Rchr
J-GLOBAL ID:201701002307509184   Update date: Jun. 02, 2021

Ikeda Yoshiki

イケダ ヨシキ | Ikeda Yoshiki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Building structures and materials
Research keywords  (6): 制振構造 ,  免震構造 ,  振動モニタリング ,  システム同定 ,  耐震構造 ,  地震工学
Papers (53):
  • Liangjie Qi, Masahiro Kurata, Yoshiki Ikeda, Keiichiro Kunitomo, Masashi Takaoka. Seismic evaluation of two-elevation ceiling system by shake table tests. Earthquake Engineering & Structural Dynamics. 2021. 50. 4. 1147-1166
  • 謝金哲, 池田芳樹, 倉田真宏. 微動計測に基づく地震応答解析のための多自由度系線形建物モデルの構築. 構造工学論文集(日本建築学会). 2021. 67B. 509-518
  • 謝金哲, 池田芳樹, 倉田真宏. 微動計測に基づく大規模低層商業建物の振動特性. 構造工学論文集(日本建築学会). 2021. 67B. 495-507
  • 福澤暁人, 池田芳樹, 倉田真宏. 建物の基部と上部および周辺地盤の地震記録から同定した振動モード特性に基づく地盤と鉄筋コンクリート造建物の動的相互作用の評価. 構造工学論文集(日本建築学会). 2021. 67B. 483-494
  • Yoshiki Ikeda. Fundamental equation based on pole allocation for interstory seismic isolation of buildings. Structural Control and Health Monitoring. 2021. 28. 3
more...
MISC (20):
  • Konstantinos Skalomenos, Masahiro Kurata, Yoshiki Ikeda. Hybrid Collapse Test of Steel Columns with Nonlinear Frame Substructuring and Force. Proceedings of the XI International Conference on Structural Dynamics (EURODYN 2020). 2020. 2. 3291-3330
  • Liangjie Qi, Keiichiro Kunitomo, Masahiro Kurata, Yoshiki Ikeda. Seismic Evaluation of Japanese Two-elevation Integrated Ceiling System. 174. Qi L., Kunitomo K., Kurata M. and Ikeda Y. 2020. 2h. 0003
  • Jinzhe Xie, Yoshiki Ikeda, Masahiro Kurata. Modal Identification of Large-scale Low-rise Buildings through Microtremor Measurements. Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering. 2020. 3b. 0015
  • Yoshiki Ikeda. An Effective Use of Measurements under Main Shock of Earthquake to Predict Structural Dynamic Properties under Aftershocks. Proceedings of the 7th World Conference on Structural Control and Monitoring. 2018. 2507-2516
  • Yoshitaka Suzuki, Yoshiki Ikeda, Yasutsugu Suzuki, Naoto Adachi, Takashi Nozawa. Damage Detection of Actual Building Structures through Singular Value Decomposition of Power Spectral Density Matrices of Microtremor Responses. Proceedings of 5th World Conference on Structural Control and Monitoring. 2010. No.77
more...
Books (8):
  • 構造物のモニタリング技術
    コロナ社 2020 ISBN:9784339052725
  • 鋼構造物のモニタリング研究小委員会・活動中間報告
    日本鋼構造協会:Journal of Steel Structures & Construction, No.36,pp.23-24 2019
  • 逃げないですむ建物とまちをつくる-大都市を襲う地震等の自然災害とその対策-
    技報堂出版 2015
  • 設計者のための免震・制震ハンドブック
    朝倉書店 2014
  • やさしくわかる建物振動制御
    日本建築学会 2014
more...
Lectures and oral presentations  (106):
  • 建物の基礎免震,中間層免震および同調型マスダンパによる制振の統一的な有効性評価
    (令和2年度京都大学防災研究所研究発表講演会、講演番号A301 2021)
  • 微動に基づく大規模低層商業建物の振動特性
    (日本学術振興会制震(振)構造・モニタリング技術第157委員会研究会 2020)
  • Shake Table Tests on Two-elevation Integrated Ceiling System
    (2020)
  • 3点の地震計測による地盤と鉄筋コンクリート造建物の動的相互作用の評価(その2)同定した1次振動モード特性と質量の情報に基づく地盤ばね
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2020)
  • 3点の地震計測による地盤と鉄筋コンクリート造建物の動的相互作用の評価(その1)1次振動モード特性の変化
    (日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) 2020)
more...
Education (2):
  • 1984 - 1986 Waseda University
  • 1980 - 1984 Waseda University
Professional career (1):
  • Dr. Eng. (Waseda University)
Work history (11):
  • 2017/04 - 現在 Kyoto University Disaster Prevention Research Institute
  • 2015/06 - 2017/03 鹿島建設株式会社 技術研究所 上席研究員
  • 2013/04 - 2015/05 鹿島建設株式会社 建築設計本部 テクニカルマネージャー
  • 2010/04 - 2013/03 鹿島建設株式会社 建築設計本部 チーフエンジニア
  • 2005/06 - 2010/03 鹿島建設株式会社 小堀研究室 上席研究員
Show all
Committee career (18):
  • 2017/05 - 現在 日本学術振興会 制震(振)構造技術第157委員会
  • 2017/04 - 現在 日本建築学会 建物健全性モニタリング小委員会
  • 2017/09 - 2020/03 日本鋼構造協会 鋼構造物のモニタリング研究小委員会
  • 2014/04 - 2017/03 日本建築学会 構造モニタリング小委員会
  • 2014/04 - 2017/03 日本建築学会 建物の振動制御性能評価小委員会
Show all
Awards (3):
  • 2016/05 - 日本建築学会 日本建築学会賞(論文) 振動計測に基づく建築構造物の動特性評価とその応用に関する研究
  • 1996/09 - 日本建築学会 日本建築学会奨励賞
  • 1990/05 - 日本建築学会 日本建築学会賞(業績) アクティブ制震構造の研究と実用化
Association Membership(s) (2):
JAPAN ASSOCIATION FOR EARTHQUAKE ENGINEERING ,  ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page