Rchr
J-GLOBAL ID:201701004914810295   Update date: Oct. 09, 2021

TOMOYUKI OSAMURA

オサムラ トモユキ | TOMOYUKI OSAMURA
Affiliation and department:
Job title: 講師
Homepage URL  (1): http://www.rakuno.ac.jp
Research field  (1): Business administration
Research keywords  (5): 経営組織 ,  経営戦略 ,  アントレプレナーシップ ,  マーケティング ,  イノベーション
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2021 - 2022 江別市の食材を使用した食品開発プロジェクト
  • 2021 - 2022 江別市の地域資源を活用した商品開発に関する調査研究
  • 2019 - 2020 COCOBON×RGU 冬に食べたいアイスクリームコンテスト
  • 2018 - 2019 江別市の新感覚スイーツメニュー開発事業
  • 2017 - 2018 江別市の特産品を使用したフォトジェニックスイーツ開発事業
Show all
Papers (16):
  • 長村 知幸. グローバルGAPの現状と課題. 酪農学園大学紀要 人文・社会科学編. 2021. 46. 1. 35-45
  • 長村 知幸. 地域活性化と産学連携. 酪農学園大学紀要 人文・社会科学編. 2021. 45. 1. 9-18
  • 長村 知幸. 北海道における農産物ブランディング戦略. 地域活性研究. 2020. 13. 161-168
  • The development and future issues of organizational capability theory. 2020. 44. 2. 61-69
  • The Strategies and Competitive Advantage of Food Manufacturing in Region. 2018. 43. 1. 25-34
more...
MISC (6):
  • 長村 知幸. 機能性ヨーグルト市場における競争優位の戦略. マーケティングフロンティアジャーナル : MFJ. 2017. 8. 30-39
  • 長村 知幸. 地方創生事業の創造プロセス : 内閣府「地方創生人材支援制度」第1期生の経験から (課題先進地における地方創生への挑戦). 地域活性学会研究大会論文集. 2017. 9. 422-425
  • 長村 知幸. ワイン・クラスター研究の変遷と国内への応用可能性 (地域農業の6次産業化と地域経済の活性化). 地域活性学会研究大会論文集. 2014. 6. 20-23
  • OSAMURA Tomoyuki. The Strategies for Regional Core Companies. Transactions of the Academic Association for Organizational Science. 2013. 2. 1. 1-8
  • 長村 知幸. ワイン・クラスターの形成過程に関する予備的考察 (セッション15院生発表). 経営行動科学学会年次大会論文集. 2012. 15. 298-303
more...
Books (6):
  • 北海道農業のトップランナーたち : 先導者たち
    筑波書房 2021 ISBN:9784811905877
  • 流通論の基礎(第3版)
    中央経済社, 中央経済グループパブリッシング(発売) 2019 ISBN:9784502297915
  • サービスビジネス特論
    学文社 2011 ISBN:9784762020797
  • コンテンツビジネス特論
    学文社 2010 ISBN:9784762020780
  • アグリビジネス特論
    学文社 2010 ISBN:9784762020773
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 無店舗販売:ネット販売を中心に
    (日本商業学会北海道部会(小樽商科大学札幌サテライト) 2018)
  • 北海道におけるワイン産業の事業システムと企業家活動
    (第7回アントレプレナーシップ・コンファランス(関西大学梅田キャンパス) 2018)
  • 地域オープンイノベーションと地方創生への挑戦
    (地域活性学会北海道部会(小樽商科大学札幌サテライト) 2017)
  • 地方創生事業の創造プロセス -内閣府「地方創生人材支援制度」第1期生の経験から-
    (地域活性学会第9回全国大会(島根県立大学) 2017)
  • 地域革新と企業家活動のダイナミズム
    (日本商業学会北海道部会(小樽商科大学札幌サテライト) 2017)
more...
Education (2):
  • 2011 - 2014 Otaru University of Commerce
  • 2009 - 2011 Yokohama City University Graduate School of International Management
Professional career (2):
  • 博士(商学) (小樽商科大学)
  • 修士(経営学) (横浜市立大学)
Work history (4):
  • 2017/04 - 現在 Rakuno Gakuen University Department of Food Science and Human Wellness, College of Agriculture, Food and Environment Sciences
  • 2016/09 - 2017/03 Rakuno Gakuen University
  • 2015/04 - 2017/03 清水町役場 企画課 主幹(内閣官房シティマネージャー)
  • 2014/04 - 2015/03 Otaru University of Commerce
Committee career (6):
  • 2021/10 - 現在 北海道農文協事務局員
  • 2020/04 - 現在 酪農学園大学における人を対象とする医学系研究倫理審査委員
  • 2020/04 - 現在 NPO法人グリーンテクノバンク 企画委員
  • 2020/04 - 現在 酪農学園大学 基礎演習連絡委員
  • 2018/03 - 現在 地域活性学会北海道支部会幹事
Show all
Awards (2):
  • 2014/03 - 平成25年度学生表彰(小樽商科大学)
  • 2013/02 - 第1回碩学舎賞 奨励賞(主催:株式会社碩学舎、中央経済社)
Association Membership(s) (5):
北海道農文協 ,  JAPAN SOCIETY OF MARKETING & DISTRIBUTION ,  THE JAPAN ACADEMIC SOCIETY FOR VENTURES AND ENTREPRENEURS ,  THE ACADEMIC ASSOCIATION FOR ORGANIZATIONAL SCIENCE ,  地域活性学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page