Rchr
J-GLOBAL ID:201701011975499432   Update date: Sep. 02, 2021

Matsui Takaaki

Matsui Takaaki
Affiliation and department:
Job title: Research Fellow
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): https://sites.google.com/view/takaaki-matsui/home
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (11): プラグマティズム ,  メタ意味論 ,  分析哲学 ,  概念工学 ,  推論主義 ,  20世紀哲学史 ,  メタ哲学 ,  言語哲学 ,  批判理論 ,  現象学 ,  ポストコロニアル哲学史
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2021 - 2024 概念の規範的研究のための意味論的・語用論的基盤構築
  • 2019 - 2019 ドイツ観念論と分析哲学の架橋:カントとセラーズの言語哲学に焦点を当てて
  • 2019 - 2019 How did Sellars see the Carnap-Quine debate on the analytic-synthetic distinction?
  • 2019 - 2019 クワインとセラーズの「自然主義」から見る哲学と科学の関係
  • 2017 - 2019 哲学の方法論という観点からのフッサール哲学の検討
Show all
Papers (5):
  • Takaaki Matsui. Inferentialism and semantic externalism: a neglected debate between Sellars and Putnam. British Journal for the History of Philosophy. 2021. 29. 1. 126-145
  • 松井隆明. フッサールにおける本質認識とそのアプリオリ性. 哲學. 2017. 68. 185-199
  • 松井隆明. 存在と証示可能性--フッセリアーナ第36巻『超越論的観念論』を読む. フッサール研究. 2016. 13. 222-239
  • 松井隆明. 現象学的還元と構成の問題--フッサール超越論的観念論の基本的構図. フッサール研究. 2015. 12. 16-32
  • 松井隆明. フッサールとアリソン流カント : 超越論的観念論と物自体の問題. 東京大学大学院人文社会系研究科・文学部哲学研究室論集. 2015. 33. 144-157
MISC (2):
  • エイミー・トマソン, 松井隆明. [翻訳・訳者解説付]私たちが形而上学を行うとき、私たちは何を行うことができるのか?. 現代思想 2020年1月号 特集=現代思想の総展望2020. 2019. 48. 1. 131-149
  • 松井隆明. 「現代現象学の批判的検討」前書き. 『フッサール研究』. 2019. 16. 60-60
Lectures and oral presentations  (19):
  • 意味論的不正義、メタ意味論的不正義、法
    (第1回法と哲学の責任研究会 2021)
  • Inferentialism, Conceptual Engineering, and the Limits of Conceptual Revision
    (Online Workshop Conceptual Engineering and Pragmatism 2021)
  • 意味論的不正義とメタ意味論的不正義
    (応用哲学会第13回年次研究大会 2021)
  • 欠陥のある概念、抑圧的な言葉、人文学としての分析哲学
    (日本大学文理学部人文科学研究所第16回哲学ワークショップ「分析哲学の前提を問い直す-概念の研究は社会や価値と切り離せるのか?」 2021)
  • Sellars on Carnap and Quine on Analyticity and Ontology
    (HOPOS 2020: The Thirteenth Biennial Congress of the International Society for the History of Philosophy of Science 2020)
more...
Education (1):
  • 2013 - 2020 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • Ph.D. (The University of Tokyo)
Work history (6):
  • 2021/09 - 現在 Hitotsubashi University Graduate School of Social Sciences
  • 2021/04 - 現在 Japan Society for the Promotion of Science Research Fellow
  • 2019/11 - 2019/12 University of Leipzig The Forschungkolleg Analytic German Idealism (FAGI) visiting doctral fellow
  • 2019/09 - 2019/10 Tilburg University the Tilburg Center for Logic, Ethics, and Philosophy of Science (TiLPS) Visiting Fellow
  • 2018/04 - 2019/03 Dartmouth College Philosophy Department Visiting Scholar
Show all
Committee career (3):
  • 2015/04 - 現在 フッサール研究会 企画実行委員
  • 2020/06 - 2021/07 哲学オンラインセミナー 企画協力
  • 2020/09 - 2020/12 I Colóquio Internacional de Pesquisa em Filosofia da UFSC Comitês científicos
Awards (1):
  • 2021/05 - 応用哲学会 発表賞 意味論的不正義とメタ意味論的不正義
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page