Rchr
J-GLOBAL ID:201701014921881748   Update date: Jul. 02, 2020

Hazama Ryotaro

ハザマ リョウタロウ | Hazama Ryotaro
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (5): 若者 ,  地域社会学 ,  計量社会学 ,  社会意識 ,  社会階層
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2023 若年層における還流移動メカニズムの解明
  • 2014 - 2017 地域間移動と階層間移動が人々の意識に与える影響
Papers (6):
  • 狭間諒多朗. 現在志向が若年層のおとなしさに与える影響:政治委任意識と格差肯定意識に注目して. ソシオロジ. 2017. 62. 1. 79-95
  • 狭間諒多朗. 現代日本における若年層のライフコースと意識. 大阪大学大学院. 2017
  • 狭間諒多朗. 地域社会におけるU・I ターン者の意識:全国調査を用いた計量分析. 年報人間科学. 2017. 38. 121-138
  • Hazama Ryotaro, Tanioka Ken. Social Mobility as Determinants of Subjective Status Identification : Subjective Social Mobility Captures Two Paths. 2015. 36. 36. 1-17
  • 狭間諒多朗, 橋爪裕人, 吉川徹. 環境保護意識・健康維持意識の変容. 2013. 11. 70-84
more...
MISC (5):
  • 狭間諒多朗. 若年層における相補的世界観が満足度に与える影響. SSP-W2018報告書. 2019. 60-71
  • SSPプロジェクト. SSP-W2018報告書. 2019
  • 狭間諒多朗. 親同居無配偶者の自己評価. 2015年SSM調査シリーズ2 人口・家族. 2018. 185-198
  • 狭間諒多朗. 若年層における現在志向の時点間比較:若者の現在志向の正体. 2015年階層と社会意識全国調査(第1回SSP調査)報告書. 2016. 47-53
  • 伊藤理史, 狭間諒多朗. 「大阪市民の政治・市民参加と選挙に関する社会調査」調査報告書. 大阪市民の政治・市民参加と選挙に関する研究プロジェクト. 2013. 1-11
Books (4):
  • 分断社会と若者の今
    大阪大学出版会 2019 ISBN:9784872596793
  • 格差社会のなかの自己イメージ
    勁草書房 2018 ISBN:4326603046
  • 「地元」の文化力: 地域の未来のつくりかた (河出ブックス)
    河出書房新社 2014 ISBN:4309624758
  • 「地元」の文化力 : 地域の未来のつくりかた
    河出書房新社 2014 ISBN:9784309624754
Lectures and oral presentations  (14):
  • コンサマトリーで読み解く現代の若者
    (最新データからみる 階層と社会意識 -共生社会の実現に向けて(於:大阪大学中之島センター) 2018)
  • The Educational Gap of Present-orientation in Japanese Youth
    (ISA RC45 2nd International Workshop "Social Inequality"(Utrecht University) 2017)
  • 若年層における現在志向が自己評価に与える影響:生活満足度と主観的自由に注目して
    (関西社会学会 第68回大会 (於:神戸学院大学) 2017)
  • 若年層における現在志向が自己評価に与える影響
    (SSPプロジェクト拡大幹事会 (於:学習院大学) 2016)
  • 若年層における現在志向を通した意識の屈折
    (日本社会学会 第89回大会 (於:九州大学) 2016)
more...
Education (3):
  • 2014 - 2017 大阪大学大学院 博士後期課程 (修了)
  • 2012 - 2014 大阪大学大学院 博士前期課程 (修了)
  • 2008 - 2012 Osaka University
Professional career (1):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
Work history (8):
  • 2018/12 - 2019/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 助教
  • 2017/11 - 2019/03 大阪歯科学院専門学校 非常勤講師
  • 2017/09 - 2019/03 Ritsumeikan University College of Social Sciences
  • 2017/04 - 2019/03 Kwansei Gakuin University School of Sociology
  • 2017/04 - 2018/12 大阪大学大学院 人間科学研究科 特任研究員
Show all
Association Membership(s) (4):
JAPANESE ASSOCIATION FOR MATHEMATICAL SOCIOLOGY ,  KANSAI SOCIOLOGICAL ASSOCIATION ,  社会学研究会(ソシオロジ) ,  THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page