Rchr
J-GLOBAL ID:201701018724710074   Update date: Sep. 28, 2021

Tamoto Shoichi

タモト ショウイチ | Tamoto Shoichi
Affiliation and department:
Job title: 講師
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (3): 学習評価 ,  ディベート ,  社会科教育
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2021 - 2024 小中連携による主権者教育カリキュラムの開発・実践
  • 2020 - 2021 コロナ禍による生活の変化と「時間」のあり方につ いて
  • 2018 - 2021 教科連携を前提とした住教育教材の開発と授業実践
  • 2017 - 2021 主権者育成を視点とした学校改革の推進-中高一貫カリキュラムの作成を通して-
  • 2020 - 2021 ポストコロナ時代における美祢地域のインバウンド観光:異文化間コミュニ ケーションを通した美祢観光の考察
Show all
Papers (21):
  • Possibility of learning based on legitimate peripheral participation theory : the case of junior high school social studies class. 2021. 51. 87-96
  • 田本 正一. 主体的な学びの実存論的検討-本来的自己への変容としての学び-. 学びの脱中心化-知的冒険としての学校教育研究-. 2021
  • Shoichi Tamoto. Practicing of social studies class that aimed at knot working:For reciprocal learning by the external cooperation. 2020. 30. 51-60
  • Design of social studies curriculum for the purpose of unified elementary through junior high school : consideration from situational theory. 2020. 50. 1-10
  • Critical consideration of "learning" of social studies in elementary school : based on legitimate peripheral participation theory. 2020. 50. 247-256
more...
MISC (10):
  • 田本正一. 第7分科会座長コメント. 社会認識教育学研究別冊. 2021. 46-47
  • 田本正一. 市民社会への参加としての学びを目指して. 社会科教育. 2020. 734. 120-123
  • 田本 正一. 人口減少社会に対応した社会科学習を求めて-「市民社会への参加」をキーワードとして-. 社会科・地図NEWS LETTER. 2018. 6. 6-7
  • 田本正一. 社会的な思考力・判断力・表現力を問う新テスト. 社会科教育. 2018. 713. 58-59
  • 田本 正一. 明治時代 社会科としての歴史学習 (特集 「歴史的な見方・考え方」を鍛える! 課題追究学習) -- (小学校 「歴史的な見方・考え方」を鍛える! 課題追究授業プラン). 社会科教育. 2017. 54. 7. 50-53
more...
Books (6):
  • 学びの脱中心化 : 知的冒険としての学校教育研究
    大学図書出版 2021 ISBN:9784909655462
  • 新版 テキストブック公民教育
    第一学習社 2019
  • 高校生のための主権者教育実践ハンドブック
    明治図書 2017
  • 社会系教科教育研究のアプローチ-授業実践のフロムとフォー-
    学事出版 2010
  • 教室が白熱する“身近な問題の法学習”15選-子どもの疑問と悩みに答える授業-
    明治図書 2009
more...
Lectures and oral presentations  (25):
  • 総合的な学習の時間におけるプログラミングを用いた福祉教育の授業実践-通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その5)-
    (2021年度日本建築学会大会(東海)学術講演会 2021)
  • 小学校社会科まちづくり学習におけるMinecraftを用いた授業開発(2) -通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その4)-
    (日本建築学会大会学術講演会 2020)
  • 小学校社会科まちづくり学習におけるMinecraftを用いた授業開発(1)-通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その3)-
    (日本建築学会大会学術講演会 2020)
  • 社会科教育における資質・能力の実存論的検討-AI時代における学びの可能性-
    (社会系教科教育学会第31回全国研究大会 2020)
  • 社会科における深い学びとしての実存的決断ー合理的意思決定の限界-
    (全国社会科教育学会第68回全国大会 2019)
more...
Education (2):
  • 2007 - 2009 Saga University
  • 1997 - 2001 Saga University
Professional career (1):
  • 博士(学校教育学) (兵庫教育大学)
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Yamaguchi University Faculty of Education
  • 2003/04 - 2017/03 佐賀県公立小学校
Committee career (2):
  • 2021/04 - 現在 山口大学教育学部やまぐち学園 学校運営協議会委員
  • 2018/10 - 現在 全国社会科教育学会 研究倫理等検討専門委員
Association Membership(s) (8):
教育哲学会 ,  NATIONAL ASSOCIATION FOR THE STUDY OF EDUCATIONAL METHODS ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR CURRICULUM STUDIES ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF EDUCATIONAL OBJECTIVES AND EVALUATION ,  EDUCATION IN THE SOCIAL STUDIES DEPARTMENT RESEARCH ASSOCIATION ,  日本公民教育学会 ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR THE SOCIAL STUDIES ,  JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION FOR THE SOCIAL STUDIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page