Rchr
J-GLOBAL ID:201701018683933624   Update date: Dec. 25, 2020

Toshiyuki Okada

オカダ トシユキ | Toshiyuki Okada
Affiliation and department:
Job title: アドバイザー
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (5): 夜間中学 ,  いじめ ,  不登校 ,  生徒指導 ,  実地教育
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2020 - 2024 夜間中学における多様な生徒集団がもたらす教育効果の普遍化に向けた学際的研究
  • 2017 - 2020 夜間中学校の有用性と存在意義に関する学際的研究
MISC (6):
  • 「学び」と「居場所づくり」. 補導だより「みちびき」. 2020. 夏. 6-9
  • 岡田敏之, 佐々木進. いじめとその未然防止に向けた学校の環境づくり. 補導だより「みちびき」. 2018. 冬. 6-9
  • 岡田敏之, 関本保孝. 岡山市シニアスクール見学の報告. 基礎教育保障学研究. 2017. 創刊. 83-88
  • 岡田敏之, 小林文人. リレートーク「伝えたい! 夜間中学の良さを。」. 基礎教育保障学研究. 2017. 創刊. 93-99
  • 岡田敏之. 「元気の出る生徒指導」を関西から!!. 月刊生徒指導. 2017. 2017年9月. 74-75
more...
Books (3):
  • 教職教養講座
    協同出版 2018
  • 新しい教職教育講座
    ミネルヴァ書房 2018
  • 教育実習から教員採用・初任期までに知っておくべきこと
    教育出版 2016
Lectures and oral presentations  (37):
  • 岡山不登校生徒の状況と夜間中学校の必要性について
    (岡山に公立夜間中学校を!馳浩講演会&シンポジウム 2020)
  • 夜間中学に関する研究の視点から
    (徳島の学び直しを考える夜間中学シンポジウム 2019)
  • 教育機会確保法の施行状況に関する議論の取りまとめ
    (基礎教育保障学会第4回研究大会 自由研究発表 2019)
  • 人はなぜ学ぶのか~昼と夜の学びを結ぶ実践を通して見えてきたこと~
    (第18回 高知県南国市人権教育研究大会 2019)
  • 夜間中学の現状と設置に向けて
    (高知県公立中学校夜間学級設置に向けた学習会 2019)
more...
Education (1):
  • - 1982 Kansai University
Work history (13):
  • 2020/04 - 現在 同志社大学 教職課程指導相談室 アドバイザー
  • 2020/04 - 現在 京都市教育委員会 生徒指導課 専門主事
  • 2019/10 - 現在 世界人権問題研究センター 登録研究員
  • 2016/04/01 - 現在 Kyoto Kacho University
  • 2018/04 - 2020/03 KYOTO UNIVERSITY OF EDUCATION Center for Educational Career Enhancement Professor
Show all
Committee career (13):
  • 2020/07 - 現在 三重県夜間中学等の就学機会確保の在り方に関する検討会議 座長 座長
  • 2020/04 - 現在 日本生徒指導学会関西地区研究会 常任幹事
  • 2019/05/28 - 現在 京都市立洛友中学校運営協議会 委員
  • 2016/08/21 - 現在 基礎教育保障学会 副会長
  • 2016/07/27 - 現在 精華町いじめ防止対策推進委員会 委員
Show all
Awards (3):
  • 2012/11/08 - 京都市教育委員会 教育功労者表彰
  • 2002/12/20 - 京都市教育委員会 教育実践功績表彰
  • 2001/11/13 - 京都市教育委員会 教育推進者表彰
Association Membership(s) (2):
Japanese Society for the Study of Basic Education and Literacies ,  The Japanese Association for The Study of Guidance and Counseling
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page