Rchr
J-GLOBAL ID:201701011304556628   Update date: Mar. 08, 2024

Tomioka Kazumi

トミオカ カズミ | Tomioka Kazumi
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (3): Psychiatry ,  Fetal medicine/Pediatrics ,  Neurology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2022 - 2027 小児摂食障害における脳波周波数解析に着目した認知機能予後予測と包括的病態解明
  • 2019 - 2023 炎症とミトコンドリア機能障害のクロストークに着目した急性脳症の包括的病態解明
Papers (61):
  • Masahiro Nishiyama, Yuki Kyono, Hiroshi Yamaguchi, Aoi Kawamura, Shizuka Oikawa, Shoichi Tokumoto, Kazumi Tomioka, Kandai Nozu, Hiroaki Nagase. Association of early bedtime at 3 years of age with higher academic performance and better non-cognitive skills in elementary school. Scientific reports. 2023. 13. 1. 20926-20926
  • Hiroaki Hanafusa, Hiroshi Yamaguchi, Hidehito Kondo, Miwako Nagasaka, Ming Juan Ye, Shizuka Oikawa, Shoichi Tokumoto, Kazumi Tomioka, Masahiro Nishiyama, Naoya Morisada, et al. Dravet syndrome and hemorrhagic shock and encephalopathy syndrome associated with an intronic deletion of SCN1A. Brain & development. 2023. 45. 6. 317-323
  • 花房 宏昭, 山口 宏, 老川 静香, 徳元 翔一, 冨岡 和美, 西山 将広, 長坂 美和子, 近藤 秀仁, 森貞 直哉, 松尾 雅文, et al. 出血性ショック脳症症候群をきたしたDravet症候群にSCN1Aのイントロンに新規の21塩基欠失を認めminigene解析を実施した1例. 脳と発達. 2023. 55. Suppl. S302-S302
  • 曽根原 晶子, 坊 亮輔, 池谷 紀衣子, 南部 静紀, 老川 静香, 徳元 翔一, 山口 宏, 冨岡 和美, 永瀬 裕朗, 竹島 泰弘, et al. 拡大新生児マススクリーニングで発見された脊髄性筋萎縮症の2例. 脳と発達. 2023. 55. Suppl. S319-S319
  • 金谷 真吾, 岩本 宗矩, 山口 宏, 南部 静紀, 徳元 翔一, 坊 亮輔, 冨岡 和美, 西山 将広, 粟野 宏之, 野津 寛大, et al. COVID-19感染症を契機に急性増悪した全身型重症筋無力症の女児例. 日本小児科学会雑誌. 2023. 127. 4. 627-627
more...
MISC (71):
  • 南部静紀, 粟野宏之, 洪聖媛, 徳元翔一, 山口宏, 坊亮輔, 冨岡和美, 西山将広, 篠原正和, 永瀬裕朗, et al. A SMA1 infant who received Zolgensma therapy at the age of 50 days. 日本小児科学会雑誌. 2021. 125. 2
  • 冨岡和美, 岡本由美, 橋本七月, 北山真次, 永瀬裕朗. 乳幼児期発症ARFIDに対する行動療法. 子どもの心とからだ. 2021. 30. 2
  • 岡本由美, 冨岡和美, 永瀬裕朗, 飯島一誠. Reparenting therapy with childcare in eating disorders. 医療と保育. 2021. 19. 1
  • 山口宏, 山口宏, 徳元翔一, 徳元翔一, 石田悠介, 石田悠介, 冨岡和美, 西山将広, 豊嶋大作, 丸山あずさ, et al. 詳細な問診から診断に至った線維軟骨塞栓症の一例. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 2
  • 西山将広, 山口宏, 石田悠介, 冨岡和美, 三品浩基, 飯島一誠, 永瀬裕朗. 神戸市における熱性けいれんの発症頻度:後期早産であることのリスクの検討. 日本小児科学会雑誌. 2020. 124. 2
more...
Lectures and oral presentations  (36):
  • 7歳時に診断した若年/成人型ガラクトシアリドーシスの臨床経過
    (第60回日本先天代謝異常学会総会 2018)
  • 発作性運動誘発性ジスキネジアを呈した偽性副甲状腺機能低下症の一例
    (第52回日本小児内分泌学会学術集会 2018)
  • 小児におけるカルバマゼピンとレベチラセタムによる血清脂質および甲状腺ホルモンの変化
    (第52回日本てんかん学会学術集会 2018)
  • 急性硬膜下血腫を発症し、脳動静脈瘻が指摘されたMELASの1例
    (第64回日本小児神経学会近畿地方会 2018)
  • バセドウ病を合併した若年ミオクロニーてんかんの13歳女児
    (第64回日本小児神経学会近畿地方会 2018)
more...
Education (1):
  • 2015 - 2019 Kobe University Graduate School of Medicine
Professional career (1):
  • 博士 (神戸大学大学院)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page