Rchr
J-GLOBAL ID:201701018411726255   Update date: Aug. 30, 2020

Dominique Chen

Dominique Chen
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://ephemere.io
Research field  (7): Aesthetic practices ,  Design ,  Web and service informatics ,  Sensitivity (kansei) informatics ,  Human interfaces and interactions ,  Cognitive sciences ,  Software
Research keywords  (9): 芸術 ,  情報学 ,  情報アーキテクチャ ,  情報デザイン ,  neo-cybernetics ,  Web Informatics ,  artificial life ,  positive computing ,  wellbeing
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • Development and Dissemination of Information Technology Guidelines for Promoting Japanese-style Wellbeing
Papers (70):
  • Dominique Chen, Hiraku Ogura, Young Ah Seong. NukaBot: Research and Design of a Human-Microbe Interaction Model. The 2019 Conference on Artificial Life 2019 NO. 31, 48-49. 2019. 31. 48-49
  • Chen Dominique. Collectiveness and Autonomy: Toward a Inter-Subjective Model of Well-Being. Servisology. 2019. 5. 4. 4-8
  • 芦名定道, ドミニク・チェン. 対談 科学技術は良い生活にいかに貢献するか. 現代宗教2019. 2019. 7-44
  • チェン ドミニク, 若林恵. コンヴィヴィアリティを促す「共話」の力. 現代思想. 2018. 2018年. 11月
  • チェン ドミニク. 行政におけるウェルビーイングの設計(No.2): 痛みの可視化. 行政&情報システム. 2018. 54. 5. 72-77
more...
MISC (185):
  • チェン ドミニク. myぬか床生活のススメ。. anan. 2019. 66
  • チェン ドミニク. 5人の選者による いま見られるアート10作品. YAHOO!JAPAN. 2019
  • チェン ドミニク. 【ドミニク・チェン】どうして日本人は「制服的」にスーツをきてしまうのか?. 2019
  • チェン ドミニク. #10分遺言 :人々の「最後の言葉」を収集するアートプロジェクト. WIRED. 2019
  • チェン ドミニク. 喚起すること・2 ふたつのevoke. ちくま. 2019. No.574. 2019年1月号
more...
Books (27):
  • 【新版】UI GRAPHICS 成功事例と思想から学ぶ、これからのインターフェイスデザインとUX
    ビー・エヌ・エヌ新社 2018 ISBN:4802511051
  • 作って動かすALife -実装を通した人工生命モデル理論入門
    オライリージャパン 2018 ISBN:4873118476
  • 人工知能革命の真実 シンギュラリティの世界 (WAC BUNKO 271)
    ワック 2018 ISBN:4898317715
  • 謎床: 思考が発酵する編集術
    晶文社 2017 ISBN:4794969651
  • ウェルビーイングの設計論 : 人がよりよく生きるための情報技術
    ビー・エヌ・エヌ新社 2017 ISBN:9784802510400
more...
Lectures and oral presentations  (64):
  • "【EXT】ドミニク・チェン(dividual inc.) レクチャーパフォーマンス『新作・タイトル未定』"
    (2019)
  • 【トークイベント】ドミニク・チェン×細馬宏通×緒方壽人×渡邊淳司×塚田有那×伊藤亜紗 『情報環世界』発売記念連続トーク1 ~環世界をうつすとは?
    (2019)
  • 『すごい論語』(ミシマ社) 刊行記念 「すごい×すごい×すごい×論語」 安田登 × いとうせいこう× 釈徹宗 × ドミニク・チェン トークイベント
    (2019)
  • ドミニク・チェンと夜の企画会議「情報が社会を発酵させる」ってどういうこと?
    (2019)
  • 未来を思い出すために ~この世界はどのように変わっているのか?テクノロジーの身体性~
    (齋藤アカデミー一般公開講座 2019)
more...
Works (4):
  • LastWords / TypeTrace
    dividual inc, Takumi Endo, Dominique Che 2019 - 2019
  • Nukabot
    Dominique Chen, Hiraku Ogura, Kiichi Moriya, Young Ah Seong 2019 - 2019
  • ナシーム・スレイマンプール × ブッシュシアター 『NASSIM』(ナシーム)
    ナシーム・スレイマンプール, ドミニク・チェン 2018 -
  • 「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」テキスト執筆
    ドミニク・チェン 2018 - 2018
Education (3):
  • 2006 - 2013 University of Tokyo Ph.d. (Emerging design and informatics course)
  • 2004 - 2006 University of Tokyo Master course (Emerging design and informatics course)
  • 1999 - 2003 University of California in Los Angeles Department of Media Arts
Professional career (1):
  • Ph.d. (University of Tokyo)
Work history (6):
  • 2018/09 - 現在 Public Interest Foundation Well-being for Planet Earth Director
  • 2017/04 - 現在 Waseda University School of Culture, Media and Society Associate Professor
  • 2012/04 - 現在 Center for Global Communication, International University of Japan Fellow
  • 2007/07 - 現在 NPO Commonsphere Director
  • 2008/04 - 2018/01 Dividual inc. Co-Founder
Show all
Committee career (6):
  • 2019/09 - 現在 公益財団法人上廣倫理財団 AIロボット倫理研究会プロジェクト委員
  • 2018/02 - 2018/09 Ars Electronica International Advisory Board, Digital Communities category
  • 2016/09 - 2017/05 経済産業省 「今後の日本」に関する検討委員会
  • 2014/01 - 2014/05 総務省情報通信政策研究所 「ファブ社会」の展望に関する検討会
  • 2008/01 - 2008/01 一般財団法人デジタルコンテンツ協会 日本コンテンツ産業のグローバル化に資する環境整備に関する調査研究
Show all
Awards (8):
  • 2016/12 - Apple Best of AppStore 2016 Syncle
  • 2015/12 - Apple Best of AppStore 2015 Picsee
  • 2013/03 - 東京大学大学院 学際情報学府長賞 博士論文:“インターネットにおけるコミュニティの活性化デザインに関する学際的研究”
  • 2013/02 - 第16回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門審査委員会推薦作品 Creative Commands Compilation Data
  • 2010/01 - 映像情報メディア学会 特別賞 「胡蝶の夢」--生態映像メディアを巡る創造性
Show all
Association Membership(s) (1):
THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page