Rchr
J-GLOBAL ID:201701016889987230   Update date: Jul. 10, 2021

Kato Yusuke

カトウ ユウスケ | Kato Yusuke
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Japan
Research keywords  (7): 土地制度 ,  日本近現代史 ,  日本近代史 ,  日本政治史 ,  近代天皇制 ,  皇室財政 ,  皇室制度
Papers (11):
  • 加藤祐介. 昭和戦時期の皇室財政-制度と実態. 吉田裕編『戦争と軍隊の政治社会史』(大月書店). 2021. 294-325
  • 加藤祐介. 明治中・後期の皇室財政-制度と実態. 史学雑誌. 2021. 130. 4. 64-92
  • 加藤祐介. 大正・昭和初期の皇室財政-実態に着目して. 成蹊大学文学部紀要. 2021. 56. 105-143
  • 加藤祐介. 皇室と国民-神楽村御料地争議(1920~1924年)再論. 民衆史研究. 2020. 99. 33-50
  • 加藤祐介. 皇室・旧藩主家・小田原町・地域住民-小田原城址地をめぐる所有と利用の関係史. 河西秀哉、瀬畑源、森暢平編『<地域>から見える天皇制』(吉田書店). 2019. 161-196
more...
MISC (9):
  • 書評と紹介 長谷川香著『近代天皇制と東京-儀礼空間からみた都市・建築史』. 日本歴史. 2021. 878. 101-103
  • 加藤祐介. 皇室財政の制度と動態-1888~1944年(大会報告要旨). 史学雑誌. 2020. 129. 1. 99-100
  • 加藤祐介. 史料・文献紹介 瀬畑源『公文書問題-日本の「闇」の核心』. 歴史学研究. 2019. 980. 47-47
  • 加藤祐介. 史料・文献紹介 永井和『西園寺公望』. 歴史学研究. 2018. 975. 63-63
  • 加藤祐介. 史料・文献紹介 神奈川地域資料保全ネットワーク編『地域と人びとを支える資料』. 歴史学研究. 2018. 974. 56-57
more...
Books (2):
  • 天皇はいかに受け継がれたか
    績文堂出版 2019
  • アジア・太平洋戦争辞典
    吉川弘文館 2015
Lectures and oral presentations  (6):
  • 昭和戦時期の皇室財政
    (政治経済学・経済史学会秋季学術大会 2020)
  • 皇室と「国民」-神楽村御料地争議(1920~1924年)再論
    (民衆史研究会大会シンポジウム 2019)
  • 皇室財政の制度と動態-1888~1944年
    (史学会大会シンポジウム(日本史部会、近現代) 2019)
  • 小田原城址地の近代史
    (小田原地方史研究会 2018)
  • 第一次世界大戦後の近代天皇制
    (メトロポリタン史学会大会 2018)
more...
Education (3):
  • 2012 - 2017 Hitotsubashi University
  • 2010 - 2012 Hitotsubashi University
  • 2006 - 2010 Hitotsubashi University
Professional career (1):
  • 博士(社会学) (一橋大学)
Work history (7):
  • 2021/04 - 現在 Hokkai-Gakuen University
  • 2020/04 - 2021/03 Gakushuin University Faculty of Letters
  • 2019/04 - 2021/03 Seikei University Faculty of Humanities
  • 2019/04 - 2020/03 Ferris University Faculty of Global and Inter-Cultural Studies
  • 2018/10 - 2019/03 Ashikaga University Liberal Arts Education Center
Show all
Committee career (2):
  • 2018/06 - 2019/05 歴史学研究会 編集幹事
  • 2017/06 - 2019/05 歴史学研究会 委員
Association Membership(s) (4):
日本史研究会 ,  歴史学研究会 ,  史学会 ,  政治経済学・経済史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page