Rchr
J-GLOBAL ID:201601019298984543   Update date: Aug. 01, 2021

Tsubakihara Atsuko

ツバキハラ アツコ | Tsubakihara Atsuko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (4): グローバリゼーション ,  宗教 ,  イラン ,  都市
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2017 - 2020 イランにおける「宗教」の社会的布置の変化に関する人類学的研究
  • 2014 - 2015 現代イランにおける儀礼を通じた倫理的主体形成の人類学的研究-マッダーフの役割に着目して
Papers (9):
  • TSUBAKIHARA Atsuko. Being Both Traditional and Modern: A Consideration for Social Spaces of Iranian Popular Music. 2019. 21. 171-183
  • 椿原 敦子. Vicarious Politics in Transnational Social Movements in the Case of Protests by Iranians in Los Angeles. コンタクト・ゾーン = Contact zone. 2015. 7. 83-108
  • 椿原 敦子. 現代イランにおける儀礼を通じた倫理的主体形成の人類学的研究-マッダーフの役割に着目して. 公益財団法人 三島海雲記念財団 研究報告書. 2015. 51
  • 椿原 敦子. 在外イラン人コミュニティにおけるイラン映画:「イラン映画」と「イラン系映画」の交錯をめぐって. 革命後イランにおける映画と社会. 2014
  • Tsubakihara Atsuko. Putting "Tehrangeles" on the Map : A Consideration of Space and Place for Migrants. 国立民族学博物館研究報告. 2013. 37. 3. 331-357
more...
MISC (2):
  • 事典項目「(コラム)現代イランの音楽事情」「追悼儀礼 イランの宗教儀礼の現代的展開」. 中東・オリエント文化事典. 2020
  • 椿原 敦子. 書評『<移動社会>のなかのイスラーム』. 季刊民族学. 2018. 166. 102-103
Books (7):
  • 中東・イスラーム世界への30の扉
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623091782
  • グローバル都市を生きる人々--イラン人ディアスポラの民族誌
    春風社 2018 ISBN:9784861106309
  • 『サトコとナダ』から考えるイスラム入門
    講談社 2018 ISBN:9784065144770
  • 大学生・社会人のためのイスラーム講座
    ナカニシヤ出版 2018 ISBN:9784779513312
  • 中東世界の音楽文化-うまれかわる伝統
    スタイルノート 2016 ISBN:4799801546
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • ムスリムの暮らし、ムスリムとの暮らし~おもてなしから共生へ
    (龍谷大学「現代的課題と建学の精神プログラム」第5回 2021)
  • 無我の共同体:イラン・テヘラン市における追悼儀礼のトポロジー
    (日本文化人類学会第55回研究大会 2021)
  • 自然と人間の関係をめぐる人類学の動向
    (森のある大学 龍谷大学里山学研究センター 第1回公開研究会 2020)
  • Blooming Rose in Between: Manufacturing Iranian Beauty In Japanese Ceramic Industry
    (Neither Near Nor Far: Encounters and Exchanges between Japan and the Middle East 2019)
  • Blooming Rose in Between: Ceramic Production in Japan as a Process of Cultural Translation
    (Perspective on Material Culture and Middle Eastern Turn 2019)
more...
Education (3):
  • 2006 - 2013 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程
  • 2004 - 2006 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士前期課程
  • 1994 - 1998 Osaka University of Foreign Studies Department of Area Studies
Professional career (1):
  • 博士 (人間科学)
Work history (6):
  • 2015/09 - 2016/03 Setsunan University Faculty of Foreign Studies
  • 2013/04 - 2016/03 National Museum of Ethnology
  • 2014/04 - 2015/09 Ryukoku University Faculty of Sociology
  • 2013/04 - 2015/09 Wakayama Medical University School of Health and Nursing Science
  • 2010/09 - 2011/03 California State University, Northridge Visiting researcher
Show all
Association Membership(s) (4):
KANSAI SOCIOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF RELIGION AND SOCIETY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR MIDDLE EAST STUDIES ,  THE JAPANESE SOCIETY OF CULTURAL ANTHROPOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page