Rchr
J-GLOBAL ID:201701017576088958   Update date: Apr. 06, 2021

Katoh Kazuhiro

カトウ カズヒロ | Katoh Kazuhiro
Affiliation and department:
Research field  (1): Landscape science
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2019 都市の大規模樹林地は核となる生息場所となり得るのか
  • 2016 - 2018 異なる時代や地域の標本とシミュレーションを複合させた国際河川環境教育
  • 2014 - 2016 都市緑地内のバードサンクチュアリは鳥類の生息場所として寄与するか
  • 2013 - 2015 異なる時代や地域の資料とシミュレーションを複合させた国際河川環境教育
Papers (125):
more...
MISC (22):
  • 小木曽裕, 高山範理, 富所弘充, 加藤和弘, 杉村乾. 特集総括 まちづくりにおける大都市の空地の実態と活用 : 快適な都市を目指す空地の計画・設計とマネジメント (特集 まちづくりにおける大都市の空地の実態と活用 : 快適な都市を目指す空地の計画・設計とマネジメント). 環境情報科学. 2019. 48. 2. 65-70
  • 竹本 和彦, 鎌形 浩史, 大塚 直, 加藤 和弘, 村上 暁信. 座談会 持続可能な社会づくりに向けた環境政策と環境研究の連携. 環境情報科学 = Environmental information science. 2018. 47. 1. 57-68
  • 加藤 和弘, 樋口広芳. 2000年噴火が及ぼした影響とその後の回復 - 鳥類. 野鳥. 2015. 80(6)(2015年7月号) 14-15
  • 岸茂樹, 加藤 和弘. 三宅島におけるオオバエゴノキの種子の昆虫による食害率. Miyakensis. 2012. 15,25-30
  • 岸茂樹, 加藤 和弘. 三宅島におけるスダジイ堅果の地域間変異. Miyakensis. 2012. 15,15-24
more...
Books (17):
  • 現代生物科学 - 生物多様性の理解 -
    放送大学教育振興会 2014
  • 生物学事典
    岩波書店 2013
  • 鳥の自然史-空間分布をめぐって
    北海道大学出版会 2009 ISBN:4832981919
  • 野生生物保護の事典
    朝倉書店 2009
  • 三宅島の自然ガイド
    文一総合出版 2007
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • GPS Data Loggerを用いたカラスの行動追跡(日本家畜管理学会・応用動物行動学会合同2012年度春季研究発表会)
    (日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 2012)
  • What factors control bird communities in larch plantation forests?:Comparison of importance among stand structure, landscape structure, and spatial structure
    (The Japanese Forest Society Congress 2006)
  • Requirement of more reliable 'gap signal' by the seeds' memory of having been under leaf canopy in past times
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 2005)
  • Nest site comparison of three shore birds in middle reaches of the Chikuma River
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 2005)
  • Species composition of soil seed banks in floodplain sediment
    (Abstracts of the Annual Meeting of the Ecological Society of Japan 2005)
more...
Committee career (5):
  • 2017 - 現在 千代田区 ちよだ生物多様性大賞選定委員会副座長
  • 2014 - 現在 千代田区生物多様性推進会議 副座長
  • 2013 - 現在 一般社団法人 環境情報科学センター 理事
  • 2015 - 2016 日本環境アセスメント協会 平成27年度環境影響評価法に基づく報告書の在り方に関する検討会
  • 2014 - 2015 日本緑化工学会 理事
Awards (3):
  • 2011/11 - e-Learning Awards フォーラム 第8回日本e-Learning大賞 審査委員特別賞 珪藻を通じて河川環境を学ぶ、多言語の教育・コミュニケーションe-Learning
  • 2006/05 - 社団法人環境情報科学センター 学術論文賞 生物群集の種組成に基づく生態環境評価手法の検討とその応用に関する研究
  • 1998/05 - 社団法人日本造園学会 研究奨励賞 多変量解析による生物相の分析と環境計画への応用に関する研究
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page