Rchr
J-GLOBAL ID:201701003691661814   Update date: May. 13, 2021

NAEMURA Akihiko

ナエムラ アキヒコ | NAEMURA Akihiko
Affiliation and department:
Research field  (1): Environmental dynamics
Papers (39):
  • Akihiko NAEMURA, Kei SAITOH, Tomoaki OKUDA, Koji KODERA. Influence of environment on river water quality from head to mouth: A case study of the Kasechi River basin, Tottori. 2021. 8. 2-9
  • 村木 桂子, 吉川 尚志, 白川 はるひ, 苗村 晶彦, 中村 公子, 高橋 佳子. 短期大学における産学連携オンライン授業の試み. 戸板女子短期大学研究年報. 2021. 63. 63-78
  • 苗村 晶彦, 小寺 浩二. 河川に関わる自然と人間活動-関東圏を事例として. 戸板女子短期大学研究年報. 2021. 63. 45-61
  • NAEMURA Akihiko, HATSUYAMA Mamoru, OKUDA Tomoaki. Chemical Characteristics on Natural Stream With Nitrate-depleted Precipitation in the Simanto Belt. ENVIRONMENTAL SCIENCE. 2021. 34. 1. 40-45
  • 苗村 晶彦, 中野 晃男. 心のエネルギーの活性-『法華経』見宝塔品第十一より. 共創研究. 2020. 2. 22-30
more...
Books (3):
  • わがまち 横浜の日野 港南台も日野だった
    公孫樹舎 2019 ISBN:9784907465056
  • 公益法人・NPO法人と地域
    文眞堂 2018 ISBN:9784830950100
  • 多摩丘陵の自然と研究 : フィールドサイエンスへの招待
    けやき出版 2001 ISBN:4877511474
Lectures and oral presentations  (35):
  • Hydrogeographic Study on Electrical Conductivity of River Water
    (Proceedings of the General Meeting of the Association of Japanese Geographers 2020)
  • 石垣島におけるO<sub>3</sub>濃度の季節変動と西表島における渓流水質
    (2019年度日本島嶼学会宮古島大会 2019)
  • 福島県におけるオゾン高濃度時のPM2.5の特徴
    (第25回大気環境学会 北海道東北支部学術集会 2018)
  • 首都圏および離島におけるオゾン
    (第29回公益財団法人平岡環境科学研究所研究発表会 2018)
  • 紀伊半島南部における古座川水系源流域の渓流水質
    (環境科学会年会2018年会(東京) 2018)
more...
Education (2):
  • 1992 - 1997 Hiroshima University
  • 1988 - 1992 Tokyo University of Science Industrial Chemistry
Professional career (1):
  • 博士(学術) (広島大学)
Awards (1):
  • 1999/01 - 第7回日本生気象学会研究奨励賞 瀬戸内海沿岸部の森林衰退地域の逆転層出現高度とNOx濃度
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page