOR EXPERIMENTAL RESEARCH IN SOCIAL SCIENCES, Working Paper Series. 2009. 92
Lectures and oral presentations  (35):
  • どのようなサンクション行使者が好まれるのか?-複数の選択肢がある状況における検討-
    (日本社会心理学会第59回大会 2018)
  • Does trust beget trustworthiness?: The effect of trusting intention on trustworthiness of the partner
    (the 17th International Conference on Social Dilemmas 2017)
  • 内集団をひいきすることによる一般交換の成立機序
    (日本人間行動進化学会第9回大会 2016)
  • 2つの集団で構成される社会で一般交換を維持させる利他行動の特徴 -2-
    (日本社会心理学会第57回大会 2016)
  • 差別行動による均衡が崩壊する条件
    (日本社会心理学会第56回大会 2015)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2016 北海道大学大学院 人間システム科学 博士後期課程
  • 2008 - 2010 北海道大学大学院 人間システム科学 博士前期課程
  • 2004 - 2008 Shukutoku University
Professional career (2):
  • 博士(文学) (北海道大学)
  • 修士(文学) (北海道大学)
Work history (7):
  • 2018/04 - 現在 Daito Bunka University Faculty of Sociology, Department of Sociology
  • 2016/08 - 2018/03 北海道大学大学院 文学研究科 専門研究員
  • 2014/04 - 2018/03 学校法人札幌大学 非常勤講師(講義名:消費行動の心理学)
  • 2013/04 - 2018/03 学校法人西野学園 非常勤講師(講義名:社会学)
  • 2013/04 - 2014/03 卓越した大学院拠点 RA
Show all
Awards (3):
  • 2014/11 - 日本人間行動進化学会第7回大会 旅費援助
  • 2010/02 - 北海道大学大学院文学研究科大学院教育改革支援プログラム 「人文科学における実証的研究者の育成拠点」第5回院生ポスター発表会 最優秀賞・総合賞
  • 2009/02 - 北海道大学大学院文学研究科 大学院教育改革支援プログラム 「人文科学における実証的研究者の育成拠点」第3回院生ポスター発表会 研究奨励賞
Association Membership(s) (4):
Human Behavior & Evolution Society of Japan ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE GROUP DYNAMICS ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY OF SOCIAL PSYCHOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page