Rchr
J-GLOBAL ID:201701003381959422   Update date: Dec. 28, 2018

Nishi Makiko

Nishi Makiko
Papers (4):
  • 西 真木子. LSD(Literary Sustainable Development):持続可能な発展のための英文学研究-文学におけるESDと多文化性の考察. 『英文学研究 支部統合号』. 2012. 4. 13-19
  • Makiko Nishi. Rootless Experiences: The Importance of Spatial Understanding in the Writing of V. S. Naipaul. University of Leicester. 2004
  • 西 真木子. Masculinity in V. S. Naipaul’s Novel Miguel Street (1959). 北海道英語英文学. 2003. 48. 33-42
  • 西 真木子. A Study of V. S. Naipaul’s The Mimic Men. 北海道英語英文学. 2002. 47. 39-49
Books (2):
  • 川成洋・長尾輝彦編『現代イギリス読本』
    丸善出版 2012
  • 長尾輝彦編著『文学研究は何のため-英米文学試論集』
    北海道大学出版会 2008
Lectures and oral presentations  (5):
  • 戦う手段としての文学
    (札幌学院大学人文学部公開講座「人文力-資源としての人文知、闘争としての人文知」 2016)
  • 文学におけるESDと多文化性の考察
    (日本英文学会北海道支部第55回大会 文学部門 シンポジアム LSD (Literary Sustainable Development):持続可能な発展のための英文学研究 2010)
  • V.S.ナイポールの作品に見るカリブ諸国とアメリカ
    (日本アメリカ文学会北海道支部 第120回研究談話会 2007)
  • ポストコロニアル文学におけるアイデンティティ
    (日本英文学会北海道支部第51回大会 文学部門シンポジアム「シンポジアム:Trans-ID:現代英米文学と自分探し」 2006)
  • Masculinity in V. S. Naipaul’s Miguel Street (1959)
    (The Importance of Being Arthur: Representations of Men and Masculinity 1954-63, University of Surrey Roehampton, London 2002)
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy (英・レスター大学)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page