Rchr
J-GLOBAL ID:201701004728814353   Update date: Feb. 05, 2021

Kaimori Yusuke

カイモリ ユウスケ | Kaimori Yusuke
Affiliation and department:
Job title: 助教
Other affiliations (1):
  • 東京大学大学院  総合文化研究科 言語情報科学専攻 博士後期課程 
Research field  (1): English linguistics
Research keywords  (3): Cognitive Linguistics ,  Construction Grammar ,  Lexical Semantics
Papers (11):
  • New Usages of the Japanese Compound Verb X-chirakasu: Why Do We Say Kire-chirakasu?. 2020. 15. 137-144
  • 野中大輔, 貝森有祐. 構文継承の精緻化を目指して:複数の構文が関与するとき. 日本認知言語学会論文集. 2017. 17. 297-309
  • 貝森有祐. 結果構文を英語教育においてどのように扱い、指導するべきか:イディオム性、生産性、表現効果に注目した検討. Encounters. 2017. 5. 101-128
  • NONAKA Daisuke, KAIMORI Yusuke. The Alternation between Body-Part and Reflexive Object Resultatives in English. Tokyo University Linguistic Papers. 2016. 37. 161-170
  • KAIMORI Yusuke. Conceptualization and Realization of Event Participants in Complex-Change Resultatives. Papers from the 16th National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association. 2016. 16. 337-349
more...
MISC (3):
  • 谷口一美, 田丸歩美, 小川陽香, 貝森有祐. 動詞と非定形節、そして動詞を欠いた節. 2021
  • 大堀壽夫, 貝森有祐, 山泉実. 思考と意味の取扱いガイド. 2019
  • 畠山雄二. 最新理論言語学用語事典. 2017
Books (3):
  • 「X wiped the stainという文の意味的特徴」In: Social Metamorphosis in the Context of Globalization in Japan: Language, Discourse, Communication and Education
    播磨書院 2020
  • 「状態変化動詞を伴う英語使役移動構文に課される意味的制約:事象統合の観点から」 『認知言語学論考14』
    ひつじ書房 2018
  • 「非選択目的語を伴う英語使役移動構文から見る動詞と構文の融合」 『ことばのパースペクティヴ』
    開拓社 2018
Lectures and oral presentations  (18):
  • 複合動詞「X+散らかす」の新規的用法:人はなぜキレ散らかすのか?
    (日本語用論学会第22回大会 2019)
  • 経路句を伴わない非選択目的語使役移動構文:英語動詞wipeの場合に注目して
    (日本言語学会第158回大会 2019)
  • 事象統合から見る英語使役移動構文の制約:状態変化動詞を伴う場合を中心として
    (京都言語学コロキアム第15回年次大会(KLCAM15) 2018)
  • 認知文法と動詞意味論研究:理論間の生産的な議論に向けて
    (第8回認知文法研究会 2018)
  • 構文現象の統合的理解に向けて:認知文法から見る動詞と構文
    (第7回認知文法研究会 2017)
more...
Education (3):
  • 2014 - 現在 東京大学大学院 言語情報科学専攻 博士後期課程
  • 2012 - 2014 東京大学大学院 言語情報科学専攻 修士課程
  • 2008 - 2012 Dokkyo University Department of English
Professional career (2):
  • 学士(外国文化) (獨協大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
Work history (7):
  • 2020/04 - 現在 Ryutsu Keizai University Faculty of Law Assistant Professor
  • 2018/02 - 2020/03 Meisei University
  • 2017/04 - 2020/03 Meisei University Department of Education, School of Education, Department of Education, School of Education
  • 2015/04 - 2020/03 Kyorin University Faculty of Foreign Studies, Department of English
  • 2014/04 - 2015/03 Waseda University Senior High School
Show all
Committee career (1):
  • 2014/04 - 2016/03 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻 『言語情報科学』編集委員
Association Membership(s) (4):
THE SOCIETY OF ENGLISH GRAMMAR AND USAGE ,  「言語と人間」研究会 ,  THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN ,  JAPANESE COGNITIVE LINGUISTICS ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page