Rchr
J-GLOBAL ID:201701011875872063   Update date: Oct. 21, 2021

Kamo Tomohiko

カモ トモヒコ | Kamo Tomohiko
Affiliation and department:
Job title: 助教
Research field  (2): Otorhinolaryngology ,  Rehabilitation science
Research keywords  (6): Dizziness and/or Vertigo ,  Vestibular Rehabilitation ,  Malnutrition ,  Elderly ,  Frailty ,  Sarcopenia
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 慢性めまいに対するバーチャルリアリティを用いた新たな前庭リハビリの開発 研究課題
  • 2018 - 2019 日本のめまいリハビリの現状と普及活動に関する研究
  • 2017 - 2019 サルコペニアと低栄養の合併が施設入所要介護高齢者の有害事象に与える影響
  • 2015 - 2016 Sarcopenia as a Risk Factor for Falls in Japanese older adults requiring long-term care
  • 2013 - 2015 栄養状態が虚弱高齢者の身体機能・認知機能・日常生活活動へ与える影響 ~パス解析による検討~
Show all
Papers (30):
  • Ryoma Asahi, Yutaka Nakamura, Masayoshi Kanai, Kento Watanabe, Satoshi Yuguchi, Tomohiko Kamo, Masato Azami, Hirofumi Ogihara, Satoshi Asano. Stand-up test predicts occurrence of non-traumatic vertebral fracture in outpatient women with osteoporosis. Journal of bone and mineral metabolism. 2021
  • Tomohiko Kamo, Hirofumi Ogihara, Ryozo Tanaka, Takumi Kato, Reiko Tsunoda, Hiroaki Fushiki. Relationship between physical activity and dizziness handicap inventory in patients with dizziness -A multivariate analysis. Auris, nasus, larynx. 2021
  • Kosei Kubo, Tomohiko Kamo, Ryo Momosaki, Kazuhiko Mitsutomi. Development of a Point System to Predict Discharge to Home for Acute Stroke Patients. PM & R : the journal of injury, function, and rehabilitation. 2021. 13. 1. 38-44
  • 旭竜馬, 藤田博曉, 浅野聡, 湯口聡, 加茂智彦, 浅見正人, 荻原啓文, 石橋英明. Association between fall and locomotive syndrome evaluation in routine osteoporosis examinations of municipal corporation. 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2020. 6. 4. 469-478
  • 荻原 啓文, 加茂 智彦, 田中 亮造, 加藤 巧, 遠藤 まゆみ, 角田 玲子, 伏木 宏彰. 慢性期めまい平衡障害患者における転倒リスクの評価 複数の評価ツールによる検討. Equilibrium Research. 2020. 79. 4. 218-229
more...
MISC (95):
  • 鈴木 啓介, 岩室 樹, 深川 翔平, 加茂 智彦, 大武 聖, 齋藤 孝義, 細川 真登. 疼痛を伴わない糖尿病性末梢神経障害合併2型糖尿病患者は身体機能に関するQOLが低下している. 糖尿病. 2021. 64. Suppl.1. I-2
  • 湯口聡, 旭竜馬, 加茂智彦, 浅見正人, 荻原啓文. 高齢者における超音波画像による腓腹筋の筋厚と全身骨格筋量低下の関連. 日本循環器病予防学会誌. 2021. 56. 2. 181-181
  • 荻原啓文, 荻原啓文, 加茂智彦, 加茂智彦, 田中亮造, 田中亮造, 加藤巧, 遠藤まゆみ, 角田玲子, 角田玲子, et al. Effects of Vestibular Rehabilitation in a Patient with Central Dizziness /vertigo and Bilateral Vestibular Disorders. 理学療法学. 2021. 48. 1. 108-116
  • 鈴木 啓介, 加茂 智彦, 大武 聖, 齋藤 孝義, 細川 真登. 疼痛を伴わない糖尿病性末梢神経障害合併2型糖尿病患者の健康関連QOLの特徴 糖尿病性末梢神経障害非合併2型糖尿病患者との比較による検討. 国際医療福祉大学学会誌. 2020. 25. 抄録号. 75-75
  • 旭 竜馬, 藤田 博曉, 浅野 聡, 湯口 聡, 加茂 智彦, 浅見 正人, 荻原 啓文, 石橋 英明. 骨粗鬆症検診におけるロコモティブシンドローム評価と転倒との関連. 日本骨粗鬆症学会雑誌. 2020. 6. 4. 469-478
more...
Books (4):
  • リハビリテーション管理学
    羊土社 2020 ISBN:9784758102490
  • 前庭障害に対するリハビリテーション : EBMに即した実践アプローチ
    メジカルビュー社 2019 ISBN:9784758320221
  • 地域リハビリテーション学
    羊土社 2019 ISBN:9784758102384
  • リハスタッフのための イチからわかる臨床検査値活用術
    メジカルビュー社 2018 ISBN:4758319359
Lectures and oral presentations  (4):
  • リハビリテーション栄養と身体活動
    (最先端の理学療法 1 「身体活動量からみる疾患の再発予防」 2018)
  • サルコペニアとは
    (浜松ゆうゆうの里 ゆうゆういきいき講座 講師 2013)
  • 運動と栄養の併用が施設入所者へ与える影響
    (ネスレ ヘルスサイエンスカンパニー ネスレセミナー 講師 2013)
  • リハビリテーション栄養について
    (磐田市 平成24年度静岡県地域リハビリテーション推進事業 講師 2013)
Professional career (1):
  • 博士
Work history (1):
  • 2017/04 - 現在 日本保健医療大学 School of Health Sciences, Department of Physical Therapy Research associate
Awards (6):
  • 2020/05 - Japanese Physical Therapy Association 11th Outstanding Paper Award, Excellence Prize Effects of the Individualized Vestibular Rehabilitation on Patients with Dizziness/Vertigo in Japan
  • 2018/08 - 第8回国際医療福祉大学学会 優秀演題賞
  • 2018/07 - 日本予防理学療法学会第4回サテライト集会 優秀賞
  • 2018/04 - 理学療法ジャーナル 理学療法ジャーナル賞
  • 2013/11 - 第29回東海北陸理学療法学術大会 最優秀賞
Show all
Association Membership(s) (4):
日本コクランセンター ,  JAPAN SOCIETY FOR EQUILIBRIUM RESEARCH ,  日本サルコペニア・フレイル学会 ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page