Rchr
J-GLOBAL ID:201701019304932205   Update date: May. 23, 2022

Noguchi Takuro

ノグチ タクロウ | Noguchi Takuro
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.iclab.jp
Research field  (1): Electronic devices and equipment
Research keywords  (5): 人工知能 ,  起業家教育 ,  産学連携 ,  集積回路 ,  電子回路
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2022 - 2026 AIと多点型膀胱内尿量計測回路を組み合わせた尿失禁予防システムの開発と評価
  • 2021 - 2022 AIとeスポーツを組み合わせた研究成果のアウトリーチ活動
  • 2019 - 2022 在宅医療および予防医療に用いる生体インピーダンス法による生体計測の確立とその応用
  • 2018 - 2022 Creation of a pedagogical course for understanding the basics of IoT-Oriented Edge Computing Focusing on the Analog Front End
  • 2020 - 2021 動画ポータルと遠隔会議システムを活用した自治体・地場企業 との連携に関する調査・研究
Show all
Papers (27):
  • 石川洋平, 野口卓朗, 宮本英揮, 徳本家康. ArduinoとXBeeを用いた土壌水分・塩分センサネットワークの開発 --- 宮城県津波被災農地における土壌水分・塩分の計測事例 ---. 土壌の物理性. 2022. 149. 55-61
  • Ryoma Matsuno, Akio Shimizu, Noguchi Takuro, Isikawa Yohei, Yositomi Takashi. Agar model for bioimpedance measurement. International Symposium on Innovative Engineering (ISIE2021). 2021
  • Yuki Nishimura, Akio Shimizu, Takuro Noguchi, Yohei Ishikawa, Sumio Fukai. A 10-bit Current-Steering DAC for Urinary Bladder Volume Measurement. 2021 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS). 2021
  • Takuro Noguchi, Yasutomo Hashizume, Hideaki Moriyama, Lovic Gauthier, Yohei Ishikawa, Tetsuya Matsuno and Akira Suganuma. Introduction to the "Enhanced STEM Education at KOSEN" in NIT, Ariake College. Journal of Tropical Resources and Sustainable Science Special Issue. 2019. 7. 1. 9-12
  • Yohei Ishikawa, Iori Morishita, Kosei Kunizaki, Kazuki Kondo, Yuki Oshio, Takayuki Horita, Takuro Noguchi, Akio Shimizu and Sumio Fukai. Addition of Data Logging System to Wireless Sensor Network using Arduino - STEM education in KOSEN -. Journal of Tropical Resources and Sustainable Science Special Issue. 2019. 7. 1. 1-4
more...
MISC (120):
  • 木村倫華, 野口卓朗, 石川洋平, 深井澄夫, 清水暁生. アナログ LSI設計教育のための ADCの検討. 令和3年度(第12回)電気学会九州支部高専研究講演会. 2022. 31-32
  • 麻生大聖, 野口卓朗, 石川洋平, 深井澄夫, 清水暁生. 膀胱内尿量計測に用いる電流源の評価環境構築. 令和3年度(第12回)電気学会九州支部高専研究講演会. 2022. 33-34
  • 麻生大聖, 野口卓朗, 清水暁生, 石川洋平, 深井澄夫. 膀胱インピーダンス計測に用いる8-bit電流源の検討. 2021年度(第74回) 電気・情報関係学会九州支部連合大会. 2021. 05-2P-01
  • 若木田康輝, 野口卓朗, 清水暁生, 石川洋平, 深井澄夫. 膀胱内尿量計測に用いる多点位相差計測回路に関する検討. 2021年度(第74回) 電気・情報関係学会九州支部連合大会. 2021. 05-2P-02
  • 松野龍馬, 吉富貴司, 野口卓朗, 清水暁生, 石川洋平, 深井澄夫. 生体インピーダンス計測に用いる寒天モデル. 2021年度(第74回) 電気・情報関係学会九州支部連合大会. 2021. 07-1A-03
more...
Books (3):
  • CADが一番わかる (しくみ図解)
    技術評論社 2021 ISBN:9784297121549
  • 図解入門 よ~くわかる最新電子回路の基本としくみ [第2版]
    秀和システム 2021 ISBN:9784798064369
  • 図解入門 現場で役立つ 電源回路の基本と仕組み[第2版]
    秀和システム 2020 ISBN:9784798062983
Lectures and oral presentations  (6):
  • 動画ポータルと遠隔会議システムを活用した産学官連携
    (第18回おおむた産学官連環交流会 2021)
  • 「人工知能」ってなんだろう?~実際にAIを見て学ぼう~
    (大牟田市市民大学講座 2018)
  • AI共存時代に求められる人材
    (IT技術等活用による事業拡大のノウハウを習得するセミナー 2018)
  • 人工知能ビジネスの流れと寄附講座
    (平成30年度合同研修会基調講演 2018)
  • 自治体・地場企業と連携した地域ブランディング支援に関する調査・研究
    (平成29年度地場産業振興支援研究報告会 2018)
more...
Education (4):
  • 2014 - 2017 Saga University
  • 2012 - 2014 Saga University
  • 2010 - 2012 Ariake National College of Technology
  • 2005 - 2010 Ariake National College of Technology
Professional career (1):
  • 博士(工学) (佐賀大学)
Work history (5):
  • 2022/04 - 現在 Ariake National College of Technology Department of Creative Engineering(InformationSystems)
  • 2013/04 - 現在 NPO法人佐賀大学スーパーネット 理事
  • 2019/04 - 2022/03 Ariake National College of Technology
  • 2017/04 - 2019/03 Ariake National College of Technology
  • 2014/03 - 2017/03 株式会社ASKプロジェクト 副社長
Committee career (7):
  • 2020/04 - 現在 応用科学学会 演算増幅器設計コンテスト運営委員会 実行委員(チップ評価)
  • 2021/05 - 2022/03 ICAEME 2021 International Steering Committee
  • 2020/04 - 2022/03 国立高等専門学校機構 制御技術教育メンバー
  • 2020/06 - 2021/03 ICSTE 2020 International Steering Committee
  • 2019/05 - 2020/03 ICAEME 2019 International Steering Committee
Show all
Awards (17):
  • 2021/03 - 令和2年度起業家甲子園 協賛企業特別賞(6社)(指導教員)
  • 2020/12 - 第20回九州・大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテスト NICT賞(指導教員)
  • 2020/03 - 第5回PLC制御コンテスト 特別賞(企業賞)(指導教員)
  • 2019/09 - 電気学会 基礎・材料・共通部門 平成30年優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門表彰)
  • 2018/09 - 電気学会 電子・情報・システム部門 平成29年 電子・情報・システム部門 研究会奨励賞
Show all
Association Membership(s) (5):
THE JAPAN SOCIETY OF TECHNOLOGY EDUCATION ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE ,  Japan Society for Intellectual Production ,  IEEE ,  THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page