Rchr
J-GLOBAL ID:201701019297876582   Update date: Dec. 22, 2020

KATSUNORI TANANO

KATSUNORI TANANO
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (2):
  • 教育学研究科  教授
  • 教育学研究科  教授
Research field  (1): Education - general
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2021 特別支援学校の防災対策における合理的配慮と基礎的環境整備に関する調査研究
  • 2017 - 2021 教育政策遂行過程における校長会の役割・機能-戦前の校長会記録の分析を通して-
  • 2016 - 2020 日本型教育システムの有効性に関する研究:新たな学校像における教育の専門性
Papers (18):
  • 棚野勝文, 山下啓子. 学校とスクールソーシャルワーカーとの連携・協働体制構築に関する実践事例. 岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究・教師教育研究. 2020. 22. 155-163
  • LIN Yung-chin, TANANO katsunori. A Case Study on School Governance in Primary and Secondary Schools in Taiwan - Trial Construction of School Governance Model -. 2020. 68. 2. 173-182
  • 棚野勝文. 戦前における全国中学校長会議の成立と機能 -第一回全国尋常中学校長会議の分析を通してー. 岐阜大学教育学部研究報告 人文科学. 2019. 67. 2. 159-168
  • 五味仁志, 棚野勝文. 高等学校総合学科におけるカリキュラムマネジメントの一事例 -大学進学希望者の比率の高い総合学科における「課題研究」を中心にー. 岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究・教師教育研究. 2019. 21. 119-128
  • 棚野勝文, 原尚, 足立慎一, 竹市安彦. 教職大学院における「シャドーイング・メンタリング実習」モデル開発. 岐阜大学教職大学院紀要. 2019. 2. 45-52
more...
MISC (5):
  • 棚野勝文. 教職員の育成を図るための評価制度の活用. 中学校. 2020. 798. 12-15
  • 棚野勝文. 学校管理職育成プログラムの開発と運用. Synapse. 2019. 68. 17-21
  • Preliminary investigation on measures against natural disasters at special support schools. 2017. 24. 81-87
  • 棚野勝文. 学校改善と学校組織におけるコミュニケーションII-職員会議に求められる機能-. Synapse. 2016. 48. 44-47
  • 棚野勝文. 学校改善と学校組織におけるコミュニケーションI-学校組織の成層化と協働化-. Synapse. 2015. 47. 24-27
Books (3):
  • 学校管理職養成講座-スクールリーダー育成のための12講-
    ミネルヴァ書房 2018
  • 世界の学校管理職養成-校長を養成する方法-
    ジダイ社 2017
  • 学校管理職養成講習テキスト
    岐阜大学教職大学院 2016
Lectures and oral presentations  (26):
  • 学校組織の活性化とミドルリーダーの役割
    (鳥取県教育センター ミドルリーダーステップアップ研修 2020)
  • 戦前の中学校長会機能に関する分析 -大阪府校長会記録を通して-
    (日本教育行政学会 第55回大会 2020)
  • 信頼される学校づくりと教頭の役割 -コロナ禍における危機対応より-
    (名古屋市教育センター 2年目教頭研修会 2020)
  • 学校評価
    (岐阜県教育委員会 スクールリーダー養成研修(学校管理職養成研修) 2020)
  • 中堅教員としてのリーダーシップとコーチング
    (名古屋市教育委員会 ミドルリーダー研修 2020)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2014 Hyogo University of Teacher Education
  • 2007 - 2009 Hyogo University of Teacher Education
  • 1982 - 1986 Doshisha University
Professional career (2):
  • 博士(学校教育学) (兵庫教育大学)
  • 修士(教育実践学) (兵庫教育大学)
Work history (5):
  • 2017/05 - 現在 Hyogo University of Teacher Education Graduate School of Education
  • 2016/04 - 現在 Gifu University Graduate School of Education
  • 2013/04 - 2016/03 兵庫県立高等学校 教頭
  • 2009/04 - 2013/03 兵庫県立高等学校 主幹教諭
  • 1989/04 - 2009/03 兵庫県立高等学校 教諭
Committee career (5):
  • 2019/08 - 現在 日本学校教育学会 研究推進委員
  • 2018/06 - 現在 日本教育経営学会 実践推進委員
  • 2018/06 - 現在 日本教職大学院協会 教育委員会等連携委員
  • 2016/06 - 現在 兵庫県立阪神昆陽高等学校 学校評議員
  • 2015/06 - 2018/06 日本教育経営学会 研究推進委員
Awards (1):
  • 2014/06/07 - 日本教育経営学会 研究奨励賞 昭和戦時体制期の中学校における職員会議の機能と実態 -旧制中学校職員会議の事例研究を通して-
Association Membership(s) (6):
THE JAPAN SOCIETY FOR HISTORICAL STUDIES OF EDUCATION ,  The Kansai Society for Educational Administration ,  THE JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL SYSTEM AND ORGANIZATION ,  THE JAPAN EDUCATIONAL ADMINISTRATION SOCIETY ,  THE JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF EDUCATIONAL ADMINISTRATION ,  日本学校教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page