Rchr
J-GLOBAL ID:201701000293594504   Update date: May. 21, 2021

Mori Masato

モウリ マサト | Mori Masato
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (2): Accounting ,  Business administration
Research keywords  (11): Corporate Analysis ,  Accounting Fraud ,  Holding Companies ,  Corporate Group Management ,  Non-executive Independent Directors ,  Audit & Supervisory Board (Kansayaku-kai) ,  Audit Committee ,  Corporate Governance ,  Overseas Subsidiary Management ,  GRC(Governance, Risk & Compliance) ,  Internal Audit
Papers (4):
  • 毛利 正人. 日本企業のグローバル化と海外子会社に対するガバナンスのあり方について. 月刊監査役 : 日本監査役協会 日本監査役協会設立40周年記念懸賞論文. 2014. 631
  • 毛利 正人, 三好 直樹. グローバル経営における不正の早期発見・迅速な報告体制 : グローバル内部通報制度と緊急報告体制 (特集 不正を検知する). 企業リスク. 2012. 9. 3. 20-27
  • 毛利 正人, 三好 直樹. 研究室 米国優良企業に学ぶ海外子会社ガバナンス--監督・監査の視点から. 企業リスク. 2011. 8. 3. 59-66
  • 毛利 正人. 国境を越えたグループ経営・リスク管理の手法--グローバル・グループ・ガバナンス(3G) (特集 リスクを賢く管理する--リスクインテリジェンスへの道). 企業リスク. 2010. 7. 3. 27-33
MISC (6):
  • Masato Mori. What measures are needed to Japanese companies in Risk Management. Diamond Quartery. 2018. 第10号 2018 Spring Issue. 76-77
  • 毛利 正人. グローバルリスクマネジメントを考える - グループ全体で企業価値向上の仕組みづくりを. 日本経済新聞 2017年9月28日 朝刊第24面. 2017
  • 毛利 正人. 海外進出企業の重要課題「不正の予防と早期発見」. NCBリサーチ&コンサルティング「飛翔」9月号. 2015. 284. 16-17
  • 毛利 正人. 海外進出企業の重要課題「リスクマネジメントとコンプライアンス」. NCBリサーチ&コンサルティング「飛翔」7・8月号. 2015. 283. 16-17
  • 毛利 正人. 海外進出企業の重要課題「海外子会社に対するガバナンス」. NCBリサーチ&コンサルティング「飛翔」6月号. 2015. 282. 16-17
more...
Books (4):
  • 図解海外子会社マネジメント入門 : ガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスから内部監査まで
    東洋経済新報社 2014 ISBN:9784492093184
  • Internal Audit Handbook
    Chuokeizai-sha, Inc. 2013 ISBN:4502463906
  • Risk Intelligent Enterprise
    Nikkei Publishing Inc. 2009
  • Internal Audit Handbook (First Ecition)
    Chuokeizai-sha, Inc. 2009 ISBN:4502297607
Lectures and oral presentations  (10):
  • Corporate Governance with special attention on Board of Directors' role
    (Metropolia Business School, Metropolia University of Applied Sciences, Vantaa Finland; International Project Week 2020(Business Ethics, Sustainability and Corporate Social Responsibility) 2021)
  • グループガバナンスにおける監査役等の留意すべき役割と方法論~グループ経営失敗事例に学ぶ~
    (監査懇話会「監査技術ゼミ」 2019)
  • Globalization of Japanese Business
    (2019)
  • グループ経営におけるガバナンス、内部統制、監査体制について ~グループガバナンスにおいて監査役等の留意すべき役割と責務~
    (監査懇話会「監査技術ゼミ」 2019)
  • グローバル経営に必須の要素としてのGRC ~ガバナンス・リスクマネジメント・コンプライアンス ~
    (監査懇話会 「海外子会社監査に関する情報交換会」 2018)
more...
Education (3):
  • 1988 - 1991 The George Washington University Department of Accountancy - Master of Accountancy Program
  • 1982 - 1983 University of Wisconsin-Milwaukee Master of Science in Finance Analysis Program
  • 1975 - 1979 Waseda University Department of Economics
Professional career (2):
  • Master of Accountancy (The George Washington University)
  • BA in Economics (Waseda University)
Work history (2):
  • 2020/04 - 現在 Toyo University Graduate School of Global and Regional Studies Chair, Course of Global Innovation Studies,
  • 2017/04 - 現在 Toyo University Department of Global Innovation Studies, Faculty of Global and Regional Studies
Committee career (2):
  • 2021/06 - 現在 異文化経営学会 監事
  • 2017/10 - 現在 会計検査院 『政府出資法人等内部監査業務講習会』講師
Awards (1):
  • 2014/08 - 日本監査役協会 日本監査役協会設立40周年記念懸賞論文 「日本企業のグローバル化と海外子会社に対するガバナンスのあり方について」
Association Membership(s) (6):
TRANSCULTURAL MANAGEMENT SOCIETY ,  Japan Association of Corporate Directors ,  Japan Audit & Supervisory Board Members Association ,  AICPA ,  IIA ,  ISACA
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page