Rchr
J-GLOBAL ID:201701006291454428   Update date: Apr. 02, 2021

Watanabe Youki

Watanabe Youki
Affiliation and department:
Research field  (2): Animal production science ,  Animal production science
Research keywords  (4): Kisspeptin ,  発情行動 ,  Theriogenology ,  Neuroendocrinology
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2022 発情行動発現の新たな制御機構の解明:新規エストロジェン応答ペプチドに着目して
  • 2018 - 2020 環境情報入力との連関を基盤とする新規生殖機能制御系に関する分子機能形態学的解析
  • 2018 - 2019 神経ペプチド分泌の時空間的解析から迫る卵胞発育の中枢制御メカニズム
  • 2016 - 2018 エストロジェンによる発情行動発現の分子制御メカニズムの解明
  • 2014 - 2016 排卵中枢キスペプチンニューロンを制御する上位ネットワークの解明
Papers (17):
  • Youki Watanabe, Kana Ikegami, Sho Nakamura, Yoshihisa Uenoyama, Hitoshi Ozawa, Kei-Ichiro Maeda, Hiroko Tsukamura, Naoko Inoue. Mating-induced increase in Kiss1 mRNA expression in the anteroventral periventricular nucleus prior to an increase in LH and testosterone release in male rats. The Journal of reproduction and development. 2020
  • Teppei Goto, Masumi Hirabayashi, Youki Watanabe, Makoto Sanbo, Koichi Tomita, Naoko Inoue, Hiroko Tsukamura, Yoshihisa Uenoyama. Testosterone supplementation rescues spermatogenesis and in vitro fertilizing ability of sperm in Kiss1 knockout mice. Endocrinology. 2020
  • Nahoko Ieda, Assadullah, Shiori Minabe, Kana Ikegami, Youki Watanabe, Yusuke Sugimoto, Arisa Sugimoto, Narumi Kawai, Hirotaka Ishii, Naoko Inoue, et al. GnRH(1-5), a metabolite of gonadotropin-releasing hormone, enhances luteinizing hormone release via activation of kisspeptin neurons in female rats. Endocrine journal. 2020. 67. 4. 409-418
  • Kana Ikegami, Teppei Goto, Sho Nakamura, Youki Watanabe, Arisa Sugimoto, Sutisa Majarune, Kei Horihata, Mayuko Nagae, Junko Tomikawa, Takuya Imamura, et al. Conditional kisspeptin neuron-specific Kiss1 knockout with newly generated Kiss1-floxed and Kiss1-Cre mice replicates a hypogonadal phenotype of global Kiss1 knockout mice. The Journal of reproduction and development. 2020
  • Minabe S, Sato M, Inoue N, Watanabe Y, Magata F, Matsuda F, Uenoyama Y, Ozawa H, Tsukamura H. Neonatal Estrogen Causes Irreversible Male Infertility via Specific Suppressive Action on Hypothalamic Kiss1 Neurons. Endocrinology. 2019. 160. 5. 1223-1233
more...
MISC (37):
  • 佐藤 真梨萌, 美辺 詩織, 渡辺 雄貴, 後藤 哲平, 三宝 誠, 平林 真澄, 井上 直子, 上野山 賀久, 真方 文絵, 束村 博子, et al. 栄養による生殖機能・血糖・摂食調節を担うエネルギーセンサーと神経経路の同定. 日本内分泌学会雑誌. 2020. 95. 4. 1448-1448
  • 佐藤 真梨萌, 美辺 詩織, 渡辺 雄貴, 後藤 哲平, 三宝 誠, 平林 真澄, 真方 文絵, 束村 博子, 松田 二子. 低栄養による性腺刺激ホルモン分泌の抑制を担う神経伝達経路とグルコースセンサーの同定. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j61-j61
  • 渡辺 雄貴, 美辺 詩織, 岩田 衣世, 小澤 一史. ニューロペプチドBがメスラットのプロラクチン分泌に及ぼす影響. The Journal of Reproduction and Development. 2019. 65. Suppl. j96-j96
  • 大下 雪奈, 渡辺 雄貴, 春日 崇, 中平 陽子, 棟朝 亜理紗, 木村 康二, 松山 秀一, 大蔵 聡, 真方 文絵, 松田 二子. ウシ主席卵胞および次席卵胞の顆粒層細胞において発現する遺伝子の網羅的解析. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 439-439
  • 渡辺 雄貴, 小澤 一史. 発情行動発現メカニズム解明に向けたメスラット腹内側核においてエストロジェン受容体αと結合する遺伝子群の探索. 日本内分泌学会雑誌. 2018. 94. 4. 1332-1332
more...
Books (1):
  • デュークス獣医生理学 13版
    学窓社 2020
Lectures and oral presentations  (14):
  • メスラットのプロラクチン分泌に及ぼす エストロゲン非依存的なニューロペプチドBの効果
    (第46回日本神経内分泌学会 2019)
  • ニューロペプチドBがメスラットのプロラクチン分泌に及ぼす影響
    (日本繁殖生物学会 2019)
  • メスラット腹内側核(VMH)におけるエストロゲン受容体α(ERα)と結合する遺伝子の探索: 発情行動の発現メカニズム解明を目指して
    (日本解剖学会 2019)
  • 発情行動発現メカニズム解明に向けたメスラット腹内側核においてエストロジェン受容体αと結合する遺伝子群の探索
    (第45回神経内分泌学会 2018)
  • 発情行動発現メカニズム解明に向けたラット視床下部腹内側核におけるエストロジェン受容体α 結合遺伝子群の探索
    (日本繁殖生物学会 2018)
more...
Education (3):
  • 2013 - 2016 名古屋大学大学院 生物機能技術科学講座 生殖科学研究分野(博士後期課程)
  • 2011 - 2013 名古屋大学大学院 生物機能技術科学講座 生殖科学研究分野(博士前期課程)
  • 2007 - 2011 Gifu University
Professional career (1):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
Work history (5):
  • 2021/04 - 現在 日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 応用生命科学専攻 動物生理制御学教室 助教
  • 2020/04 - 現在 Nippon Veterinary and Life Science University Faculty of Applied Life Science School of Animal Science assistant professor
  • 2017/04 - 2020/03 日本医科大学 大学院医学研究科 解剖学・神経生物学分野 Assistant professor
  • 2016 - 2017 The university of Tokyo 獣医繁殖育種学教室 Project Researcher
  • 2015 - 2016 Nagoya university 生殖科学分野 JSPS (DC2)
Awards (4):
  • 2017/08 - 日本内分泌学会第35回内分泌代謝学サマーセミナー トラベルグラント
  • 2015/08 - 日本下垂体研究会 最優秀発表賞
  • 2013/05 - 日本学生支援機構 「特に優れた業績による返還免除 (全額免除)」
  • 2012/12 - 日本生殖内分泌学会 学術奨励賞
Association Membership(s) (3):
THE JAPAN SOCIETY FOR PITUITARY RESEARCH ,  日本神経内分泌学会 ,  SOCIETY FOR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page