Rchr
J-GLOBAL ID:201701014825059581   Update date: Aug. 27, 2021

Tomoko Hosono

ホソノ トモコ | Tomoko Hosono
Affiliation and department:
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (5): 慢性期看護 ,  質的研究 ,  患者経験 ,  糖尿病 ,  現象学
Papers (7):
  • 細野知子. 糖尿病手帳をつける経験の現象学的探究 --自己血糖測定時のつぶやきを通じて--. 現象学と社会科学. 2021. 4. 69-87
  • A Study on the Experience of Living with Multiple Long-term Disease that Lack Subjective Symptoms. 2021. 32. 1. 55-63
  • 細野知子. 「 患 者 」・「 病 い 」・「 語 り 」 再 考 - -曖 昧 な 病 い と と も に 暮 ら す 人 の 何 気 な い 語 り か ら 描 く 生 活 を 通 じ て. 質的心理学フォーラム. 2020. 12. 73-76
  • Hosono Tomoko. Phenomenologicaldescriptionofthedietaryexperiencesofpersonslivingwithdiabetes whorelatetheirdifficultieswithdiettherapy. 2019. 23. 1. 43-51
  • Hosono Tomoko. In search of diet and exercise routine: Triggered by the joy found in diabetes treatment. 2019. 2. 2. 1-19
more...
MISC (8):
  • 細野知子, 栩川綾子. 現象学的研究が記述した糖尿病者における病い経験の特徴に関する一考察 -哲学的基盤と研究デザイン. 日本糖尿病教育・看護学会誌. 2021. 24. 2. 135-144
  • 細野知子. Field Essay 糖尿病とともに暮らす人びとの生活を描く. 質的心理学フォーラム. 2020. 12. 103-105
  • 細野知子. 集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン13.気になったところに飛び込み、人とつながる. 看護研究. 2020. 53. 5. 343-347
  • 細野 知子. 看護の立場から2「おそらくそこでは、問題解決とは別のことが起こっていたのではないでしょうか?」. 教養と看護. 2016
  • 西村ユミ, 山本則子, 坂井志織, 栩川綾子, 細野知子, 村上優子, 石井絢子, 城島華子, 藤井文香, 齋藤凡, et al. 大学院生の声 (特集 現象学を語る) -- (ディスカッション 大学院生からみた現象学とグラウンデッド・セオリー : 対談に参加して). 看護研究. 2015. 48. 6. 536-547
more...
Books (3):
  • 現代看護理論 一人ひとりの看護理論のために
    新曜社 2021
  • 現象学的看護研究-理論と分析の実際
    医学書院 2014 ISBN:9784260020480
  • “生きるからだ”に向き合う-身体論的看護の試み
    へるす出版 2014 ISBN:9784892697098
Lectures and oral presentations  (11):
  • 血糖値のセルフモニタリングで生まれるつぶやきの現象学的記述-他者に届けることの意味
    (日本質的心理学会第17回大会 2021)
  • 地域住民参加型の慢性の病いを語る「生き活きカフェ」プログラムの開発実施と有効性の評価
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 想定外の大惨事で一変した暮らしから捉える糖尿病の経験-指標を記録しないある1名の語りから
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 糖尿病手帳をつける経験の現象学的探究-自己血糖測定時のつぶやきを通じて-
    (日本現象学・社会科学会第37回大会 2020)
  • A Phenomenological Description of the Experience of Suffering from Long-term Chronic Disease: The Structure of Living with Illness
    (2020)
more...
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 The Japanese Red Cross College of Nursing
  • 2018/04 - 2020/03 The Japanese Red Cross College of Nursing
  • 2017/10 - 2018/03 Tokyo Metropolitan University The Fuculty of Health Sciences Visiting Researcher
Committee career (4):
  • 2020/04 - 現在 日本質的心理学会『質的心理学研究』 編集委員
  • 2019/04 - 現在 臨床実践の現象学会 査読委員
  • 2018/09 - 現在 日本糖尿病教育・看護学会誌 査読委員
  • 2021/04 - 2024/03 日本慢性看護学会 評議員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page