Rchr
J-GLOBAL ID:201701013090518718   Update date: Aug. 12, 2022

Miyao Ryosuke

ミヤオ リョウスケ | Miyao Ryosuke
Affiliation and department:
Research field  (1): Public law
Research keywords  (8): 情報法 ,  環境法 ,  地方自治 ,  経済法 ,  行政制裁 ,  行政執行 ,  行政手続 ,  行政法
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2021 - 2022 ドイツ及びEU法における個人情報保護法制と団体訴訟ープライバシーの社会公共的側面に着目した研究
  • 2018 - 2019 行政制裁の機能と構造に関する日・スイス比較研究
Papers (5):
  • 宮尾 亮甫. 私的主体による規範執行(4・完) -行政法及び民事法における個人の公的役割-. 早稲田大学大学院法研論集. 2021. 178. 235-247
  • 宮尾亮甫. 私的主体による規範執行(3)ー行政法及び民事法における個人の公的役割. 早稲田法研論集. 2021. 177. 167-187
  • 宮尾亮甫. 私的主体による規範執行(2)ー行政法及び民事法における個人の公的役割. 早稲田法研論集. 2020. 176. 215-228
  • Ryosuke Miyao. Normdurchsetzung durch Privatsubjekt--Die öffentliche Rolle des Einzelnen im Verwaltungsrecht-und Privatrecht. 2020. 175. 131-146
  • Effektive Rechtsdurchsetzung und Rechtsschutz in der Verwaltungsvollstreckung -Eine Untersuchung zur rechtliche Struktur der Verwaltungsvollstreckung in Deutschland-. 2017. 67. 2. 477-523
MISC (5):
  • 岡田 正則, 加藤 祐子, 宮尾 亮甫. 行政法 (判例回顧と展望 2019). 法律時報. 2020. 92. 6. 21-43
  • 岡田 正則, 田村 達久, 加藤 祐子, 宮尾 亮甫. 行政法 (判例回顧と展望 2018). 法律時報. 2019. 91. 7. 20-41
  • 宮尾亮甫. 介護保険法27条1項に基づく要介護認定の申請を非該当とした処分を取り消した判決 : 名古屋地判平成30年3月8日LEX/DB25560043(. 賃金と社会保障. 2019. 1724. 39-48
  • 岡田 正則, 田村 達久, 加藤 祐子, 宮尾 亮甫. 行政法 (判例回顧と展望 2017). 法律時報. 2018. 90. 6. 27-47
  • 宮尾 亮甫. 金融商品取引法に基づく課徴金の賦課に際して,違反者に経済的利得があること又はこれが生じる一般的・抽象的可能性があることの要否,及び違反者の故意又は過失の要否などが争われた事例. 自治研究. 2017. 93. 12. 134
Lectures and oral presentations  (1):
  • 「市場秩序の形成と公私協働-私人による規範執行」
    (民科法律部会行政法分科会 2018)
Education (2):
  • 2016 - 2022 Waseda University
  • 2014 - 2016 Waseda University
Work history (6):
  • 2022/05 - 現在 早稲田大学比較法研究所 招聘研究員
  • 2021/10 - 現在 The Japan Research Institute for Local Government
  • 2018/04 - 現在 駒澤大学経済学部 非常勤講師
  • 2017/05 - 現在 Faculty of Letters Faculty of Letters
  • 2021/04 - 2022/03 法学部 Faculty of Law
Show all
Awards (1):
  • 2016/03 - 早稲田大学法学研究科 修了生副総代
Association Membership(s) (4):
早稲田行政法研究会 ,  東京社会保障法研究会 ,  東京社会保障判例検討会 ,  行政判例研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page