Rchr
J-GLOBAL ID:201601019304629416   Update date: Sep. 15, 2020

Miwa Hirofumi

ミワ ヒロフミ | Miwa Hirofumi
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/site/miwahirofumi/
Research field  (1): Politics
Research keywords  (4): election ,  ideology ,  voting behavior ,  public opinion
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2025 政治的ジェンダーバイアスの包括的研究
  • 2020 - 2024 自然言語処理技術を用いた日英仏議会テキスト解析による国会の特質・変則性の解明
  • 2019 - 2024 日本から世界への「行動政治学」の発信:オンライン実験による非合理的政治行動の研究
  • 2018 - 2021 多様な政治的アクターの理想点推定と現代日本におけるイデオロギーの役割の多角的検証
  • 2016 - 2018 信念体系の形成過程--右翼的権威主義・社会的支配傾向・政治的社会化
Show all
Papers (10):
  • Hirofumi Miwa, Musashi Happo, Kaho Odaka. Are Voters Less Persuaded by Female Than by Male Politicians’ Statements? A Survey Experiment in Japan. Journal of Elections, Public Opinion and Parties. 2020
  • Tomoki Kaneko, Taka-aki Asano, Hirofumi Miwa. Estimating Ideal Points of Newspapers from Editorial Texts. International Journal of Press/Politics. 2020
  • Hirofumi Miwa. Value Preferences and Structures among Japanese Voters and Political Candidates. Japanese Political Science Review. 2018. 4. 61-85
  • Hirofumi Miwa. Can Reshuffles Improve Government Popularity? Evidence from a ‘Pooling the Polls’ Analysis. Public Opinion Quarterly. 2018. 82. 2. 322-342
  • Kentaro Fukumoto, Hirofumi Miwa. Share the Name, Share the Vote: A Natural Experiment of Name Recognition. Journal of Politics. 2018. 80. 2. 726-730
more...
MISC (11):
  • Yoshikuni Ono, Hirofumi Miwa. Gender Differences in Campaigning under Alternative Voting Systems: Evidence from a Quantitative Text Analysis of Election Manifestos in Japan. RIETI Discussion Paper Series. 2020. 20-E-034
  • 野中 尚人, 久保山 哲二, 三輪 洋文. 地方議会審議記録の電子データ整備と政治分析への応用. 学習院大学計算機センター年報. 2020. 40. 48-52
  • 三輪 洋文. 書評 今井耕介著(粕谷祐子・原田勝孝・久保浩樹訳)『社会科学のためのデータ分析入門』(上)・(下). 公共選択. 2019. 71. 168-172
  • 三輪 洋文. 書評 第一人者による17年間にわたるネット選挙研究の集大成[岡本哲和著『日本のネット選挙 : 黎明期から18歳選挙権時代まで』]. レヴァイアサン. 2018. 63. 142-145
  • 三輪 洋文. 書評 太郎丸博編『後期近代と価値意識の変容--日本人の意識1973-2008』. 社会と調査. 2018. 20. 108-108
more...
Lectures and oral presentations  (36):
  • Who Shares Ideological Belief Systems with Political Elites? A Mixture Model-Based Approach
    (東大社研政治学オンラインワークショップ 2020)
  • 動的線形モデルによる憲法意識の変遷の分析
    (日本政治学会2019年度研究大会 2019)
  • What Does Partisanship Mean for Voters? A Comparative Study
    (実験実施「前」公開研究集会 2019)
  • 日本の最高裁裁判官のイデオロギー位置の推定
    (日本選挙学会2019年度研究会 2019)
  • 雑誌記事索引を用いたイデオロギー位置の推定とその政治コミュニケーション研究への応用
    (戦前戦後・比較政治史研究/現代政治過程研究フォーラム2019年度春季研究会 2019)
more...
Education (4):
  • 2013 - 2018 The University of Tokyo Doctoral Program, School of Legal and Political Studies
  • 2011 - 2013 The University of Tokyo Master's Program, School of Legal and Political Studies
  • 2008 - 2011 The Univerisity of Tokyo Political Science Course
  • 2006 - 2008 The University of Tokyo Humanities and Social Sciences I
Professional career (1):
  • Ph.D. in political science (University of Tokyo)
Work history (2):
  • 2016/04 - 現在 Gakushuin University Faculty of Law, Department of Political Studies
  • 2013/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
Committee career (2):
  • 2018/05 - 現在 日本選挙学会 事務局幹事
  • 2019/05 - 2020/09 日本選挙学会 2020年度企画委員
Awards (5):
  • 2020/05 - 日本選挙学会 2019年度日本選挙学会賞 優秀報告 日本の最高裁裁判官のイデオロギー位置の推定
  • 2018/09 - 東京大学大学院法学政治学研究科 博士(法学)特別優秀賞 現代日本の有権者とイデオロギー
  • 2018/05 - 日本選挙学会 2017年度日本選挙学会賞 優秀報告 混合分布潜在変数モデルによる信念体系の不均質性の析出
  • 2018/05 - 日本選挙学会 2017年度日本選挙学会賞 優秀論文 Twitterデータによる日本の政治家・言論人・政党・メディアのイデオロギー位置の推定
  • 2015/02 - 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター SSJデータアーカイブ優秀論文表彰 現代日本における争点態度のイデオロギー的一貫性と政治的洗練--Converseの呪縛を超えて
Association Membership(s) (2):
JAPANESE ASSOCIATION OF ELECTORAL STUDIES ,  JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page